.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. クラウド
  4. 【Azure Functionsの使い方】Azure上で簡単な関数を作成・実行する方法

【Azure Functionsの使い方】Azure上で簡単な関数を作成・実行する方法

  • クラウド
公開日時:   更新日時:
【Azure Functionsの使い方】Azure上で簡単な関数を作成・実行する方法
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

    オンプレミスの環境なしでプログラムを実行できるAzure Functions。この記事では、Azure Functionsの基本的な使い方を紹介していきます。導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

    システム
    エンジニア
    Azure Functionsって、マイクロソフトが提供するサーバーレスコンピューティングのことですよね。
    プロジェクト
    リーダー
    そうです!Azure Functionsを使えば、サーバーなどの環境構築をしなくても関数を実行することができます。

    では、さっそくAzure Functionsを使っていきましょう。

    Azure Functionsの使い方|プロジェクトを発行してみよう

    まずは、「プロジェクトの発行」を行います。発行というと難しく聞こえますが、要は「プロジェクトをつくる」ことです。以下で手順をお伝えします。
    ※あらかじめAzure Functionsの無料アカウントを作成しておいてください。

    手順|Azure Functionsでプロジェクトを発行する

      1. Azureのアカウントにログインする
      2. (サインインページ)https://portal.azure.com

      3. Azure Portal左上にある「リソースの作成」を選択する
      4. 「Compute」→「Function App(又は関数アプリ)」の順に選択する
      5. ここでFunction Appの設定画面が表示されます。

      6. 設定画面が表示されたら、アプリ名、サブスクリプション、リソースグループ、ホスティングプラン、場所などの項目を入力する
      7. 「作成」ボタンをクリックする

    これでプロジェクトの発行は完了です。
    ポチポチっとボタンを選択するだけで、あっという間にプロジェクトを作成できました。

    Azure Functionsの使い方|関数を実行してみよう

    では次に、作成したプロジェクト上で関数の作成から実行までを行っていきましょう。
    ここでは、HTTPによってトリガーされる関数を作成していきます。下記の手順に従ってください。

    手順|Azure Functionsで関数の作成から実行まで

    関数の作成

      1. プロジェクトが発行できたら、「リソースに移動」を選択する
      2. 「関数」横にある「+」を選択する
      3. 「Azure Functions – 作業の開始」という画面が表示されます。

      4. 「ポータル内」→「続行」の順に選択する
      5. 開発環境で「webhook+API」を選択し「作成」をクリックする

    関数の実行

      1. 関数の作成ができたら、「</>関数のURLの取得」を選択する
      2. URLが記載されたポップアップが表示されます。

      3. 表示されたURLをコピーする
      4. ChromeなどのブラウザにコピーしたURLを貼り付ける
      5. ※URLの末尾にクエリ文字列(&name=<任意の名前>)を追加することを忘れないでください。

      6. 「Enter」をクリックすると、ブラウザ上に作成した関数の結果が表示される

    ※関数が実行されたらログに情報が出力されます。画面下部にある「ログ」から確認できます。

    システム
    エンジニア
    あっという間に関数を実行できましたね!
    プロジェクト
    リーダー
    そうですね。サーバーレスコンピューティングの醍醐味は、エンジニアが本来やるべき開発(プログラミング)に集中できることなんですよ。

    Azure Functionsを使えば簡単にプログラムが実行できる

    この記事では、Azure Functionsの使い方を紹介していきました。手順を見ていただいたとおり、Azure Functionsを使えば、関数の作成や実行がとても簡単にできます。
    サーバーの構築などインフラ周りの整備も必要なくなりますので、本来の開発業務に専念したい方はぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    Azure新着案件New Job