.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. データベース
  4. SQL Server
  5. SQL Server 2017と2016の概要と違い

SQL Server 2017と2016の概要と違い

  • SQL Server
  • データベース
公開日時:   更新日時:
SQL Server 2017と2016の概要と違い
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    SQL Serverは、2008の初リリースから約10年が経過しました。
    SQL Server 2008R2、2012、2014、2016、2017と過去5回のバージョンアップを経て機能が次々に追加されています。
    そんなSQL Server 2017について紹介します。

    システム
    エンジニア
    やっぱりSQL Server 2017って機能が拡張されて、ユーザーにとって使いやすいデータベースになっているのでしょうか?
    プロジェクト
    マネージャー
    SQL Server 2017で追加・更新された機能は、独自にマイクロソフト社が発案したというよりも、ユーザーの要望があったものが実装されました。だからこそ、ユーザー視点に立った、より使いやすいデータベースになったといえますね。

    SQL Server 2017と2016の特徴や概要

    SQL Server 2017と2016ともに4つのエディションが準備されており、有料版と無料版が利用できます。
    無料版でも小規模システムであれば、開発・運用できますので、無料版を利用するユーザーも多いのではないでしょうか。2016から2017へのバージョンアップも簡単に行えます。
    しかし、両バージョンともWindows7や32ビットOSの環境では、インストールできないので注意が必要です。

    また、オンプレミスやクラウド関係なく利用できるので、マイクロソフトのクラウド環境であるAzureでもSQL Serverはこれからニーズが増えると考えられます。

    SQL Server 2017と2016の違いなど

    SQL Server 2017と2016の違いで一番に挙がるのが、LinuxやLinuxベースのDockerでも動作可能になったことではないでしょうか。
    OSにLinuxを使用する企業も増えてきてるので、今までSQL Serverに関心を示してこなかったLinuxユーザーにも、ひとつの選択肢としてデータベースを提供できるようになったのは、大きな転換期に入ったといえます。

    また、機械学習をデータベースに取り込んでいることも特徴です。
    R言語に加えてPythonも使用できるようになりました。機械学習の機能はまだWindowsのみの機能ですが、次第にLinux環境でも実装される見込みです。

    システム
    エンジニア
    SQL Server 2017ってセキュリティ面では安全なのでしょうか?
    プロジェクト
    マネージャー
    TPC-Hのベンチマークで第1位を記録するなど、セキュリティ面でも安全性を誇っているといえますね。実際にSQL Serverはセキュリティインシデントの数が、主要データベースに比べて、過去7年間で一番少なかったようですね。

    早めにSQL Server 2017の操作に慣れておきましょう

    SQL Serverは2017も2016も大きく機能に差があるわけではありません。
    2016もサポート期間はまだまだあるため、2016を継続利用している企業も多いです。
    しかし、2017からLinuxでも利用できるようになった点を考慮すると、やはりこれからSQL Server 2017のニーズが増えていくことが予想されるでしょう。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    SQLServer 新着案件New Job