.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. データベース
  4. SQL Server
  5. 【SQL Server入門その1】SQL Server Management Studio(SSMS)を導入する方法

【SQL Server入門その1】SQL Server Management Studio(SSMS)を導入する方法

  • SQL Server
  • データベース
公開日時:   更新日時:
【SQL Server入門その1】SQL Server Management Studio(SSMS)を導入する方法
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    ここでは「SQL Serverを使うのが初めて」という人向けに、使い方を紹介していきます。
    最初はデータを見るためのツール「SQL Server Management Studio」(通常、SSMSと略されます)がテーマです。これを導入することで、データ管理がスムーズに行えます。

    システム
    エンジニア
    データ管理をするときに、SQL Serverにも挑戦してみようかなって思ってます。
    プロジェクト
    マネージャー
    SQL Serverでデータの管理をする場合、SQL Server Management Studioを使うと分かりやすいですよ!使い方を一緒に確認しましょう。

    SQL Server Management Studioでできること

    SQL Server Management Studio(以下、SSMSと表記)は、SQL Serverを利用してデータベースを構築する場合に、テーブルの作成や変更、データの登録や更新など、データベースに関する処理を管理するためのツールです。SSMSを使うことで、データベース管理が容易になります。

    様々な機能が備わっており、利用すると以下のことができます

    • ・テーブルの作成
    • ・テーブルの変更
    • ・テーブルの削除
    • ・データの登録
    • ・データの読み込み(参照)
    • ・データの更新
    • ・データの削除
    • ・データベースのバックアップ
    • ・データベースの復元

    また、ローカルのSQL Serverだけでなく、外部サーバー上のSQL Serverにも接続でき、上記の機能が同じように利用可能です。
    そして、SQL ServerだけでなくAzure SQL Databaseなど、クラウド上のデータベースに対して利用することも可能となります。
    このように、SSMS1つを導入するだけでデータベースに関する作業は一通りできて便利ですが、SSMSはWindows・Windows Server限定で使えるという制約があるため注意が必要です。

    SSMSの導入方法

    まずは、SSMSをダウンロードしていきます。2019年10月現在、最新のバージョンは18.3.1です。

    以下のOSで利用可能です。

    • ・Windows 10 (64 ビット)
    • ・Windows 8.1 (64 ビット)
    • ・Windows Server 2019 (64 ビット)
    • ・Windows Server 2016 (64 ビット)
    • ・Windows Server 2012 R2 (64 ビット)
    • ・Windows Server 2012 (64 ビット)
    • ・Windows Server 2008 R2 (64 ビット)

    以下のURLからダウンロード可能です。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-2017

    ツールのサイズが大きいので、ダウンロードにはしばらく時間が掛かります。
    ダウンロードできたら、ダウンロードしたEXEファイルを実行して、インストールを進めていきます。そして、インストールが完了したらアプリを起動します。
    以下の画面が表示されれば導入完了です。

    SSMS導入完了

    上記の画面が表示されれば、データベースに接続する準備が完了となり、使い始めることができます。

    システム
    エンジニア
    SSMSが導入でき、何ができるのかもよく分かりました!
    プロジェクト
    マネージャー
    SSMSがあればデータベース関連の作業は一通りできるので、どんどん使っていきましょう。

    SSMSは様々なことができる便利なツール

    今回はSSMSを導入しました。これ1つあれば、データベースに関する作業は一通り実行でき、データの管理が行えます。大変便利なツールなので、ぜひ使ってみてください。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    SQLServer新着案件New Job