.net column

.NET開発者のためのブログメディア
Web面接

エンジニアの転職に使えるWeb面接のマナー。服装はどうするべき?

2020年09月15日

感染症対策や遠隔地からの応募者にも対応できるように増えつつあるWeb面接。企業側も応募者側もコストがかからないというメリットがある反面、応募者からするとネット回線やパソコン、部屋の整理整頓など至る所に気を使わなければいけません。通常の面接とWeb面接の違いや注意点、服装などについて確認してみましょう。

PG
今となっては一般的となりつつもあるWeb面接ですが、慣れていない学生や就活生からすると不安も大きいですよね。インターネットを介した面接を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか。
PM
最低限のルールは通常時の面接と変わらないですが、Web面接では回線の関係でタイムラグが発生するなど、思わぬトラブルが発生する可能性があります。服装や髪型などは通常時の面接の時よりも気を付けておきたいですね。

Web面接のマナーを解説。通常の面接との違いは?

Web面接を採用する企業の多くは、遠隔地にいる就活生に向けてWeb面接を活用したいという思いがあります。企業側のメリットとして交通費や開催会場のコストを削減できること、そして面接を受ける側のメリットは、長い時間をかけて企業に訪問しなくて良いことが挙げられます。

近年では感染症対策として、Web面接を活用する企業が増えてきています。かつてはあまり普及していませんでしたが、最近ではパソコンとネット回線、そして面接で使えるような会議ツールが普及しているためWeb面接に対する抵抗も少ないのではないでしょうか。

Web面接時に気を付けたい注意点

Web面接のマナー

Web面接時に気を付けておきたい、いくつかの注意点があります。

・ネット回線の安定性
近年のWi-Fiは通信回線の不安定さは軽減されていますが、通信回線が悪く、面接がスムーズに進まないのはお互いにストレスです。回線に不安がる方には有線LANもおすすめです。

・バッテリーの残量
スマートフォンでも対応可能なWeb面接ですが、通常の面接時には気にすることがないデバイスのバッテリー残量の確認をしましょう。また、スマートフォンの場合は、手持ちで対応するのではなくスタンドを使用して固定するなどの工夫が必要です。

・面接時に使用するツールの動作確認
SkypeやZoomなど、企業ごとに使用する会議ツールは異なりますが、初めて使用する場合は音声確認やカメラ動作確認をしておきましょう。

・スマートフォンなどの通知音
パソコンで面接を行う場合も、スマートフォンで行う場合も、気を付けたいのが通知音です。必ず面接時には通知音をオフにしておきましょう。

・面接10分前にはログイン
通常の面接時に到着する時間と同じように、Web面接では10分前にログインしておきましょう。

・できるだけ静かな環境
面接がスムーズに進まないことはお互いストレスです。また、印象が悪くなってしまう可能性もあるのでできるだけ静かな環境を心掛けましょう。

Web面接では服装はどうするべき?

Web面接の服装

企業から指定されることの多い服装ですが、何も指定がない場合は、基本的に上下共にスーツが望ましいでしょう。時々、自宅にいるという安心感から下は短パンやパジャマなど楽な格好をして面接を受けている方もいるそうです。
しかし、何かイレギュラーなことがあった場合にボトムスの状態が映ってしまい、面接が台無しになるのはとても残念です。

男性の場合は、ネクタイもしっかりつけて面接を受けましょう。
また、「私服OK」や「私服可」の場合はスーツか私服です。ここでいう私服はオフィスカジュアルのことを指しますので、勘違いして普段着を着用することがないようにしましょう。「私服推奨」や「私服で受けてください」の場合は、私服を着て受けましょう。

Web面接に適したスーツの着こなし

中途採用面接の場合も、リクルートスーツと同様に、できる限り黒系のスーツを着用しましょう。Web面接においても面接官の立場からすると黒系以外のスーツはあまり良い印象を受けません。黒い服を着用することにより引き締まった印象を与えるため印象アップにもつながります。

Yシャツは、黒系のスーツに合わせて白いものを選びましょう。通常の面接時と同様にWeb面接でもストライプや柄の入ったシャツは好ましくありません。
男性の場合、ネクタイは落ち着いた色合いでシンプルなものを選びましょう。

PG
やはり、通常時の面接よりも気を付けなければいけない点は多いですね。ですが、交通費や時間のことを考えるとまだメリットの方が大きいかもしれません。
PM
これからはビジネスシーンにおいてもテレワークの導入が増え続け、面接においてもWeb面接を採用する企業が増えるかもしれません。Webツールの使い方やマナーは理解しておきましょう!

面接の基本を忘れずにWeb面接に挑む

Web面接になった途端、気が緩んでしまう就活生も少なくはないでしょう。しかし、基本的なことは通常時の面接と変わりません。むしろ、気を付けなければいけないことが多くなるので注意点を入念に確認して万全な状態でWeb面接に挑みましょう。

>>>エンジニアの転職ならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)