.net column

.NET開発者のためのブログメディア

【VB.NET入門】DataGridViewの使い方まとめ

2019年12月22日

「VB.NETのDataGridViewっていつ使うんだろう……」
「DataGridViewの具体的な使い方や応用テクニックを知りたいな……」

と思っていませんか?

VB.NETで画面を作るときに便利なのが、DataGridViewです。ただ、「どんなタイミングで使うのが便利なのか?」「具体的にどうやって使えばいいのか?」といった疑問が拭えない人も多いです。

そこで今回は、画像付きでVB.NETのDataGridViewの使い方を解説します!

すぐに使えるよう「DataGridViewのデータ操作」についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SE
VB.NETのDataGridViewって便利そうだけど、難しくないかな?
PM
難しく感じるのは最初だけ。使い方をわかりやすく解説していくね!

※この記事は、Visual Basicの16.0で動作確認しました。

VB.NETのDataGridViewとは?

VB.NETのDataGridViewは、行列でデータ・オブジェクトを保持、利用できる仕組みです。以下のように一覧データとしてデータを表示したいときに、とても便利です。

また、データの中に「チェックボックス」「リストボックス」などの、コントロールを配置することもできます。表示だけでなく、データ更新機能を作りたいときにも便利です。

アプリ開発ではデータ操作はよく使うので、DataGridViewの使い方は覚えておくと良いでしょう。

【画像付き】VB.NETのDataGridViewの使い方

次に、VB.NETのDataGridViewの使い方について解説します。以下3つに分けて、DataGridViewを画面に表示する方法を解説します。

1. フォームにDataGridViewを追加
2. DataGridViewの初期値設定
3. フォームを実行してDataGridView表示

1つずつ詳しく解説しますね。

ここからは、Visual Studio Community(無料)を利用して、作り方を解説します。インストールがまだの場合は、以下の記事を参考に、インストールしてから続きを読むことをおすすめします。

>>> 【VB.NET入門】学ぶメリット・知識ゼロから始める手順全まとめ!

1. フォームにDataGridViewを追加

まずは、フォームにDataGridViewを作る手順を解説します。

1. Visual Studioを起動し、「新しいプロジェクトの作成」をクリック

2. 「Visual Basic」「Windows フォーム アプリケーション (.NET Framework」を選択後、「次へ」をクリック

3. プロジェクト名を入力し、「作成」をクリック

作成が完了すると、以下のように画面が起動します。

4. 表示タブにある「ツールボックス」を選択

5. 「すべての Windows フォーム」をクリック

6. 「DataGridView」を選択し、表示されている画面にドラッグ&ドロップ

これで、フォームにDataGridViewを配置できました。

2. DataGridViewの初期値設定

次に、DataGridViewの初期値を設定する手順を解説します。

初期値を設定するときは、画面を表示するときのイベント(Loadイベント)で表示する値をセットします。今回は簡単に解説するため、チェックボックスやボタンではなく、テキストを表示する流れで解説しますね。

1. DataGridViewで右クリックして「コードの表示」を選択し、コードウィンドウを開く

2. コードウィンドウの上部にある「Form1」を選択し、候補に表示された「(Form1 イベント)」を選択

3. 右隣のプルダウンリストを選択し、候補から「Load」を選択

選択すると、以下のようにLoadイベント用のメソッドが、自動で作成されます。

この中に、DataGridViewの初期値をセットする処理を書いていきます。今回は、以下のようなデータをDataGridViewに表示するデータを、初期値としてセットしました。

具体的なサンプルコードは、以下のとおりです。

「DataGridView1.ColumnCount = 列数」「DataGridView1.RowCoun = 行数」で、DataGridViewの列数・行数を指定しています。その後、「DataGridView1.Columns(列番号).HeaderText = 値」で列名を設定し、「DataGridView1.Rows(行番号).Cells(列番号).Value = 値」でセルの値を設定しています。

これで、DataGridViewを作る準備が完了です。

3. フォームを実行してDataGridView表示

次に、フォームを実際に実行してDataGridViewを表示してみましょう。以下のようにデバッグタブから「デバッグの開始」をクリックし、実行します。

次のようにフォームが表示されていれば、OKです。

DataGridViewを使う時の基礎となるので、作り方を憶えておきましょう。

VB.NETでDataGridViewをより使いこなすための3つの方法

「基礎的なDataGridViewの作り方はわかったけど、データ操作ってどうやればいいの……」と思った方もいるのではないでしょうか。そこで次に、以下3つに分けて追加で覚えておくと便利な方法を解説します。

1. 選択しているセル情報の取得
2. 行の追加
3. 行の削除

1つずつ詳しく解説しますね。

1. 選択しているセル情報の取得

1つ目は、「選択しているセル情報の取得」です。DataGridViewの値を操作するときは、選択しているセル情報(列番号、行番号、セル位置)を利用するケースはよくあるので、取得方法を覚えておきましょう。

取得方法は、以下のとおりです。

実行結果:

メッセージ用の変数「strMessageList」に選択しているセルの値、行番号、列番号をそれぞれ文字列結合し、最後にメッセージボックスで表示しています。

「DataGridView1.SelectedCells(0)」の「0」は、「選択している最初のセル」を意味しています。複数セルを選択している場合は、最初に選択したセルが指定されるイメージです。

以降は、以下のように値を取得しています。

・Value:セルの値を取得
・RowIndex:行番号の取得
・ColumnIndex:列番号の取得

セルの値をそのまま使用するだけでなく、行列を操作する際に行列の番号はよく使います。使い方を覚えておくと良いでしょう。

2. 行の追加

2つ目は、「行の追加」です。登録画面などを用意し、「登録したデータをDataGridViewに追加するケース」はよくあるので、使い方を覚えておきましょう。

行の追加方法は、以下のとおりです。

追加する行数に何もいれなかった場合は、1行追加されます。サンプルコードは以下のとおりです。

行追加実行前のデータ:

行追加実行後のデータ:

1行末尾に追加されていますよね。このように、簡単に行を追加できます。

ちなみに、プロパティの設定がおかしいと、行の位置が以下のようにおかしくなってしまうケースもあります。

上記のようになってしまった場合は、DataGridViewのプロパティにある「AllowUserToAddRows」をFalseにしましょう。

ユーザーが自由にデータを登録・削除できるようにするか設定できるプロパティですが、登録時の挙動がおかしくなってしまうので、注意しましょう。

3. 行の削除

3つ目は、「行の削除」です。選択している行のデータを削除したいケースは、よくあります。

行の削除方法は、以下のとおりです。

行削除実行前:

行削除実行後:

選択していた3行目のデータが、削除されていますよね。このように、簡単に行を削除できます。

まとめ

最後に、ここまでの解説をまとめます。

・DataGridViewは「行列でデータ・オブジェクトを保持、利用できる仕組み」
・DataGridViewを使いこなせば、データ一覧の表示・操作が楽になる
・値の取得・行の追加・行の削除とセットで覚えるのがおすすめ

VB.NETのDataGridViewは、データ操作をするときによく使います。登録したデータを表示したり、一覧データを更新したりするケースはよくあるので、使い方を覚えておきましょう。

簡単なところからでいいので、ぜひ使ってみてくださいね。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)