.net column
.NET開発者のためのブログメディア

VB.NETのForEach文とは?実践で使うための裏技も解説!

 

「VB.NETのFor Each文って、何に使うのかな……」
「VB.NETのFor Each文の具体的な使い方や、サンプルコードを知りたい……」

と思っていませんか?

For Each文は、ループ処理を作る時に覚えておくと便利です。

そこで今回は、VB.NETのFor Each文の使い方・実践で使うための裏技を解説します。

SE
VB.NETのFor Each文って、すぐに使えるのかな...
PM
使い方はとっても簡単なので、1つずつ覚えていきましょう。

※この記事は、Visual Basicの16.0で動作確認しました。

VB.NETのFor Each文とは?

For Each文は、ループ処理を作るときに使う「構文」の1つです。

「For Each文」でループ処理を作るメリットは、「ループ回数を直接指定しなくても良い点」です。3回、5回など指定しなくても、「複数の値が入っている親要素」を指定すれば、要素の数だけループ処理が実行されるのです。

VB.NETのFor Eachの使い方とは?

次に、VB.NETのFor Each文の使い方を解説します。使い方は、以下の通りです。

親要素に複数の値が入った配列などを指定することで、ループ処理が作れます。

VB.NETでFor Eachを使うときのサンプルコード

サンプルコードは、以下の通りです。

実行結果:

配列宣言時に入れた初期値が、ログに出力されています。このように、ループ処理を簡単に作れます。

VB.NETのFor Eachを使いこなす2つのテクニックとは?

ここからは、応用テクニックを2つ解説します。

1. Exit For:途中で処理を抜け出す

1つ目は、「途中で処理を抜け出す」ときです。この場合は、「Exit For」を使います。

実行結果:

If文の中で「Exit For」を書いているため、100点以上の場合に処理が終了しています。このように、処理を抜け出すことができるのです。

2. Continue For:途中で処理をスキップする

2つ目は、「途中で処理をスキップする」ときです。この場合は、「Continue For」を使います。

実行結果:

先ほどと同様、If文を追加しています。If文内にある「Continue For」以降の処理は実行されず、次のループ処理に移動しています。

このように、処理をスキップできるのです。

VB.NETで繰り返し処理するなら「For」も覚えておこう

For Each文は、配列などの複数の値が入っているケースで便利です。ただ、「ループ回数を指定して実行したいとき」に、少し不便です。

そのため、「ループ回数を指定してループ処理を作る方法」も、覚えておくのがおすすめです。

実行結果:

「For i = 1 To 5」で、1 ~ 5までループ処理する処理を作っています。このように、数を指定してループ処理が作れるのです。

まとめ

今回は、VB.NETのFor Each文の使い方・使いこなすための2つのコツを解説しました。

「If文」や「For文」など、セットで覚えておくとループ処理の幅が広がります。

1つずつでいいので、ぜひコードを書いて実行してみてくださいね。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags