.net column

.NET開発者のためのブログメディア

C#のリストボックスの作成・選択・削除・追加の方法とは?

2020年07月06日

SE
C#でリストボックスを使う方法を教えてください。

PM
リストボックスを追加したり、削除したり使いこなすコードをこれからご紹介します。

C#のリストボックスについて

今回は、C#のリストボックスについて説明します。C#のリストボックスとは、リストデータを表示したり、選択する場合に使うコントロールのことです。

主にリストボックスの作成・選択・削除・追加の方法について紹介します。C#のリストボックスに興味のある方はぜひご覧ください。

リストの作成

C#で、初期値を設定してリストボックスを生成してみます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、リストボックスが表示されていることが分かります。

リストの選択

C#では、イベントハンドラで、選択したリストボックスの要素を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、選択したリストの情報がLabelに表示されることが分かります。

リストの削除

C#でリストの要素を削除するには、以下のように記述します。

また、リストボックスの全削除は以下のように記述します。

実際のソースコードを見てみましょう。

リストの中から、選択した要素をdelボタンで削除します。「del all」ボタンをクリックすると、リストボックスの要素を全削除します。initボタンをクリックすると、初期状態に戻ります。

リストの追加

C#のAddメソッドで、リストボックスに要素を追加できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、addボタンでTextBoxの文字列がリストボックスに追加されることが分かります。
このように、C#のAddメソッドで、リストボックスに要素を追加できます。

SE
ソースコードの例をまじえて、わかりやすく説明してくださってありがとうございます。

PM
リストデータがあるときにぜひソースコードを活用してください。

C#のソースコードを書いてみよう

リストボックスとは、リストデータを表示、選択する場合に使うコントロールのことです。C#でのリストボックスの作成・選択・削除・追加の方法について紹介しました。

ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)