.net column

.NET開発者のためのブログメディア
ビッグデータ

C#の拡張子とは?様々な拡張子の取り扱い方をご紹介!

2020年07月06日

SE
いくつもある拡張子を、C#で拡張子ごとに取り扱えるようになると便利なのですが。

PM
拡張子ごとにファイルを取り扱えるコードは便利ですね。拡張子の取り扱い方法をご紹介します。

C#での拡張子の扱い方について

今回は、C#での拡張子の扱い方について説明します。C#では、拡張子の取得・削除・変更・検索・判定など、様々なことができます。

C#での拡張子の扱い方に興味のある方はぜひご覧ください。

拡張子の取得

C#では、GetExtensionメソッドを使用して、ファイル名から拡張子を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、GetExtensionメソッドを使用して、ファイル名から拡張子を取得できます。

拡張子の削除

C#では、GetFileNameWithoutExtensionメソッドを使用して、ファイル名から拡張子を除いて取得できます。また、拡張子を置換して削除しても、拡張子を除いて取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、GetFileNameWithoutExtensionメソッドやReplaceメソッドを使用して、ファイル名から拡張子を除いて取得できます。

拡張子の変更

C#では、ChangeExtensionメソッドで、拡張子を変更したファイルパスを生成できます。その後、Moveメソッドでファイル名を変更することで拡張子を変更できます。

実際のソースコードを見てみましょう。
事前に
C:\path\to\file1.jpg
C:\path\to\file2.jpg
を作成しておいてください。

実行結果は以下のようになります。

拡張子が.extに変更されていることが分かります。また、エクスプローラでも拡張子が変更されていることを確認できます。なお、変更元ファイル名が存在しない場合、FileNotFoundExceptionが発生します。

このように、ファイルの拡張子を変更できます。

拡張子の検索

C#では、指定したディレクトリ配下のファイルについて、拡張子を指定して検索できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

事前に C:\path\to ディレクトリ配下には、file1.extおよびfile2.extを格納しておいてください。

実行結果は以下のようになります。

このように、GetFilesメソッドの引数に拡張子を指定して、ワイルドカードで検索できます。

拡張子の判定

C#では、ファイルパスに特定の拡張子が含まれているかを判定できます。

実際のソースコードを見てみましょう。
ソースコードの先頭に「using System.Linq;」を記述してください。

実行結果は以下のようになります。

GetExtensionメソッドで拡張子を取得し、その拡張子が””.doc””, “”.docx””, “”.xls””, “”.xlsx””のいずれかと一致するかをContainsメソッドで判定します。LINQを使用すれば、1行で記述できます。

拡張子については、大文字でも小文字でも判定できるように、ToLowerメソッドですべての拡張子を小文字にしてから比較します。

SE
これで拡張子の取得や変更、検索まで手軽に行えます!

PM
今回紹介したソースコードを参考に、ご自身でもC#で拡張子を取り扱うコードを使ってください。

C#の拡張子を理解しよう

C#での拡張子の取得・削除・変更・検索・判定方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。拡張子の取り扱いについて、様々な操作ができることが分かったのではないでしょうか。

ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)