.net column

.NET開発者のためのブログメディア

C#でのMVCについて紹介|C#でMVCWebアプリケーションを作成しましょう

2020年08月27日

SE
MVCとは何かよく理解できません。教えてください。

PM
わかりました。では、詳しくみていきましょう。

C#のMVCについて

今回は、C#でのMVCについて説明します。

MVCとは、Webフレームワークで一般的に取り入れられている概念です。
モデル(Model)、ビュー(View)、コントローラー(Controller)の頭文字でMVCです。
モデルは、ロジックを記述します。
ビューは、画面表示の役割を持ちます。
コントローラーは、画面遷移などを管理します。

C#でのMVCとは、ASP.netを用いたMVC Webアプリケーションのことです。
Visual Studioを使うと、C# MVCプロジェクトのひな形を作ってくれます。
今回は、Visual Studio Community 2019をインストールしている前提で進めます。

C#のMVCに興味のある方はぜひご覧ください。

プロジェクトの作成

Visual Studioでプロジェクトを作成します。
1. ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

2. プロジェクト名を入力します。
ここでは、デフォルトの[WebApplication1]のままとして、[作成(C)]ボタンをクリックします。

3. プロジェクトテンプレートを選択します。
[空]を選択します。
また、MVC(M)にチェックを付けます。
[作成]ボタンをクリックします。

プロジェクトが作成され、以下のようなファイル構成となります。

コントローラーの作成

プロジェクトを作成しましたので、次にコントローラーを作成します。
C#でのMVCの”C”の部分です。

1. コントローラを追加します。
ソリューションエクスプローラーで[Controllers]フォルダを右クリックします。
[追加(D)]→[コントローラー(T)]の順に選択します。

2. 新規スキャフォールディングアイテムを追加します。
[MVC 5 コントローラー]を選択して[追加]ボタンをクリックします。

3. コントローラ名を入力します。
ここでは、[DefaultController]のままで[追加]ボタンをクリックします。

コントローラが追加され、DefaultController.csが開きます。
下記のコードが自動生成されます。

ビューの作成

次にビューを作成します。
C#でのMVCの”V”の部分です。

1. ビューを追加します。
ソリューションエクスプローラーで[Views\Default]フォルダを右クリックします。
[追加(D)]→[ビュー(V)]の順に選択します。

2. [ビューの追加]ダイアログが表示されます。
ビュー名をViewからIndexに変更します。
[レイアウトページの使用(U)]のチェックを外します。
[追加]ボタンをクリックします。

ビューが追加され、Index.cshtmlが開きます。
下記のコードが自動生成されます。

プロジェクトを実行してみましょう。
“(Webアプリケーションのルートディレクトリ)/Default/Index” URLにアクセスすると、真っ白なページが表示されます。
エラーが表示されなければ成功しています。
index.cshtmlのbody部に何か記述すると、成功していることが分かりやすいです。

モデルの作成

モデルを作成します。
C#でのMVCの”M”の部分です。

1. モデルを追加します。
ソリューションエクスプローラーで[Models]フォルダを右クリックします。
[追加(D)]→[新しい項目(W)]の順に選択します。

2. [新しい項目の追加]ダイアログボックスが表示されます。
[Web]→[コード]ノードをクリックします。
[クラス]を選択し、[追加]ボタンをクリックします。

モデルが追加され、Class1.csが開きます。
下記のコードが自動生成されます。

3. モデルクラスを実装します。
クラスのメンバ変数を実装します。

ここではstring型のName、int型のAgeを実装しました。

4. ビューを追加します。
ソリューションエクスプローラーで[Views\Default]フォルダを右クリックします。
[追加(D)]→[ビュー(V)]の順に選択します。

5. [ビューの追加]ダイアログが表示されます。
[ビュー名(N)]をHumanに変更します。
[テンプレート(T)]をEmptyに変更します。
[モデル クラス(M)]をClass1に変更します。
[追加]ボタンをクリックします。

ビューが追加され、Human.cshtmlが開きます。
下記のコードが自動生成されます。

6. コントローラーの実装
コントローラーを実装します。

Humanメソッドを新規に作成します。
追加したViewと同じ名前になるようにしてください。
プロジェクトを実行してみましょう。
“(Webアプリケーションのルートディレクトリ)/Default/Human” URLにアクセスすると、
Taro
30
が表示されます。

SE
MVCとはWebアプリケーションを作成するためのデザインパターンということですね?

PM
そうです。プロジェクト作成で雛形を作ってくれるので、大変便利なプログラミングです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
C#でのMVCとは、ASP.netを用いたMVC Webアプリケーションのことです。
MVCとは、Webフレームワークで一般的に取り入れられている概念です。
Visual Studio 2019を使った、C#でのMVCアプリケーションについて説明しました。
ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)