.net column

.NET開発者のためのブログメディア
データベースの操作

SQL ServerのDISTINCTを使って重複を除外して取得する方法

2020年09月16日

データベースからデータを取得する際に、重複したデータを取得してしまうことがあります。何件も同じデータが照会画面などで出力されるのは、ユーザーにとって使いやすいシステムとはいえないでしょう。SQL Serverでは、重複データを除外して取得する方法に「DISTINCT」命令が用意されています。ここではDISTINCTの使い方などをサンプルソースとともに解説していきます。

SE
単体テストを行っているのですが、どうしてもデータが重複して取得されます。これを回避させる方法はありますか?
PL
そういった時にはDISTINCT命令を活用してみてください。重複データを除外してデータを取得してくれます。ですがDISTINCTを使う前に、重複データが取得される原因は突き止めましょう。もしかしたらLEFT JOINなどの条件といった原因も考えられます。

実行環境
・Microsoft SQL Server 2017

DISTINCTでできること

まずは以下のデータを作成します。

■[DB_TEST].[dbo].[URI_TABLE]

No Date Kingaku Syain
1 20200822 10000 大阪太郎
2 20200823 20000 東京太郎
3 20200823 30000 福岡太郎
4 20200823 40000 札幌太郎
5 20200824 50000 名古屋太郎

※背景色が黄色の箇所が重複しています。

SQL Serverで活用するDISTINCTとは、SELECT処理を実施した場合に生じてしまう重複データをひとつにまとめる(除外する)ための命令です。
以下、DISTINCTの基本構文です。非常に簡単な構造ですので、忘れずに活用しましょう。

上記のテーブルでは、カラム名「Date」が重複していますので、基本構文のカラム名に「Date」項目を設定してください。これにより重複データは除外されます。実際のプログラムは次項で確認していきましょう。

DISTINCTの基本的な使い方

先ほどのデータを用いて、基本的なDISTINCTの処理を実行します。

実行結果
重複を除外

全体で5件のデータが格納されていますが、No.2~4のDateカラムが重複データでした。よって、今回の実行で取得できるデータ件数は3件となることが確認できました。

複数列の重複を取得する方法

複数の列で重複データがある場合の取得方法も解説していきます。今回は以下のデータを使って操作します。

■[DB_TEST].[dbo].[URI_TABLE]

No Date Kingaku Syain
1 20200822 10000 大阪太郎
2 20200823 20000 東京太郎
3 20200823 20000 東京太郎
4 20200823 20000 東京太郎
5 20200823 20000 東京太郎

※背景色が黄色の箇所が重複しています。

複数のカラムで重複を除外する場合でも、コードの基本的な構造は変わりません。KingakuカラムとSyainカラムを追加するようにしましょう。

実行結果
複数列の重複を除外

全体で5件のデータが存在し、DateカラムとKingakuカラムとSyainカラムの組み合わせで、重複データが4件(No.2~5)あります。今回の実行で取得できるデータ件数は2件となることが確認できました。

SE
とても簡単に重複データを除外させることができました!DISTINCT命令の使い方をこの機会に覚えて、コーディングを進めていきます。
PL
DISTINCT命令を使う場面は案外多いかもしれませんね。また、DISTINCTとCOUNTを組み合わせて、重複データを除外した件数を取得することもあります。他のデータベースでもこのDISTINCT命令は使えますし、自分の技術にして現場で活用していきましょう。

DISTINCT命令を使いこなして重複データを除外する

何万件と登録されている、売り上げテーブルなどのトランザクション系のテーブルでは、検索条件の設定状況次第で、データが重複されて取得してしまうことが多々あります。その際には検索条件が正しいのか、データの不整合がないかといった確認調査は必要でしょう。

今回解説したDISTINCT命令を有効活用すれば、比較的簡単に重複データは除外できます。重複データを取得して処理を行えば、それだけシステムのパフォーマンスにも影響してきますので、DISTINCTを使用して、より良いシステムを開発するように努めていきましょう。

>>>SQL Serverの案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)