.net column
.NET開発者のためのブログメディア

データ取得のイメージ

C#を使って配列やリストから要素を検索する方法

2020年09月23日

アプリケーションを作成していると、配列やリストの中から、特定の条件に該当する値を抽出したいケースは多いかと思います。例えば、画面で入力したコードをマスタ参照して名称を表示する時も使えそうですよね。
この記事では、C#で配列やリストから要素を検索する方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

PG
配列の中から指定コードの要素を検索したいのですが、ループ処理の中で1件ごとに確認すれば良いのでしょうか?
PM
確かに、その方法でも検索できそうですね。ただ、C#では便利なメソッドも用意されているので、この機会におさらいしておきましょう。

実行環境
・Windows 10 Home
・Visual Studio Community 2019

IndexOfメソッドの概要

IndexOfメソッドは、C#の配列やリストに用意されており、指定された文字列を検索して、最初に見つかったインデックス位置を返します。もし見つからなかった場合は、-1を返します。
IndexOfメソッドには複数の定義が存在しますが、主なパターンを例に挙げて紹介します。

※Tは、Listで指定したオブジェクト

IndexOfメソッドの詳細記事:「【C#の基本】C#を使って文字列から特定の文字列を検索する方法」

配列から要素を検索し、取得する方法

インデックス位置は0からの連番となるため、Blueは2番目と出力されます。
Brownはarrayに存在しないため、-1が出力されていますね。

それでは、Blue検索時の開始インデックス位置を0から3に変更すると、どのような結果となるでしょうか。

3番目(Green)以降にはBlueが見つからないため、-1が出力されます。

リストから要素を検索し、取得する方法

配列での検索時と同じく、指定された文字列が見つかった場合、インデックス番号が返っています。

それでは、指定された文字列がリストに複数存在した場合、どのような結果となるでしょうか。

最初に0番目で見つかるため、0が出力されます。

PG
なるほど、このような便利なメソッドがあったのですね。こちらを活用して、コーディングしてみようと思います。
PM
そうですね。一から処理を組み立てるスキルも大事ですが、すでに用意されているメソッドを使いこなすこともスキルアップにつながると思います。

IndexOfメソッドで要素の検索ができる

今回は、配列やリストから要素を検索する方法を紹介しました。文字列の検索と同じく、配列やリストから要素を検索するケースも多いです。今回はIndexOfメソッドについて構文やイレギュラー時の出力など、基本的な使い方を紹介しました。ぜひ覚えて、C#の開発現場などで活用してみてください。

>>>C#の案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags

Jobs