.net column
.NET開発者のためのブログメディア

機能

C#での空白文字の削除方法をご紹介|Trim関数で削除方法を学ぼう!

2020年09月30日
SE
C#で空白文字を削除するにはどうすれいいのでしょうか。
PM
Trim、TrimEnd、TrimStart関数のほか、Replace関数を使用すれば正規表現でも削除できます。

C#での空白文字の削除方法とは?


今回は、C#での空白文字を削除する方法について説明します。
Trim、TrimEnd、TrimStart関数を使用すれば、文字列の前後から空白文字を削除できます。
文字列前後の空白文字以外でも、指定文字を削除できます。

また、Replace関数を使用すれば、正規表現で指定文字列を削除できます。
C#での空白文字を削除する方法に興味のある方はぜひご覧ください。

Trim関数で削除

C#では、Trim関数を使用すれば文字列前後の空白文字を削除できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

文字列前後の半角スペースが削除できていることが分かります。

Trim関数は半角スペースだけでなく、改行コード、全角空白、タブ文字も削除できます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、C#ではTrim関数を使用すれば文字列前後の空白文字を削除できます。

TrimEnd関数で削除

C#では、TrimEnd関数を使用すれば文字列後ろの空白文字を削除できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、C#ではTrimEnd関数を使用すれば文字列後ろの空白文字を削除できます。

TrimStart関数で削除

C#では、TrimStart関数を使用すれば文字列前の空白文字を削除できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、C#ではTrimStart関数を使用すれば文字列前の空白文字を削除できます。

指定文字を削除

Trim関数は、文字列前後の指定文字列を削除することもできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

文字列前後の指定文字列が削除されていることが分かるでしょう。

同様に、TrimStart、TrimEnd関数も指定文字列を削除することができます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、C#ではTrim、TrimEnd、TrimStart関数で指定文字列を削除することもできます。

正規表現で削除

C#では、Replace関数の正規表現で空白文字を削除できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、C#ではReplace関数の正規表現で空白文字を削除できます。

SE
よくわかりました。これならわたしにもできそうですね。
PM
ぜひご自身でソースコードを書いて理解を深めてください。

C#での空白文字の削除方法を正しく理解しよう

いかがでしたでしょうか。

C#での空白文字を削除する方法について説明しました。
Trim、TrimEnd、TrimStart関数を使用すれば、文字列の前後から空白文字を削除できます。
文字列前後の空白文字以外でも、指定文字を削除が可能です。

また、Replace関数を使用すれば、正規表現で指定文字列を削除できます。
ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags

Jobs