.net column

.NET開発者のためのブログメディア
メモ帳

C#のProcessクラスとStartメソッドを使ってメモ帳を起動する方法

2019年12月05日

C#には、外部アプリケーションにアクセスして起動や中断ができる「Processクラス」というものが用意されています。この記事では、C#のProcessクラスとStartメソッドを、実際のコードを用いて解説していきたいと思います。とても便利なので、ぜひ覚えていただければ幸いです。

PG
起動したいアプリケーションを指定すれば、C#上で開くことができるんですね!
PM
ご存知かもしれませんが、IPアドレスを指定すればブラウザも開くことができますよ。

C#のProcessクラスとは

はじめに、Processクラスの概要について把握しておきましょう。
Processクラスとは、「外部アプリケーションにアクセスし、アプリの起動や停止、監視などを行うためのコンポーネント」です。

例えば、Windowsフォーム上で
『「書き込み」ボタンをクリックしたらメモ帳が起動して書き込めるようになる』
などの処理を行いたいとします。

そんなときに便利なのが、Processクラスです。通常のプログラムを書くのと同じ要領で「クラスのインスタンス化→開きたいアプリケーションやファイルを指定→Startメソッドで起動」という手順を踏むだけで、簡単に外部アプリケーションへアクセスできるのです。

Processクラスについて大まかに理解できたところで、さっそく使っていきましょう。

Startメソッドを実際に使ってみよう

実際のサンプルコードは以下のとおりです。

では、実行結果を見ていきましょう。

メモ帳の起動

ちゃんとメモ帳が起動されていますね。
このように、Process.Start({起動したいアプリケーション名})を書くことで任意のアプリケーションを起動することができるのです。

PM
ここではご紹介しませんでしたが、起動元のアプリケーションにリダイレクトすることも可能ですよ。ぜひ試してみてください!
PG
色々な使い道がありそうですね。何だか使いたくなってみました。

ProcessクラスとStartメソッドでさっそくアプリケーションを起動してみよう

Processクラスを利用することで、簡単に任意のアプリケーションの起動や監視ができます。上記のサンプルコードを参考に、さっそく使ってみてください。また、利用する際はWindowsフォームと組み合わせると視覚的にも分かりやすいのでおすすめです。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)