.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. プログラミング言語
  4. PHP
  5. Laravelでのvalidationを使いこなす!基礎やエラーを実例で解説

Laravelでのvalidationを使いこなす!基礎やエラーを実例で解説

  • PHP
  • プログラミング言語
公開日時:   更新日時:
Laravelでのvalidationを使いこなす!基礎やエラーを実例で解説
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    システム
    エンジニア
    validationを使うとどのようになりますか?
    プロジェクト
    マネージャー
    Laravelでのvalidationを使うと、入力の項目チェックができます。

    Laravelでのvalidationの使い方とは?


    今回は、Laravelでのvalidationの使い方について説明します。validationを使うと、入力項目のチェックができます。
    例えば、
    ・必須入力項目を入力しているか?
    ・メールアドレス形式になっているか?
    ・パスワードは8文字以上であるか?
    ・パスワードと確認用パスワードは一致しているか?
    などのチェックを簡単に行えます。
    これ以外にも多くのvalidationチェックが可能です。

    Laravelでのvalidationの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

    基本的な使い方

    Laravelでのvalidationの基本的な使い方を紹介します。
    Schemaは以下のように記述しています。name、email、password、password_confirmationを画面から入力させる想定です。

    viewは以下のように記述しています。

    validationはcontrollerに記述します。ここでは、name、email、passwordにvalidationを指定しています。

    validationの設定内容について説明します。
    「required」は、必須入力項目であることを意味します。入力しない場合、データ登録されません。
    「string」は文字列のみを受け付けます。数字を入力すると、データ登録されません。
    「email」はメールアドレス形式であるか否かをチェックします。メールアドレス形式でないと、データ登録されません。
    「min」は最小文字列数をチェックします。「min:8」とすることで、8文字以上入力されているか否かチェックします。8文字未満では、データ登録されません。
    「confirmed」はこの場合は、password_confirmationと同値であるか否かをチェックします。passwordとpassword_confirmationが異なると、データ登録されません。

    エラー表示

    Laravelでのvalidationのエラー内容を画面表示する方法を紹介します。viewに以下のように記述します。

    何も入力しないまま登録しようとすると、以下のメッセージが表示されます。

    validationのエラー内容がリスト形式で表示されることが分かります。
    特定のエラー内容のみ表示するには、以下のように記述します。

    何も入力しないまま登録しようとすると、以下のメッセージが表示されます。

    passwordのエラーのみが表示されることが分かります。password以外のvalidationエラーは表示されません。
    このようにLaravelでは、validationのエラー内容を取得、表示できます。

    unique

    Laravelにて、テーブル内でユニークであるか否かをチェックするuniqueについて紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

    1レコード登録後に、nameに同じ値を使ってレコード登録しようとすると、以下のようにvalidationエラーになります。

    このようにLaravelでは、テーブル内でユニークであるか否かをチェックできます。

    bail

    Laravelでvalidationエラーになったら、以降のvalidationチェックをしないbailについて紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

    例えば、nameのstringでvalidationエラーになった場合、uniqueはチェックしません。

    システム
    エンジニア
    Laravelでのvalidationの基本的な使い方やエラーがわかりました。
    プロジェクト
    マネージャー
    解説を参考に試してみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。Laravelでのvalidationの使い方について説明しました。validationを使うと、入力項目のチェックができます。
    これ以外にも多くのvalidationチェックが可能です。
    ぜひご自身でLaravelのソースコードを書いて、理解を深めてください。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job