.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Laravelでのcollectionをすっきり整理!データ操作方法を解説

 
Laravelでのcollectionをすっきり整理!データ操作方法を解説
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
collectionの使い方について教えてください。

PM
collectionとは配列に機能を加えたもので、データ取得・集計などができます。

Laravelでのcollectionの使い方とは?


今回は、Laravelでのcollectionの使い方について説明します。collectionとは、配列に機能を加えたもので、様々なデータ操作が行えます。
ここでは、collectionを使った
・データ取得
・データ集計
・フィルタ
・ソート
について紹介します。

Laravelでのcollectionの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

データ取得

Laravelでのcollectionを使ったデータ取得について紹介します。

・all()
要素をすべて取得します。

実行結果は以下のようになります。

・first()
先頭要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・last()
末尾の要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・get()
インデックス指定で取得します。

実行結果は以下のようになります。

このような使い方もできます。

実行結果は以下のようになります。

・take()
指定要素数分取得します。

実行結果は以下のようになります。

負値を指定すると、末尾から指定要素数分取得します。

実行結果は以下のようになります。

データ集計

Laravelでのcollectionを使ったデータ集計について紹介します。

・count
要素数を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・average()
平均値を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・max()
最大値を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・min()
最小値を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・sum()
合計値を取得します。

実行結果は以下のようになります。

フィルタ

Laravelでのcollectionを使ったフィルタについて紹介します。

・where()
条件に一致する要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・whereIn()
複数条件に一致する要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・whereNotIn()
複数条件に一致しない要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

・filter()
フィルタ条件に一致した要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

フィルタ条件に一致しない要素を取得します。

実行結果は以下のようになります。

このように、Laravelではcollectionを使ってフィルタできます。

ソート

Laravelでのcollectionを使ったソートについて紹介します。

・sort()
要素を昇順ソートします。

実行結果は以下のようになります。

・sortDesc()
要素を降順ソートします。

実行結果は以下のようになります。

・sortBy()
特定のカラムで昇順ソートします。

実行結果は以下のようになります。

このように、Laravelではcollectionを使ってソートできます。

SE
collectionを使ってフィルタやソートもできるのですね。

PM
collectionでのデータ操作をマスターしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Laravelでのcollectionの使い方について説明しました。collectionとは、配列に機能を加えたもので、様々なデータ操作が行えます。

ここで紹介した以外にも、様々なcollectionの関数があります。
ぜひご自身でLaravelのソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags