.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. プログラミング言語
  4. Python
  5. Pythonのprint文で出力結果を改行する方法とは?引数間で改行する方法を詳しく解説

Pythonのprint文で出力結果を改行する方法とは?引数間で改行する方法を詳しく解説

  • Python
  • プログラミング言語
公開日時:   更新日時:
Pythonのprint文で出力結果を改行する方法とは?引数間で改行する方法を詳しく解説
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    システム
    エンジニア
    Pythonのprint文で出力結果を改行するにはどうすればいいのですか。
    プロジェクト
    マネージャー
    では、Pythonでprint文の引数間で改行する方法やprint文の引数間と出力結果の両方で改行する方法について解説いたしましょう。

    Pythonのprint文で出力結果を改行する方法


    Pythonでは、print文にわたす文字列に改行コード/nまたは/r/nを記入すると、出力時に改行されます。また、文字列を変数に格納した場合も、同様に改行されます。

    改行コード/n/r/nは、それぞれ、LF(Line Feed)とCRLF(Carriage Return+Line Feed)を表しています。LFはUNIX系で、CRLFはWindows系で使用されています。

    実際には次のようにコードを書いていきます。

    それぞれの改行コードで、改行されていることがわかります。また、文字列を変数に格納した場合も同様に改行されます。

    Pythonのprint文の引数間で改行する2つの方法

    Pythonにおいて、print文の引数間で改行したい場合、引数の文字列中に\(バックスラッシュ)を記入して改行する方法と、引数の文字列を複数に分割する方法があります。

    また、それぞれ文字列を変数に格納する際も同様に改行することができます。

    文字列中にバックスラッシュを記入して改行する方法

    Pythonでは、print文にわたす文字列を\(バックスラッシュ)を使用して、改行することができます。この\は、文字列が次の行に続くことをさしているだけなので、出力される文字列は改行されません。

    実際には次のようにコードを書いていきます。

    \を使用して、引数の文字列が改行できることがわかります。また、変数に格納した際も同様に改行できることがわかります。

    文字列を複数の引数に分ける方法

    Pythonでは、print文に複数の文字列をわたすことができます。その際に、引数間で改行することができます。

    実際には次のようにコードを書いていきます。

    print文にわたす文字列や変数の引数間で改行できることがわかります。また、出力された文字列の引数間に、半角スペースが追加されることには注意が必要です。文字列を変数に格納した際も、同様に改行できます。

    Pythonのprint文の引数間で改行し、出力結果も改行する方法

    Pythonでは、print文にわたす文字列を’’’(シングルクォーテーション×3)または”””(ダブルクォーテーション×3)で囲い、引数間で改行すると、出力時も同様に改行されます。また、文字列を変数に格納した場合も、同様に改行されます。

    実際には次のようにコードを書いていきます。

    ’’’”””を使用した場合で、それぞれ改行されていることがわかります。また、文字列を変数に格納した場合も、同様に改行されています。

    ここで注意点があります。Pythonでは、3つのクォーテーションで囲う場合、改行だけでなく、タブやスペースもそのまま出力されてしまいます。そのため、行頭をそろえようとした場合、下記のような出力結果となります。

    Pythonの連続するprint文で改行しない方法

    Pythonでは、通常のprint文の出力結果は、行末で改行されます。そのためにprint文を連続で実行した場合は、print文のあいだで改行されます。その際に、endキーワードを引数に指定することで、改行されずに出力することができます。

    実際には次のようにコードを書いていきます。

    通常のprint文では、print文のあいだで改行されていますが、end = ''を指定した場合、出力結果が改行されていないことがわかります。

    ここでは、print文で出力結果の最後に読み込まれる改行コードをend = ''で置き換えています。ですのでPythonでは、endキーワードの指定しだいで、最後に読み込まれる改行コードを、任意のかたちに置き換えることができます。

    システム
    エンジニア
    Pythonのprint文で出力結果を改行する方法や引数間で改行する方法、引数間と出力結果で改行する方法、よく分かりました。
    プロジェクト
    マネージャー
    ご紹介した方法を参考にして、語史人でもソースコードを書いてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。Pythonのprint文で、出力結果を改行する方法、引数間で改行する方法、引数間と出力結果で改行する方法を紹介しました。

    出力結果を改行したい場合は、引数の文字列に改行コードを記入します。また、引数間で改行したい場合は、\(バックスラッシュ)を記入するか、文字列をクォーテーションで分割します。引数間で改行し、出力結果も改行する場合は、引数を’’’(シングルクォーテーション×3)または”””(ダブルクォーテーション×3)で囲い、実際に改行します。

    ぜひご自身でPythonのソースコードを書いて、動作を確認してみてください。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    Python新着案件New Job