VB.NETでの0埋め文字列の生成方法とは?toStringメソッド・Formatメソッド・Padleftメソッド

公開日時:   更新日時:
VB.NETでの0埋め文字列の生成方法とは?toStringメソッド・Formatメソッド・Padleftメソッド
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
VB.NETでの0埋め文字列の生成方法について教えてください。

PM
toStringメソッド・Formatメソッド・Padleftメソッドを使用した0埋め文字列の生成方法について紹介します。

VB.NETでの0埋め文字列の生成方法とは?


今回は、VB.NETでの0埋め文字列の生成方法について説明します。ここでは、toStringメソッド・Formatメソッド・Padleftメソッドを使用した0埋め文字列の生成方法を紹介します。また、0埋め文字列から0埋め部分を削除する方法も紹介します。

VB.NETでの0埋め文字列の生成方法に興味のある方はぜひご覧ください。

toString

VB.NETでのtoStringメソッドを使った0埋め方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。0の数で0埋め桁数を指定できます。

toStringメソッドは以下のようにも記述できます。

実行結果は以下のようになります。Dの後の数字で0埋めの桁数を指定します。

このようにVB.NETでは、toStringメソッドで0埋め文字列を生成できます。

Format

VB.NETでのFormatメソッドを使った0埋め方法を紹介します。ToStringメソッド同じように使えます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにVB.NETでは、Formatメソッドで0埋め文字列を生成できます。

Padleft

VB.NETでのPadleftメソッドを使った0埋め方法を紹介します。Padleftメソッドを使うと、任意の文字で埋められます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにVB.NETでは、PadLeftメソッドで0埋め文字列を生成できます。

0埋め削除

VB.NETで0埋め部分を削除する方法を紹介します。TrimStartメソッドを使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

SE
VB.NETでの0埋め文字列の生成方法について理解できました。

PM
それぞれのメゾットを使用した0埋め文字列の生成方法をマスターしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。toStringメソッド・Formatメソッド・Padleftメソッドを使用した0埋め文字列の生成方法を紹介しました。また、0埋め文字列から0埋め部分を削除する方法も紹介しました。

ぜひご自身でVB.NETのソースコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags