[C#]実行ファイルのパス取得方法とは?BaseDirectory・Applicationクラス・CurrentDirectory・Reflection.Assemblyを利用した実行ファイルのパス取得方法

公開日時:   更新日時:
[C#]実行ファイルのパス取得方法とは?BaseDirectory・Applicationクラス・CurrentDirectory・Reflection.Assemblyを利用した実行ファイルのパス取得方法
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
C#での実行ファイルのパス取得方法を教えてください。

PM
AppDomain.CurrentDomain.BaseDirectoryで実行ファイルのパスを取得する方法について紹介します。

[C#]実行ファイルのパス取得方法とは?


今回は、C# Formアプリケーションでの実行ファイルのパス取得方法について説明します。CurrentDomain.BaseDirectory、Applicationクラス、Environment.CurrentDirectory、Reflection.Assemblyなどを利用すれば、実行ファイルのパスを取得できます。

実行ファイルのパスを取得する目的としては、そのパスに含まれる設定ファイルを参照するなどがあげられます。

実行ファイルのパス取得方法に興味のある方はぜひご覧ください。

CurrentDomain.BaseDirectory

C#では、AppDomain.CurrentDomain.BaseDirectoryで実行ファイルのパスを取得できます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果すると、コンソールに以下が表示されます。

このようにC#では、AppDomain.CurrentDomain.BaseDirectoryで実行ファイルのパスを取得できます。

Applicationクラス

Windows Formアプリケーションであれば、Applicationクラスのプロパティで実行ファイルのパスを取得できます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。ExecutablePathは実行ファイルまでを含んだパスになります。

このようにC#では、Applicationクラスのプロパティで実行ファイルのパスを取得できます。

Environment.CurrentDirectory

C#では、Environment.CurrentDirectoryで実行ファイルのパスを取得できます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。CurrentDirectoryはEXE実行中に変化する可能性があるので注意してください。

このようにC#では、Environment.CurrentDirectoryで実行ファイルのパスを取得できます。

Reflection.Assembly

C#では、Reflection.Assemblyクラスのプロパティで実行ファイルのパスを取得できます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のように、実行ファイルまでを含んだパスになります。GetEntryAssemblyは、EXEなどのエントリポイントのアセンブリ情報を取得します。GetExecutingAssemblyは、EXEやDLLのアセンブリ情報を取得します。

このようにC#では、Reflection.Assemblyクラスのプロパティで実行ファイルのパスを取得できます。

SE
C#での実行ファイルのパス取得方法について理解できました。

PM
C#Formアプリケーションでの実行ファイルのパス取得方法について理解を深めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。C# Formアプリケーションでの実行ファイルのパス取得方法について説明しました。

ここでは、CurrentDomain.BaseDirectory、Applicationクラス、Environment.CurrentDirectory、Reflection.Assemblyを利用した、実行ファイルのパス取得方法を紹介しました。

ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags