C#でのexeファイルの扱い方とは?exeの起動・exeの実行結果を取り込む・exeの終了を待ち合わせる・exeのパスを取得する方法

公開日時:   更新日時:
C#でのexeファイルの扱い方とは?exeの起動・exeの実行結果を取り込む・exeの終了を待ち合わせる・exeのパスを取得する方法
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
C#でのexeファイルの扱い方を教えてください。

PM
C#でのexeファイルの起動、実行結果の取り込みなど、いくつかご紹介します。

C#でのexeファイルの扱い方とは?


今回は、C#でのexeファイルの扱い方について説明します。ここでは、exeを起動、exeの実行結果を取り込む、exeの終了を待ち合わせる、exeのパスを取得する方法を紹介します。

C#でのexeファイルの扱い方に興味のある方はぜひご覧ください。

起動する

C#で別のexeの起動方法を紹介します。System.Diagnostics.Processクラスを使用します。ここでは、メモ帳アプリを起動します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、メモ帳が起動されることが分かります。

引数にファイルパスを指定することで、指定したファイルを開けます。ここで指定している「C:\test\test.txt」は事前に作成しておいてください。

実行すると、メモ帳で「C:\test\test.txt」が開かれることが分かります。

StartInfoのプロパティにexe名や引数を指定することもできます。

実行すると、メモ帳で「C:\test\test.txt」が開かれることが分かります。このようにC#では、Processクラスを使用して別のexeを起動できます。

exeの実行結果を取り込む

C#で起動したexeの実行結果を取り込む方法を紹介します。ここでは、コマンドプロンプトを非表示で起動し、dirの結果を取り込みます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、コマンドプロンプトの実行結果が表示されることが分かります。このようにC#では、起動したexeの実行結果を取り込めます。

終了を待つ

C#で起動したexeの終了を待つ方法を紹介します。WaitForExitメソッドを使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、メモ帳が開きます。メモ帳を×ボタンで閉じると、「notepad.exeが終了しました。」という文言がコンソールに表示されます。このようにC#では、WaitForExitメソッドで起動したexeの終了を待ち合わせます。

パス取得

C#でのexeのパスを取得する方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。実行環境によってパスは異なります。

SE
exeファイルの使い方が分かりました。

PM
exeについての理解を深めて、実際にコードを書いてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。C#でのexeファイルの扱い方について説明しました。ここでは、exeを起動、exeの実行結果を取り込む、exeの終了を待ち合わせる、exeのパスを取得する方法を紹介しました。

ぜひご自身でC#ソースコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags