.net column

.NET開発者のためのブログメディア
開発環境

【Azure DevOpsの使い方講座2】Gitリポジトリを指定する

2020年04月16日

開発の現場では、プロジェクトメンバー全員でソースコードの共有やバージョン管理を行う時によく使用されるのがGitHubです。GitHubは今では世界中で利用されていますし、Azure DevOpsでも活用することが可能です。ここでは、AzureにおけるGitHubの活用方法を紹介します。

PG
GitHubって聞いたことがあります。世界中のどこからでもソースコードを閲覧できるリポジトリですよね?
PL
そうですね。限られたメンバーにだけ公開したい場合に利用するPrivateリポジトリも利用できます。また、マイクロソフト社がGitHubを買収したので、Azure DevOpsでGitHubを使用する現場も増えてくると思いますよ。

GitHub リポジトリをAzure DevOpsプロジェクトと連携する手順

スムーズな開発・運用を行う上で、ソースの修正や修正履歴を管理することはとても大切な要素です。誰がいつどのような修正を行ったかを一元管理できるGitHubはソース管理システムの代表格です。GitHubは、Azure DevOpsと連携することが可能なため、ここで連携方法の手順を確認していきましょう。

  1. Azureにログイン後、「リソースの作成」をクリックします。
  2. リソースの作成

  3. 検索ボックスに「DevOps project」と入力します。
  4. DevOps projectと入力

  5. 「作成」ボタンを押下します。
  6. 作成ボタン

  7. 「Bring your own code」→「Next」と押下します。
  8. Bring your own codeの選択

  9. 保存場所に「GitHub」を選択し、アカウント認証のためにAuthorizeを押下します。
  10. 保存場所の選択

  11. GitHubにサインインします。サインインできるIDがなければ各自作成しましょう。
  12. GitHubにサインイン

  13. リポジトリやアカウント権限を確認します。「Authorize Azure」を押下します。
  14. Authorize Azureを押下

  15. 連携するリポジトリとブランチの情報を確認します。「Next」を押下します。
  16. リポジトリとブランチの情報

  17. 今後のテストのために「is app Dockerized」の箇所で「Yes」を選択し、「Next」を押下します。
  18. is app Dockerizedの選択

  19. Application Settingsで「Dockerfile path」と「Path to Chart folder」を設定後、「Kubanetes Service」を選択し、「Next」を押下します。
  20. Application Setting

  21. 最後に必要情報を入力して、「Done」を押下します。
  22. 必要情報を入力

  23. デプロイが完了しましたが出力されれば完了です。
  24. デプロイ完了

その他の外部Gitリポジトリについて

GitHubのほかによく利用されるのがGitLabです。GitHubのIDからもログインすることが可能で、GitHubを利用したことがある方なら、手間取らずにAzure DevOpsでリポジトリを作成できることでしょう。

GitHubと違う点を挙げるとするならば、GitLabはプライベートリポジトリを無償で持つことができる点です。そのため、社内向けの開発案件ではGitLabを利用するところもあるでしょう。

PG
Azure DevOpsからでも簡単にGitHubと連携できそうですね。まだ、GitHubのサインインできるIDを持っていないので、早速作ってきます。
PL
まずはIDを作成しましょう。GitHubのIDは持っていて損はないですよ。いろいろなソースを閲覧できますから、プログラミングの勉強には最適な環境です。

GitHubを活用しましょう

マイクロソフト社がGitHubを買収し、ますますAzure DevOpsでもGitHubは活用されていくのではないでしょうか。オープンソースの開発を行う上では、GitHubは欠かすことのできないアイテムになります。今のうちからGitHubの使い方などの理解は深めておいても良いかもしれません。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)