.net column
.NET開発者のためのブログメディア

メール

ASP.NETのFileUploadでファイルアップロード機能を実装する

2020年07月28日

ASP.NETで、FileUploadを実装して、Webにファイルをアップロードする方法を解説します。
FileUploadクラスは、テキストボックスコントロールと参照ボタンを表示させ、ユーザーが選択したファイルをサーバにアップロードできる便利なクラスです。

PG
ASP.NETでFileUploadを使いたいのですが、どのようにすればいいでしょうか?
PM
ASP.NETでFileUploadを使うには、aspxファイルでコントロールを配置し、aspx.csファイルに保存先サーバの指定ロジック等を記述する必要があります。

ASP.NETのFileUploadコントロールでファイルをアップロード

それではASP.NETでFileUploadを実装し、Webにファイルをアップロードしてみましょう。
今回は例として、最新のVisual Studio 2019を用いて、Webフォームを使ったWebアプリケーションを作成していきます。

まず、新しいWebアプリケーションを作成します。

新しいプロジェクトの作成

次に、「ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)」から「Web Forms」を選択して、アプリケーションを構築します。

ASP.NET Webアプリケーション

Web Forms

ここまでの操作で環境構築は完了です。

ASP.NETのFileUploadコントロールでアップロードしたファイルを保存

早速aspxを開いて、FileUploadコントロールを配置していきます。まずツールボックスを表示させ、FileUploadコントロールを選択します。

FileUploadコントロールを選択

FileUploadコントロールを選択したら、コード内の任意の場所にドラッグしてください。

配置

任意の場所に配置すると、画面内にFile Uploadコントロールが表示されました。
FileUploadでは、ファイルを参照して選択することしかできないため、WebにファイルをアップロードするためのButtonコントロールを配置する必要があります。

File Uploadコントロールの表示

下記がaspxファイルに表示されているFileUploadタグとButtonタグのコードです。

これでWebにファイルをアップロードするための、FileUploadコントロールの配置は完了です。

残すはアップロードしたファイルを保存するための処理です。FileUploadコントロール下に配置した、Buttonコントロールのクリックイベントにて、アップロードファイルの保存処理を実装します。

クリックイベント

ボタンクリックのイベントが追加されました。続いて、aspx.csファイルのボタンクリックイベント内に、アップロードファイルの保存処理を記述します。

アップロードファイルの保存処理は”SaveAsメソッド”を使用し、保存先のフルパスを指定すれば完了です。

以上で、FileUploadを使った保存処理が実装できました。

PG
FileUploadは使い方を覚えれば、とても便利そうですね。
PM
ASP.NETでファイルアップロード処理を実装するのであれば、FileUploadコントロールを使うのがベストです。保存先の変更も簡単なので、ぜひ使ってみてください。

FileUploadコントロールでアップロード機能を実装できる

ファイルのアップロード処理を実装するときは、ASP.NETのFileUploadコントロールを使えば、とても簡単に実装できます。ASP.NETでの開発の際は、ぜひ活用したいコントロールです。

>>>ASP.NETの案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags

Jobs