.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Webページのリスト

ASP.NETでDropDownListを作成。アイテムを追加する方法とは

2020年07月31日

DropDownListはおそらく、知らず知らずのうちに利用したことがあるのではないでしょうか。例えば、Webアプリなどでユーザーの情報を入力する際、出身地などが選択肢でリスト表示されます。これこそがDropDownListです。
画面をコーディングする際に、DropDownListはよく使用するコントロールです。ここでは、ASP.NETを利用したDropDownListの活用方法やアイテムの追加方法を確認していきます。

SE
システム仕様書に、DropDownListを使用するよう記載されています。ASP.NETではどうやって実現できるのでしょうか?
PL
DropDownListは、ユーザーにいくつかの選択肢から項目を選択してもらうのに使用するコントロールですね。ASP.NETでも実現可能なので、ここで実装方法をマスターしましょう。

実行環境
・Visual Studio Community 2017

ASP.NETのDropDownList

DropdownListは、ComboBoxによく似ていますが、選択した値のテキストをユーザーが編集するといったことはできません。任意の型の値を表示することが可能です。また、イメージのようにテキスト表現を持たないものも表示できます。
DropdownListはユーザーが、比較的少ないリストからひとつの値を選択する場合に適しているといえるでしょう。

DropdownListには多くのプロパティが準備されていますが、すべてを網羅する必要はありません。最低限確認しておきたいプロパティを紹介します。

プロパティ内容
SelectedIndexDropDownListコントロール内の選択された項目のインデックスを取得または設定できる
SelectedItemリストコントロールで最小のインデックスを持つ選択された項目を取得できる
SelectedValueリストコントロール内の選択されている項目の値と、指定した値が含まれるリストコントロール内の項目を取得できる
TextListControlコントロールのSelectedValueプロパティを取得または設定できる

ASP.NETでリストを追加する操作

それでは早速、ASP.NETでDropDownListコントロールを利用してみましょう。使用する環境はVisual Studio Community 2017です。
以下、サンプルプログラムのポイントです。

    • ■aspxファイル内にDropDownListコントロールがあります。これを実装することで、まずはリスト内容が空のDropDownListが作られます
    • ■C#ファイル内でDropDownListのリスト内容を設定します

下記のListItem list = new ListItem(“東京都”, “1”);を例にすると、”東京都”が画面に表示される値で、”1”が内部で活用する値です

    • ■Loadイベントでは、IsPostBackプロパティの確認を行う必要があります

これがなければ、ページが切り替わるたびにDropDownListに項目が追加されてしまいます

実行結果
リストの表示結果

指定した項目を固定表示する方法(SelectedIndexプロパティ)

顧客によっては、DropDownListを使用したいが、ログインIDなどに紐づけて選択値を固定で表示してほしいという要望が出る場合も多々あります。
この場合に使用するプロパティがSelectedIndexです。SelectedIndexプロパティの簡単な活用方法を確認しましょう。
以下、サンプルプログラムのポイントです。

    • ■SelectedIndexでは、Index値は0からスタートします

下記の場合では、”東京都”がIndex値=0となり、”千葉県”がIndex値=1となります

実行結果
固定表示の結果

SE
ASP.NETでもDropDownListが簡単に実現できました。これならサクサクとプログラミングが進めそうです!
PL
DropDownListをどう活用するかは、自分でコーディングしてつかめるものです。知識として蓄えるだけでなく、Visual Studioを利用してDropDownListをプログラミングしてみましょう。

DropDownListはよく使用するコントロールです

DropDownListは画面があるアプリケーション開発を行うならば、よく使用されます。今回は、リストに固定値を設定する方法で解説しましたが、実際の開発現場ではデータベースやXMLファイルなどの内容を管理し、そこから取得・設定するプログラミングが必要になるでしょう。ここで解説した内容はDropDownListの基本ですので、早めにマスターしておきましょう。

>>>ASP.NETの案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags