リーダーシップは6種類に分けられる!エンジニアが求められる資質とは

リーダーシップは6種類に分けられる!エンジニアが求められる資質とはのアイキャッチイメージ

リーダーシップとは


リーダーシップとは、人を指導する力や集団をまとめるための力のことです。

これらの力があることで、仕事ではチームをまとめて目標達成に向けてのプロセスを示したり、チームとしての問題や課題を見つけて解決したり、チームメンバーのモチベーションの向上や維持をしたりすることができます。

また、仕事ではこのリーダーシップ力を求められることが多いので、リーダーシップを持つ人材は重宝されることも多くあります。

マネジメントとの違い

リーダーシップは集団をまとめて目標達成に向けてのプロセスを示すこともあることから、マネジメントと意味を混同してしまうことがあります。

しかし、リーダーシップは人をまとめることが主な目的であることに対して、マネジメントは仕事上での目標や目的を達成するためのプロセスを管理することが主な目的となります。そのため、マネジメントでは目標を達成するための戦略や作業工程、リスク対策などを行います。

エンジニアにもリーダーシップは必要?


エンジニアの仕事は基本的にチームで行うので、プロジェクトごとにチームをまとめるプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーなどが必要です。

若い世代のうちはリーダー役をすることは少ないので、個人の能力で仕事をすることができます。しかし、ある程度の年齢になって、エンジニアとしての経験やスキルなどを積んでくると、リーダーとしての役割を求められるようになります。

そのため、エンジニアを続けていくのであれば、リーダーシップ力が求められることになります。

エンジニアに必要なリーダーシップの種類6つ


リーダーシップにはいくつかの種類があり、リーダーシップを発揮するためにはその種類の中から目標やチームメンバーなどの環境に合わせた種類のリーダーシップが必要になります。

そのため、リーダーシップの種類が合わなければ、以前のプロジェクトではリーダーシップを持つことができたのに、次のプロジェクトではうまくリーダーシップを発揮できないということもあります。

環境に適したリーダーシップを発揮するためにも、リーダーシップにはどのような種類があるか把握しておきましょう。

1: ペースセッター型

ペースセッター型とは、リーダーが高い能力を持っていることで、チームメンバーからの信頼を獲得してチームをまとめていく種類のリーダーシップです。

人によっては自分よりも能力が低い人から指示されるとストレスを感じたり、反発の感情を持ったりされることもあるので、このタイプは個々が持つ能力が高いチームで高い効果が期待できる種類のリーダーシップです。

逆に、能力が低かったり、やる気がなかったりするメンバーが多いチームではあまり効果が期待できません。

2: 関係重視型

関係重視型とは、メンバー1人1人の考えを尊重し、個々の力を発揮しやすい環境を作ることでチーム全体の能力やバランスなどを向上、維持していく種類のリーダーシップです。

リーダーとメンバーの関係性が良好になることで、目標や目的に向かってスムーズに活動をすることができます。リーダーシップと言えば、この関係重視型をイメージされることが多い定番種類のリーダーシップでもあります。

ただし、あまりチームの目標や目的とかけ離れたメンバーがいると、チームのバランスを保つことが難しいこともあります。

3: 民主型

民主型とは、リーダーだけでいろいろな判断を行うのではなく、メンバー全員で意見を出し合って、チームとしての方向性を決めていく種類のリーダーシップです。チームで方向性を決めていくことで、メンバーの納得を得ながら仕事を進めていくことができます。

ただし、チーム内で意見が割れてしまうと、チームワークが崩壊してしまうこともあります。そのため、リーダーにはチームの意見をまとめる能力を高いレベルで求められることになる種類のリーダーシップでもあります。

4:コーチ型

コーチ型とは、メンバーの能力や個性を伸ばすように仕事を割り振ったり、メンバーが自分の長所や個性などに気がつくように助言したりして、メンバーの成長によってチーム全体の能力を高めていく種類のリーダーシップです。

また、メンバーは自身を成長させてくれるリーダーに対して信頼を持つことができるので、チームもまとまっていきます。

ただし、メンバー1人1人のことを把握し、成長する方法を考える必要などがあるので、リーダーとして高い能力を求められたり、労力が大きかったりする種類のリーダーシップでもあります。

5:ビジョン型

ビジョン型とは、企業やチームとしての目標を明確に掲げて、その目標の達成に向けてのプロセスを示していく種類のリーダーシップです。目標が明確なので、チームとしての活動の方向性が定まりやすく、チームとしての活動がスムーズになります。

ただし、やる気がなかったり、目標やそのプロセスに対して納得できなかったりするメンバーがいると、チームがまとまらなくなってしまうこともある種類のリーダーシップでもあるので注意が必要です。

6:強制型

強制型とは、チームの意思決定をリーダーが行って、その決定にメンバーが従うという種類のリーダーシップです。リーダーが決めたことにメンバーは従って行動するだけなので、チームとしての意思決定から行動までが非常に早く進みます。

そのため、短期で結果を出す必要があったり、メンバーの能力が低かったり、やる気がなかったりした場合に効果的な種類のリーダーシップです。

ただし、リーダーの指示は絶対という関係性にメンバーからの信頼を得ることが難しいことや、メンバーは指示に従うだけなので成長が見込めないことなどがあります。

エンジニアのリーダーシップに求められる資質9つ


ある程度の経験とスキルを身につけたエンジニアには、リーダーシップ力が求められるようになります。そのリーダーシップ力は経験や学習などによって身につけられる部分もありますが、その人が持つ資質の影響を受ける部分もあります。

そのため、高いリーダーシップ力を発揮している人は、どのような資質を持っているのか知っておきましょう。

1:明確なビジョンを持てる

仕事ではいろいろな種類の作業をすることになります。リーダーシップ力がある人は、その作業にはどのような目的があり、その作業をすることによってどのような結果を得て、また、リスクが発生することになるのかなど、仕事に対する先のビジョンを明確に把握することができます。

先のビジョンを明確に持てることで、メンバーにもこれらからの仕事のプロセスを示すことができます。

2:客観的に物事を見ることができる

リーダーシップ力のある人は、仕事の進捗状況やトラブルが発生したときなど、状況を客観的に判断することができます。

正しく状況が把握できることで、これから何をするべきであるか、トラブルの原因は何であり、その解消法や防止法として何を行うべきかなどを考えることができます。

そのため、現状からこれからのことを理解し、周囲にそのことを伝えることができるので、チームをまとめたり、その方向性を示したりすることができます。

3:決断力がある

チームの意思決定は基本的にリーダーが行います。その意思決定には、結果に影響を与える重要なものや、素早い判断が必要なものなどがあり、また多くの判断をしなければいけません。そのため、リーダーには素早くて正しい決断をするための決断力を求められることになります。

4:行動力がある

チームの意思決定をして、メンバーに指示を出すだけではリーダーとしてメンバーから信頼を得ることはできません。リーダーは率先して行動を起こし、メンバーの手本となる必要があります。

そのため、リーダーには決断したことをすぐに行動に移すことができる行動力も求められることになります。

5:コミュニケーション力がある

リーダーはメンバーに指示を出したり、意見を聞いたり、その意見をまとめたりする必要があります。これらを行うためには、正確に情報を把握し、正確に情報を伝えるためのコミュニケーション能力が求められます。

もし、コミュニケーション能力がなければ、正しく情報をやりとりできないので、メンバーの考えやチームの方向性などを1つにまとめることができません。

6:情報収集能力が優れている

リーダーは重要な判断をしたり、すぐに判断を出したりしなければいけないことがあります。また、その判断は正しいものでなければいけません。

そのため、リーダーはその正確で素早い判断をいつでもできるように、日頃から多くの情報を集め、物事の判断材料として蓄えておく必要があります。また、その情報の種類は非常に多く、幅広いので、いろいろな方法で情報を収集できる能力が求められます。

7:発信力がある

リーダーは正確で素早い決断をするために、いろいろな種類の情報を集める能力が必要になります。また、その集めた情報は決断の材料にするだけでなく、メンバーに仕事の説明や指示を出す際に、メンバーからの納得を得るために発信する必要があります。

情報があることによって、なぜその決断をしたのか、なぜその指示が必要であるかなど、明確にその意図をメンバーに理解してもらうことができます。また、納得があることでメンバーはリーダーのことを信頼することができます。

8:リーダーとしての信念がある

リーダーは重要な決断をしなければいけないこともあります。また、率先して行動を起こさなければいけないこともあります。

もし、リーダーとしての信念がなければ、これらの重要な場面で迷いが出てしまい、冷静な判断ができなくなったり、行動や判断が遅れてしまったりすることがあります。

また、その様子をメンバーが見ていると、頼りないリーダーという印象を与えてしまう可能性もあります。そのため、リーダーは自分を信じて決断したり、行動を起こしたりするための信念やリーダーとしての軸を持っておくことが必要です。

9:プロジェクトのゴールを見据えている

リーダーはチームに目標や目的を実現させるためのプロセスを示す必要があります。そのため、リーダー自身がゴールとなる目標や目的を明確に理解し、それらを実現するためのプロセスを把握しておく必要があります。

また、その計画を立てたり、チームにその計画を伝えたりするためにも、情報収集能力や発信力が求められることになります。

リーダーシップが特に大切なエンジニアの種類2つ


エンジニアは基本的にプロジェクト単位でチームを組んで仕事をすることになります。そのため、エンジニアの仕事はチームで行うことから、リーダーが必要になります。

そのエンジニアのリーダーとしての役割を持つのが、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどです。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトチームの人選を行ったり、プロジェクトを進めながら進捗状況や品質などの確認や管理をしたり、クライアントと交渉しながら要件やスケジュールなどの微調整を行ったりします。

そのため、プロジェクトマネージャーの主な業務はプロジェクトのマネジメント業務やクライアントのやりとりなどです。

プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーもプロジェクトマネージャーのように、プロジェクトを進めながら進捗状況の確認や管理などをします。

ただし、プロジェクトリーダーが担当するのは主に現場です。そのため、プロジェクトマネージャーがプロジェクト全体の統括を行って、プロジェクトリーダーはその決定に従って現場を指揮する役割となります。

リーダーシップの種類と資質を理解して転職に活かそう


リーダーシップはいろいろな仕事で求められる能力です。そのリーダーシップはやみくもに経験を積んで身につくような能力ではありません。リーダーシップにはいろいろ種類があり、またリーダーシップ力が高い人はその資質を持っていることがあります。

リーダーシップ力を転職に活かすためにも、正しいリーダーシップの知識を持ち、そのスキルを身につけていくようにしましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。