社員紹介制度「リファラル採用」はエンジニアと相性抜群!いますぐ応募すべき理由3選

社員紹介制度「リファラル採用」はエンジニアと相性抜群!いますぐ応募すべき理由3選のアイキャッチイメージ

企業で働く社員から直接紹介されて採用試験を受けることをリファラル採用といいます。
このリファラル採用はエンジニアと相性抜群といわれています。
その理由や応募すべき理由などをご紹介します。

エンジニアこそリファラル採用!その理由とは

リファラル採用は企業で働いている社員から紹介や推薦を受けて採用試験を受ける採用方法のことです。
この方法はエンジニアに向いているといわれています。
その理由は主に3つあります。

自分のスキルを理解してもらえる

エンジニア職を募集していても、採用担当者は非エンジニア職であることは珍しくありません。
そのため現場で求めているスキルや知識とマッチしていないこともあります。
また面接を受けた際に、応募者側のスキルやキャリアを理解できない事態も起こりえます。
リファラル採用であれば、エンジニア職の社員が現場で必要なスキルや知識を理解しているため、ミスマッチを防げます。

どんな働き方をしているかがわかる

一口にエンジニアといってもさまざまな働き方があります。
スペシャリストとしてキャリアを極めたいのか、マネジメント職に将来就きたいのかなど、目指すキャリアも違います。
友人・知人からの紹介であれば、そんな現場での働き方を詳しく聞くことができます。
そのため自分が求めるキャリアへ向けて働けるかなどを判断しやすくなります。

どんな会社が事前にわかる

人材紹介会社や企業の採用ページを見ても、社風や文化はわかりづらいものです。
リファラル採用はその企業で実際に働いている人の生の声が聞けるため、事前に現場の状況が理解できます。
そして自分の希望に合うか判断した上で、採用試験を受けられます。

なぜ企業はリファラル採用に積極的なのか

応募側だけでなく、企業側もリファラル採用に積極的になってきています。
その理由の一つが「転職潜在層」の人を採用できるからです。
転職潜在層とは、具体的な転職をまだ考えていない層のことです。
近年エンジニアの人材不足は顕著なため、転職をまだ具体的に考えていない層にもアプローチできるのは大きなメリットといえます。
また自社の社員から紹介してもらうことで、これまで人材紹介会社や求人媒体などに支払っていたコストをほとんどカットできます。
紹介した社員にインセンティブを支払う場合も多いですが、他社へ払う金額と比べれば大幅にコストを削減できます。

エンジニアならリファラル採用の活用を

リファラル採用は企業側にも応募するエンジニア側にもメリットの多い採用方法です。
これまで一般的な就職・転職活動しか考えていなかった方は一度、リファラル採用を検討してみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

インフラエンジニアの面接で使える。入室から退室までのマナーを解説... 面接の場においては普段あまり意識していないようなマナーが求められます。面接におけるマナーを知らないばかりにマイナス評価を受けてしまうこともあります。 今回は、インフラエンジニアが面接で使える入室から退室までのマナーをわかりやすく解説します。 入室時のマナー まずは、面接で入室するときのマナ...
リファラル採用の影。問題になりつつある「リファラル・ハラスメント」の注意点... リファラル採用とは企業の社員が自社に合いそうな人材を紹介・推薦する採用方法のことです。 企業側にも応募する側にもメリットの多い方法ですが、デメリットもあります。 本記事ではリファラル採用で起こりうる「リファラル・ハラスメント」についてご紹介します。 リファラル・ハラスメントとは リファラ...
リファラル採用の報酬は最多50万円!?エンジニアが今すぐ知人を紹介するべき3つの理由... 企業の社員が友人や知人を直接紹介し、採用試験を受けてもらう採用活動のことをリファラル採用といいます。 このリファラル採用は、紹介した人に報奨金が出ることもあります。 そこで本記事では、リファラル採用の報奨金はどれくらいなのか、知人を紹介したらどんなメリットがあるのかなどをご紹介します。 リ...
【緊張しやすいエンジニアへ】面接の前にできる緊張を和らげる方法... 「普段の仕事で緊張することは少ないのに、面接になると緊張してしまう」といった悩みを持つ方は、緊張を和らげる方法やテクニックを知っておくことも大切です。 大事な面接を極力緊張せずに迎えられるよう、ここでは面接前日と当日でそれぞれ活用できる緊張対策を紹介しています。 面接前日のエンジニアの緊張対...
エンジニア企業におけるCTOの役割5つ|年収やキャリアパス例も紹介... CTOの概要 CTOとは「Chief Technology Officer」または「Chief Technical Officer」の略です。企業の技術的なことを一手に引き受ける責任者だとイメージする人もいると思いますが、実際には企業の規模などによって業務内容が異なります。 中規模企業以上の...