インフラエンジニアの5年後を予想!準備すべきことや将来のキャリアパス

インフラエンジニアの5年後を予想!準備すべきことや将来のキャリアパスのアイキャッチイメージ

変化の速いIT業界で働くのであれば、常に時代の変化に敏感である必要があります。
そして、それはインフラエンジニアも例外ではありません。
本記事では、インフラエンジニアの5年後や今から準備すべきこと、将来のキャリアパスなどについてまとめました。
インフラエンジニアとしてキャリアを積んでいきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

インフラエンジニアの5年後はどうなる!?クラウド時代の台頭

今のIT時代には、ITインフラを支えるインフラエンジニアの存在は必要不可欠です。
クラウドファーストの企業が増えたことにより「5年後にはインフラエンジニアは必要なくなるのではないか」との見方もありますが、インフラエンジニアの仕事がなくなることはまずありません。
なぜなら、クラウドを利用するためにはインフラ基盤を強化しなければいけないためです。
クラウドではデータがすべてインターネット上に出ていくため、インフラ基盤が脆弱だと情報漏洩や不正アクセスなど多くの問題が起こってしまいます。

そのため、今以上にクラウドが普及してもインフラエンジニアは必要な存在であり続けるといえるでしょう。
とはいえ、これまでに培った知識とスキルだけでこれからの時代を生き抜くのは難しいといえます。
インフラエンジニアとして仕事を続けるのであれば、クラウドに関する知識を身に付けることは必須だといえるでしょう。

特に、ネットワークの負荷やセキュリティリスク、強制アップデートなどはクラウドで起こりやすい問題です。
これらの問題に対処できるようにしておくと、実際の業務でも役に立ちます。

インフラエンジニアにキャリア設計が必要な理由

インフラエンジニアのキャリア設計

インフラエンジニアとして働くのであれば、早いうちからキャリア設計を行うことが重要です。
理由は、インフラエンジニアといっても実際の仕事内容は多岐にわたるためです。
今後も新しいサービスは増え続けていくと考えられるため、すべてを網羅しようとするのは得策ではありません。
どの分野に特化したインフラエンジニアになるかを決めたうえでスキルを磨いていくことで、市場価値の高いスペシャリストになることができるといえるでしょう。

また、キャリアが違えば年収も大きく異なります。
そして、高年収のキャリアを目指すのであれば高いスキルを身に付けなければいけません。
今のうちからコツコツと準備を行うことで、目標の年収に到達できる可能性が高くなるでしょう。

5年後を見据えたおすすめのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパスは、大きく「通常のキャリアアップ」と「成長市場へ挑戦」の2種類があります。
通常のキャリアアップの例としては、プロジェクトマネージャーが挙げられます。
プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、現場で十分に経験を積む必要があるのはもちろんのこと、リーダーシップやマネジメント能力も必要になるといえるでしょう。

そして、成長市場へ挑戦するのであればIoTエンジニアやAWSエンジニアを目指すのがおすすめです。
IoTやAWSは今後需要が伸びていくと考えられるため、5年後でも十分通用するといえます。
自分の適性や指向性を考慮しつつ、どちらのキャリアパスに進むかを検討してみてください。

将来のキャリアパスを見据えながらスキルを身に付けよう

インフラエンジニアという職業がなくなることはないといえますが、時代の変化と共に求められるスキルが変わってくることは間違いありません。
だからこそ、インフラエンジニアとして生き残っていくためにはしっかりと準備をしておく必要があります。
自分が進みたいキャリアパスについてよく検討したうえで、今から必要なスキルを磨いてはいかがでしょうか。

インフラエンジニアの案件を探すならFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

インフラエンジニアも在宅勤務が可能に!できることや求人の探し方... 従来、インフラエンジニアの在宅勤務は難しいといわれていました。 しかし、クラウドの普及により最近ではインフラエンジニアの在宅勤務も可能になりつつあります。 ライフスタイルに合わせて働くために、在宅勤務にシフトしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 ここでは、インフラエンジニアの在...
インフラエンジニア必見!5Gで変化する分野:スポーツ編... 5Gの到来により、インフラエンジニアの需要が増加する可能性があります。 5G技術とVR・AR技術を融合させることで、スポーツ観戦が大きく変わる可能性が示唆されていますが、そのためにはインフラエンジニアの技術力が必要です。 5Gにより変わっていくスポーツ観戦と、それによるインフラエンジニアの需要へ...
未経験でもインフラエンジニアになれるの?勉強するべきポイントを紹介... インフラエンジニアの仕事 この章では、インフラエンジニアという職業がどんな仕事をしているのか見ていきましょう。業務内容やきつい仕事になりがちな理由、どんな求人があるのかなどについて学んでいきます。 不規則になりがちな勤務形態 インフラエンジニアが主に取り掛かる仕事というのは、ITサービスの...
フリーランスになる前に知っておくべきインフラエンジニアの求人の探し方... インフラエンジニアの中には、独立してフリーランスになりたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 フリーランスになるメリットは多くありますが、案件については自分で探さなければいけません。 ここでは、フリーランスのインフラエンジニアの仕事探しとその注意点についてまとめました。 フリーランスの...
AWSのスナップショットのメリット4つ!作成方法や復元方法も解説... スナップショットはインフラ構築で必要 人為的ミスやアプリケーションエラー、ウイルス感染などによるデータ消失に備えて必ず行わなければいけない作業が、バックアップです。 しかし、バックアップを行うためにはサービスを一時停止しなければいけません。 グローバル化が進んでいる昨今では、常にシステムが...