【残業が多いエンジニアに】残業した時の割増賃金について決まりや計算方法をご紹介

【残業が多いエンジニアに】残業した時の割増賃金について決まりや計算方法をご紹介のアイキャッチイメージ

エンジニアの仕事をしている人の中には、毎日長時間の残業をこなしている人もいるでしょう。
会社は残業をした労働者に対して割増賃金を支払わなければなりません。
ここでは、法律上の割増賃金に関する決まりと計算方法について解説していきます。

割増賃金の決まり

法律上の割増賃金は、時間外労働手当と休日手当、深夜手当の3種類です。
時間外労働手当は法定労働時間を超えて仕事をしたときに対象になります。
法定労働時間というのは、通常は1日に8時間または1週間に40時間です。
このどちらか一方でも超えた場合には、25パーセント以上の割増賃金を支払わなければなりません。

休日手当は、法定休日に労働した場合に支払い対象になります。
法定休日というのは、1週間に1日の休日のことで、必ずしも会社の休日と一致するわけではありません。

また、割増率は35パーセント以上と、時間外労働手当よりも高めに設定されています。
深夜手当は、22時から翌朝5時までの労働が対象で、割増率は25パーセント以上です。
遅くまで残業をした場合には、時間外労働手当だけでなく深夜手当の対象になることもあります。
時間外労働手当と重なる部分に関しては、両方適用されて割増率は合計50パーセントです。
割増賃金は、家族手当や通勤手当、住宅手当などは除外した上で、1時間あたりの賃金を基にして1分単位で計算します。

割増賃金の計算例

【残業が多いエンジニアに】残業した時の割増賃金について決まりや計算方法をご紹介のイメージ

具体的な計算例についてみていきましょう。
例えば、所定労働時間が9時から17時までで、休憩時間を除いて7時間と仮定します。
給料は基本給が18万円で職能給が3万円、年間休日数は115日です。
その上で深夜0時まで残業していたとしましょう。

1時間あたりの賃金は以下のようにして計算できます。
まず1ヶ月の平均所定労働時間を算出します。
(365日-115日)×7時間÷12ヶ月=146時間

次に基本給と職能給の合計を1ヶ月の所定労働時間で割ります。

21万円÷146時間=1,438円

そうすると1時間あたりの賃金が1,438円と算出できるので、これを当てはめてみましょう。

17時から18時までの1時間に関しては、法定労働時間を超えないため割増賃金はなく、時間が増えた分の賃金のみで、1,438円です。
18時から22時までの4時間に関しては時間外労働手当の対象になり、25パーセント以上の割増賃金が支払われます。

1,438円×4時間×1.25=7,190円

22時から0時までの2時間に関しては深夜手当も加わるので、時間外労働手当と合わせて50パーセントの割増賃金です。

1,438円×2時間×1.5=4,314円

その1日の残業だけで、12,942円も給料が増えるということになります。
これが1ヶ月に10日あったとすれば、残業代だけで129,420円にもなるのです。

割増賃金が正しく計算されているか自分でチェックしてみよう

割増賃金は所定労働時間や残業の時間帯によって変化します。
「残業代が少ないな」と感じたら、自分の給料が正しく計算されているかどうか、一度チェックしてみることをおすすめします。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。