タイムマネジメントよりもストレスマネジメント?将来の働き方を考える

タイムマネジメントよりもストレスマネジメント?将来の働き方を考えるのアイキャッチイメージ

ビジネスにおいては時間軸を中心に考える「タイムマネジメント」が主流となっていますが、新たにストレスマネジメントという考え方が生まれています。
今回は、このストレスマネジメントについてご紹介します。

日本を取り巻く仕事の現状

働き方改革が提唱され、日本の企業における働き方が見直されるようになってきました。
現在、日本においては少子高齢化が進み、1995年をピークに労働力の中心と言われる16歳から64歳までの生産年齢に該当する人口は減少傾向にあります。
また、社員に長時間労働を強いる企業を指す「ブラック企業」や過剰労働が引き起こす過労死も大きな問題となっています。

かつての日本では、「企業戦士」などの言葉が表すように、かねてから家庭や私生活を犠牲にしてすべてを企業に捧げて働く姿が賞賛され、美徳とされてきました。
以前と比べれば、労働時間は減少傾向にあるものの、欧米諸国と比較すると日本の労働時間は多いです。

一方で、一人当たりの労働者が生み出す成果を現す指標に「労働生産性」があります。
この労働生産性を世界の国々と比較すると、日本の労働生産性は21位で、欧米諸国と比較すると低いものとなっています。
一方、労働生産性が世界で最も高い値の国はアイルランドでした。
理由としては、出生率の高さと外資系企業が参入しやすい環境にあることなどが理由とされています。(公益財団法人日本生産性本部「労働生産性の国際比較2018」より)

ストレスマネジメント

タイムマネジメントよりもストレスマネジメント?将来の働き方を考えるのイメージ
これまで言われてきた「タイムマネジメント」は、時間を管理し、ストレスの有無にかかわらず、目標達成のために効率よくタスクを処理することを指します。
ストレスマネジメントとは、ストレス負荷のかかる仕事、ストレス負荷のかからない仕事のバランスを考え、自分のストレスをコントロールしていくというものです。
同じ労働時間数であっても、ストレスのかかる業務が多ければ自分のストレスは増加し、逆にストレスの少ない仕事であれば、労働時間が長くなってもそれほど心身への負担は大きくならないという考え方です。
ストレスマネジメントの方法としては、自分がストレスを感じる業務に関しては他の人に協力を仰ぎ、ストレスを感じにくい業務は他の人を助けるなど、適材適所の考え方を用いて仕事を進めていくことが挙げられます。
また、筋力トレーニングやジョギングなどの運動を取り入れて健康チェックをすることも大切です。
運動を楽しめる余裕があれば、精神的にも健康的であることの目安にもなり、運動によって自分自身のストレス状態をチェックすることができます。

ストレスマネジメントで生産性も向上

ストレスを強く感じた状態では、思考や作業効率も悪くなり、タイムマネジメントをしっかり行っても、それだけでは対応できないことがあります。
自身のストレスをマネジメントしていくことは、自分自身の健康のためにも、仕事の生産性を上げるためにも重要なことだと言えるでしょう。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。