インフラエンジニアも在宅勤務が可能に!できることや求人の探し方

インフラエンジニアも在宅勤務が可能に!できることや求人の探し方
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetインフラメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

従来、インフラエンジニアの在宅勤務は難しいといわれていました。
しかし、クラウドの普及により最近ではインフラエンジニアの在宅勤務も可能になりつつあります。
ライフスタイルに合わせて働くために、在宅勤務にシフトしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、インフラエンジニアの在宅勤務が可能になった背景やできる仕事、在宅で仕事を行う際の注意点などについてまとめました。

インフラエンジニアも在宅勤務が可能に

インフラエンジニアの在宅勤務が可能になった背景としては、クラウドによるインフラ構築が普及したことが挙げられます。
オンプレミスのインフラ構築は現場での作業が必要であり、在宅勤務は不可能でした。

しかし、クラウドでのインフラ構築であれば時間や場所に関係なく行うことができます。
とくに小規模のインフラ構築であればそれほど時間がかからないため、タイムマネジメントもしやすいといえるでしょう。

さらに、クラウドシステムの運用・管理を行う求人もあります。
代表的なクラウドサービスであるAWS、Azure、GCPなどについて学んでおくことで、在宅勤務でも幅広い業務を行うことが可能です。

インフラエンジニアの在宅勤務でできること

では、在宅勤務でできるインフラエンジニアの案件としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
一例として、スマホ保険を提供している会社が出している求人があります。
その求人では、スマホ保険アプリの開発をAWS環境でサポートするインフラエンジニアを募集しています。
AWSの経験とスキルがあれば、業務に対応できるといえるでしょう。

なお、この求人においてはフルリモートでの勤務が可能なため、オフィスに出勤する必要は一切ありません。
そのため、全国のどこに住んでいても応募が可能だといえます。
このようにフルリモートでできる求人は多くあるため、インフラエンジニアとして在宅勤務をすることは十分に可能だといえるでしょう。

在宅勤務可能の求人を探す際の注意点

インフラエンジニアに限りませんが、在宅勤務はオフィス勤務とは大きく異なります。
そのため、初めて在宅勤務可能の求人を探す前に注意点を頭に入れておきましょう。

まず、在宅勤務可能の求人でも出社が全く必要ないとは限りません。
週に1~2度は、オフィスに出社しなければいけないなどの決まりを定めている企業は多くあります。
そのため、フルリモートを希望する場合にはあらかじめ確認する必要があるといえるでしょう。

また、在宅勤務を行っているとコミュニケーション不足に陥りがちです。
正しく情報共有や意思疎通ができていないと、業務の効率が悪くなったり、思わぬトラブルが起きる可能性があります。
チャットツールやビデオ通話ツールを使うなど、工夫してコミュニケーションを取るようにしましょう。

そして、タイムマネジメントも重要なポイントです。
在宅勤務では誰にも見られていない環境で業務を行うため、タイムマネジメントができていないといつまでも仕事が終わりません。
在宅勤務を行う際には、スケジュールに沿って業務を行うことを徹底するなどして厳しくセルフマネジメントを行うようにしてください。

在宅勤務でできるインフラエンジニアの求人を探してみては?

オンプレミスのインフラ構築が当たり前だったひと昔前までは、インフラエンジニアの在宅勤務は副業は考えられませんでした。
しかし、最近では在宅勤務でできる求人が多く出ており、インフラエンジニアも柔軟な働き方が可能になっています。

在宅勤務を検討している方は、まずはクラウドでのインフラ構築のスキルを身に着けてはいかがでしょうか。

インフラエンジニアの求人を探すならFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

インフラエンジニアにオススメの勉強法・勉強会資料をまとめてみた... 現代のITサービス基盤を支えているのがインフラエンジニアであり、安定した稼働を求められるのであらかじめ知っておくべき知識も多岐にわたります。 これからインフラエンジニアを目指す初心者や独学者も多いなかで、どのように学習を進めれば良いのか迷っている方も少なくないでしょう。また、高額な費用を掛けて...
【インフラエンジニアの働き方紹介1】SIerの仕事内容と身につく力... インフラエンジニアとして働いていると、SIer(エスアイヤー)という単語を耳にする機会も多いのはではないでしょうか。 本記事では、SIerとはどのような会社か、SIerで働くメリットは何かについて紹介します。 SIerのインフラエンジニアの仕事内容 SIerは「システムインテグレーター...
これで分かる!インフラエンジニアの全キャリアパスを徹底解説... これからインフラエンジニアを目指す方や、すでにインフラエンジニアとして活動されている方も含めて自身のキャリアアップをどのように進めていけば良いのか検討している方は少なくないでしょう。 しかし、ITインフラを構築・運用するという専門性の高い仕事に就いていることで、そこからさまざまな職種や仕事に派...
インフラエンジニアを変えるブロックチェーン。求人への影響を考える... インフラエンジニアとして身に付けるべきスキルの1つにブロックチェーンがあります。一見インフラエンジニアとは関係なさそうに思えますが、実際にはブロックチェーンのスキルが求められる求人は存在します。 ここでは、ブロックチェーンの概要とインフラエンジニアにブロックチェーンのスキルが必要な理由、そしてブロ...
インフラエンジニアの将来性から必要な知識6つ|キャリアパスも紹介... インフラエンジニアとは これまでのインフラエンジニアと言えば、大きく分けると主に2種類の業務内容に分けられました。 1つ目は【ネットワークエンジニア】です。 社内をインターネットに繫げるためにネットワーク機器を設計・設置・監視しながらネットに接続するための導入から運用・保守までをカ...