【インフラエンジニアの働き方紹介1】SIerの仕事内容と身につく力

【インフラエンジニアの働き方紹介1】SIerの仕事内容と身につく力のアイキャッチイメージ

インフラエンジニアとして働いていると、SIer(エスアイヤー)という単語を耳にする機会も多いのはではないでしょうか。
本記事では、SIerとはどのような会社か、SIerで働くメリットは何かについて紹介します。

SIerのインフラエンジニアの仕事内容

SIerは「システムインテグレーター」の略で、システム開発に関わるすべての業務を引き受ける企業のことを指します。
「SI事業者」とも呼ばれ、大手のSIerでは社員数が数千~数万人の規模となり、多くのシステム構築などを請け負っています。中規模のSIerは金融系や製造系など、それぞれ業界に特化した強みを持っていることが多いです。

システム開発の全体像を把握し、クライアントの求める設計を行う実力が必要なため、ある程度のスキルと知識を持ったエンジニアが必要とされています。

社内にはプログラマーからコンサルタントまであらゆる職種の社員がいて、その中でインフラエンジニアは、要件定義・設計・保守のマネジメント業務などを担当します。
しかし、SIer内のエンジニアのみですべてのプロジェクトをこなすのは難しいため、通常は一次請け企業や二次請け企業に業務を依頼します。

SIerで働くことのメリット

働く

大手SIerは官公庁や大手企業から直接依頼を受ける立場にあり、生活基盤に関わるインフラ環境を手掛けることができます。
仕事内容も要件定義や設計フェーズが多いため、マネジメント能力を高めやすい環境にあります。
また、メーカーなどのクライアントと直接関わる機会も多いため、裁量権に幅があることも特徴です。
マネジメント能力の向上や幅広い裁量権の面において、大手SIerのインフラエンジニアにはメリットがあります。

中小規模のSIerの場合、開発や運用などの下流工程を担当することもありますので、技術力を高めるという面においては、中小SIerの方にメリットがあるといえます。
インフラエンジニアとしてキャリアを積みたいと考えているなら、中小規模のSIerで経験を積み、大手SIerで働くのを目指すのもひとつの手段です。

自分が行いたい業務で会社を選びましょう

SIerは要件定義~運用までを一定に請け負う企業のことを指し、大規模から中小規模のSIerまで様々な規模の企業が存在します。
同じSIerでも、企業規模によって携わる工程やスキルなどが違ってきます。
例えば、上流工程を担当したいなら大手SIer、下流工程なら中小SIerを選ぶのもひとつの方法です。
そのために自分はどんな業務を行いたいのか明確にしてから、働く企業を選びましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

インフラエンジニアのおすすめ副業はこれ!案件獲得とスキル活用技... 働き方改革の影響もあり最近は副業OKの企業が増えており、実際に複数の仕事をされている方を多く見かけるようになりました。 特にIT系エンジニアの方で副業をされている方は増えており、さまざまな職種や案件に挑戦されている方がおられます。ただし、副業と言ってもさまざまなカタチがあり、どのような手段や方...
なぜインフラエンジニアに夜勤があるの?夜勤で働くメリットやデメリットを紹介... なぜインフラエンジニアに夜勤があるのか そもそも、どうしてインフラエンジニアは夜勤があるのでしょうか。 ITインフラは私たちの生活に必要不可欠なものであり、トラブルがあると大きな影響が出てしまいます。 そして、ITインフラが常に正常に稼働するように監視し、障害が発生した場合にトラブルシュー...
インフラエンジニア必見!5Gで変化する分野:農業編... 近年、5G技術が世界で注目を集めています。 深刻な高齢化問題に直面している日本の農業は、5Gにより大きな変革を迎えることでしょう。 そのため、新しい制御システムなどを組むためのインフラエンジニアが、どうしても必要になってきます。 5Gによる農業の変革と、インフラエンジニアのこれからの可能性につ...
社内SEの主な仕事内容4つ|メリットや求められるスキルを紹介... 社内SEとは 社内SEは自社のシステムの構築をしたり、保守・運用業務などを行います。 社内SEの仕事は、その企業の業績アップや業務効率のアップ、コストの削減など、自社の経営や事業戦略などに大きく関わる内容となっています。 また、社員のPCに関する問い合わせや故障などの対応をしたり、社内...
インフラエンジニアも在宅勤務が可能に!できることや求人の探し方... 従来、インフラエンジニアの在宅勤務は難しいといわれていました。 しかし、クラウドの普及により最近ではインフラエンジニアの在宅勤務も可能になりつつあります。 ライフスタイルに合わせて働くために、在宅勤務にシフトしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 ここでは、インフラエンジニアの在...