2020年からフリーランスエンジニアは減税に。そのために青色申告ですべきこととは

2020年からフリーランスエンジニアは減税に。そのために青色申告ですべきこととはのアイキャッチイメージ

2020 年(令和2年)分の確定申告から、控除の金額などが大きく改正されます。
特にフリーランスで生計を立てているエンジニアは、気を付けないと損をしてしまうかもしれません。
本記事では、2020年分の確定申告で何が変わるのか、何をすれば良いのかを紹介します。

2020年から所得税の基礎控除が10万円引き上げになる

税制改正等により、2020年1月から基礎控除が38万円から10万円引き上げられ最大48万円になることが決まりました。
基礎控除とは所得から自動的に引かれる金額のことで、すべての人に適用されます。
フリーランスのエンジニアにとっては、自動的に税負担が軽くなるため、特に手続きなどは必要ありません。
ただし、年間の所得が2,400万円を超える高所得者は控除額が段階的に引き下げとなるので注意しましょう。

給与所得控除の場合

会社から給与を得ている場合、給与所得控除額の最大額が65万円から55万円に下がります。
しかし基礎控除額が10万円増額になることによって原則相殺となるので、収入に影響はありません。

お金

フリーランスは青色申告をe-Taxで行うことで減税になる

もうひとつ覚えておきたい改正が「青色申告特別控除」です。現行では青色申告特別控除は65万円ですが、それが55万円に減額されます。
しかし、今まで通り「65万円」の控除を受ける方法があります。それが「e-Tax」と「電子帳簿保存」です。

e-Tax

e-Taxとは、確定申告の内容を電子的に提出する方法です。
国税庁が運営しており、ホームページの「確定申告書作成コーナー」から作成できます。
また、会計ソフトを用いてまとめたものを電子申告することも可能です。
申請にはマイナンバーカードと読み取るためのICカードリーダーが必要となるので、事前に準備しておきましょう。
税務署でIDとパスワードを発行し、それを入力することでe-Taxを利用することも可能です。

電子帳簿保存

パソコンで作成した書類を電子データのまま保存できる制度です。電子帳簿保存を行うには、制度に提供した会計ソフトが必要です。
また、適用されるためには、電子データの備え付けを開始する3ヶ月前の日までに申請書を税務署に申請しなくてはいけません。

以上のどちらかを行えば、青色申告特別控除「65万円」が適用されます。
個人事業主ならば、比較的簡単な「e-Tax」の方がおすすめです。

基礎控除の増額とe-Taxのセットで減税になる

この改正により税務署に書類を持ちこんで申請している人は、そのままでは65万円の控除を受けられません。
e-Taxに切り替えることでこれまで通り65万円の控除が受けられるので、ぜひ準備しておきましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

サーバーエンジニアのキャリアパスを解説。フリーランスとして働くキャリアもあり?... ここではキャリアパスについて悩んでいるサーバーエンジニアのために、キャリアを積み上げるときの心構えや考え方をお伝えしていきます。 会社員としてだけでなくフリーランスとしての生き方も紹介するので、ぜひご一読ください。 キャリアパスのゴールはどこか インフラは基本的になくなりません。従って、サ...
フリーランスエンジニアになる前にすべき準備15選|仕事を獲得する準備方法... フリーランスエンジニアで独立する準備とは フリーランスは自由な働き方である一方で、企業に雇用されている時とは違い、全ての責任を自分で負うことになります。 そのため、これまで会社員として企業に勤めていたエンジニアがフリーランスとして独立する場合、さまざまな準備を行う必要があります。 本記...
エンジニア不足の中でフリーランスエンジニアになるべき理由|求人の探し方2つ... エンジニア不足が叫ばれるネットワークエンジニアとインフラエンジニアの業務形態とは IT業界では慢性的なエンジニア不足が続いているので、ネットワークエンジニアも不足しています。 そのネットワークエンジニアはITインフラに関わる仕事をします。 そのため、ネットワークエンジニアは、同じくIT...
フリーランスのインフラエンジニアにおすすめの職場【バーチャルオフィス】... 近年多様な働き方ができるようになり、フリーランスを選ぶエンジニアも増えています。 好きな時間、好きな場所で働けるのがフリーランスの特徴ですが、エンジニアは主にどこで仕事をしているのでしょうか。 この記事ではインフラエンジニアにおすすめの職場である「バーチャルオフィス」を紹介します。 バーチ...
フリーランスエンジニアの年齢制限に関する基礎知識|年齢による不安要素とは... フリーランスエンジニアの実態 フリーランスを【年齢】というテーマで解説する前に、現状把握として今の実態をまずは確認しておきましょう。 2015年〜2019年の小規模企業白書(中小企業庁)によると、国内におけるフリーランスの人口はおよそ400万人〜600万人ほど活動しています。(本業・副業...