老後に必要な貯蓄は2000万円!?エンジニアが今からやっておくべき金策とは

老後に必要な貯蓄は2000万円!?エンジニアが今からやっておくべき金策とはのアイキャッチイメージ

2019年6月、金融庁が作った報告書に「老後資金は2000万円必要」という記載があったことが大きく報道されました。
上記報告書は撤回されましたが、老後の資金が年金だけでは足りない可能性が高いため、エンジニアの方が今からおこなうべき金策について紹介します。

老後に2000万円の貯蓄が必要な理由

2019年6月、金融庁は人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめました。
それによると男性65歳以上・女性60歳以上の夫婦世帯では年金収入に頼った場合、毎月約5万円の赤字が出るとされています。

また、仮に65歳や60歳の時点から20年生活するには1300万円、30年生活するには2000万円が不足するとも推定されています。
2000万円もの貯蓄が必要な理由として、「少子高齢化社会」が影響していています。

長寿の人が増えると定年退職後の人生が長くなります。
会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要と試算されており、取り崩しのための貯蓄が必要という見解が広く報道され話題になったのです。

今からできる対策とは

老後に必要な貯蓄は2000万円!?エンジニアが今からやっておくべき金策とはのイメージ

貯蓄を習慣づける

まずは貯蓄を日常の習慣に組み込むことから始めましょう。
貯蓄用の口座を作り、振り込まれた給与から月に1万円でもいいのでそちらにお金を移すことから始めます。
給与が振り込まれたら自動的に別の口座にお金を移せるサービスもあるため、これらを活用すると効果的です。

資産を増やす方法を実践する

投資などを活用して資産を増やす方法も検討するといいでしょう。
税制面で有利かつ手数料の安い「つみたてNISA」であれば始めるための心理的ハードルが低いのではないでしょうか。
ただし投資には元本割れのリスクもあるので注意が必要です。

高単価の案件に関わって収入を上げる

エンジニアとして目指すべき道です。
単価の高い案件で自身の収入をアップさせ、その一部を貯蓄に回します。
そのためにはスキルやキャリアを上げて高単価の案件に携わることが重要です。

今日からでも始めよう

生きていれば誰にでも老後は訪れます。
いち早く貯蓄を形成し、豊かな老後に備えておきましょう。
高単価な案件にエンジニアとして関わることができれば多くの収入を得られるので、そういった道を探してみてはいかがでしょうか。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。