データセンターの安全性の確認基準:「ティア」と「データファシリティスタンダード」とは

データセンターの安全性の確認基準:「ティア」と「データファシリティスタンダード」とは

近年企業がクラウドコンピューターなどの導入を進めています。
そしてクラウドコンピューターに欠かせないのがデータセンターです。
そしてデータセンターの品質基準の指標となるのがティアとされています。
本記事ではティアとデータファシリティスタンダードについてご紹介します。

ティアの概要

ティアとはデータセンターの安全性を確認するための品質基準のことを指します。
アメリカの民間団体による「Uptime Institute」によって定められました。
ティアには災害時に想定されている事態や稼働信頼性に合わせてレベルが設けられています。
このレベルは4段階あり、数字が大きいほど要求される内容が厳しくなります。
ただし当初このティアは日本の実情が考慮されていなかったため、日本独自の基準として日本データセンター協会が新しい基準を作りました。
これを「データファシリティスタンダード」といいます。

データファシリティスタンダードの概要


日本独自の基準であるデータファシリティスタンダードは、ティアの基準の中で日本では過剰と判断される部分を追加したり、日本独自の要素などが追加されたりしました。
データファシリティスタンダードが想定するティアレベルと主な内容は以下のようになります。

ティア1

  • 地震や火災などの災害に対し、一般の建物レベルの安全性を確保している。
  • 瞬間的な停電に対し、コンピューティングサービスを継続して提供できる設備を備えている。
  • サーバー室へのアクセス管理を実施している。
  • 想定しているエンドユーザーの稼働信頼性が99.67%以上である。

ティア2

  • 災害に対して、一般の建物レベルの安全性がある。
  • 長時間の停電に対し、コンピューティングサービスを継続して提供できる設備を備えている。
  • サーバー室のアクセス管理が行われている。
  • 想定するエンドユーザーの稼働信頼性が99.75%以上である。

ティア3

  • 災害に対し、一般の建物より高いレベルの安全性がある。
  • 一部設備が一時停止しても、コンピューティングサービスを継続して提供できる設備を備えている。
  • 建物とサーバー室へのアクセス管理が行われている。
  • 想定しているエンドユーザーの稼働信頼性が:99.98%以上である。

ティア4

  • 災害に対し、データ保存の安全性が保たれながら、可用性も確保した非常に高いレベルでの対災害性がある。
  • 一部設備が一時停止や一障害が発生しても、継続して提供できる。またより高いレベルでの冗長構成の設備がある。
  • 敷地、建物、サーバー室、ラック内のIT機器すべてのアクセス管理が行われている。
  • 想定しているエンドユーザーの稼働信頼性が:99.99%以上である。

データセンターを設置する上で重要な指標となる

日本独自に定められたデータファシリティスタンダードは、データセンターを設置する上で指標となります。
データセンターの設計にも関わることですので、設計や設置を行う際には覚えておきましょう。

※出典:JDCC「デ ータセンターファシリティスタンダ ー ドの概要

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。