ネプラスのテックブログ。ネットワーク、クラウド、サーバなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. ネプラス インフラエンジニア採用
  2. テックマガジン
  3. テクノロジー
  4. データセンターの安全性の確認基準:「ティア」と「データファシリティスタンダード」とは

データセンターの安全性の確認基準:「ティア」と「データファシリティスタンダード」とは

  • テクノロジー
  • ネットワーク
公開日時:   更新日時:
データセンターの安全性の確認基準:「ティア」と「データファシリティスタンダード」とは
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    近年企業がクラウドコンピューターなどの導入を進めています。
    そしてクラウドコンピューターに欠かせないのがデータセンターです。
    そしてデータセンターの品質基準の指標となるのがティアとされています。
    本記事ではティアとデータファシリティスタンダードについてご紹介します。

    ティアの概要

    ティアとはデータセンターの安全性を確認するための品質基準のことを指します。
    アメリカの民間団体による「Uptime Institute」によって定められました。
    ティアには災害時に想定されている事態や稼働信頼性に合わせてレベルが設けられています。
    このレベルは4段階あり、数字が大きいほど要求される内容が厳しくなります。
    ただし当初このティアは日本の実情が考慮されていなかったため、日本独自の基準として日本データセンター協会が新しい基準を作りました。
    これを「データファシリティスタンダード」といいます。
     

     

    データファシリティスタンダードの概要


    日本独自の基準であるデータファシリティスタンダードは、ティアの基準の中で日本では過剰と判断される部分を追加したり、日本独自の要素などが追加されたりしました。
    データファシリティスタンダードが想定するティアレベルと主な内容は以下のようになります。

    ティア1

    • 地震や火災などの災害に対し、一般の建物レベルの安全性を確保している。
    • 瞬間的な停電に対し、コンピューティングサービスを継続して提供できる設備を備えている。
    • サーバー室へのアクセス管理を実施している。
    • 想定しているエンドユーザーの稼働信頼性が99.67%以上である。

    ティア2

    • 災害に対して、一般の建物レベルの安全性がある。
    • 長時間の停電に対し、コンピューティングサービスを継続して提供できる設備を備えている。
    • サーバー室のアクセス管理が行われている。
    • 想定するエンドユーザーの稼働信頼性が99.75%以上である。

    ティア3

    • 災害に対し、一般の建物より高いレベルの安全性がある。
    • 一部設備が一時停止しても、コンピューティングサービスを継続して提供できる設備を備えている。
    • 建物とサーバー室へのアクセス管理が行われている。
    • 想定しているエンドユーザーの稼働信頼性が:99.98%以上である。

    ティア4

    • 災害に対し、データ保存の安全性が保たれながら、可用性も確保した非常に高いレベルでの対災害性がある。
    • 一部設備が一時停止や一障害が発生しても、継続して提供できる。またより高いレベルでの冗長構成の設備がある。
    • 敷地、建物、サーバー室、ラック内のIT機器すべてのアクセス管理が行われている。
    • 想定しているエンドユーザーの稼働信頼性が:99.99%以上である。

    データセンターを設置する上で重要な指標となる

    日本独自に定められたデータファシリティスタンダードは、データセンターを設置する上で指標となります。
    データセンターの設計にも関わることですので、設計や設置を行う際には覚えておきましょう。

    ※出典:JDCC「デ ータセンターファシリティスタンダ ー ドの概要
     

     

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    オンライン面接も随時受付中。ぜひお気軽にご応募ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job