最新規格Wi-Fi 6対応ルーター10選|選ぶ時のポイントも解説

最新規格Wi-Fi 6対応ルーター10選|選ぶ時のポイントも解説のアイキャッチイメージ

自宅用Wi-Fiルーターを選ぶ時のポイントとは?


昔は、インターネットと言えば電話回線を引いてネット環境を調えている方が大半でした。
しかし現在では自宅のインターネット環境として、Wi-Fiを選択する人が増えています。
これには近年、Wi-Fiが急速に普及してきたこととその設置のやりやすさ、使いやすさといったメリットがあることが理由に挙げられるでしょう。
まずは自宅用Wi-Fiルーターの選び方のポイントについて紹介します。

Wi-Fiルーターを使うことのメリット・デメリット

自宅のネット環境でWi-Fiルーターを使った場合、まず工事不要であるというメリットが挙げられます。
これまでの既存のインターネットでは、基本的に工事が必要でした。
しかしWi-Fiルーターを使えば工事を申込む必要もその費用も必要なく、すぐにインターネットが始められます。
またWi-Fiルーターでは比較的に高速で安定的な通信速度を維持できることも魅力です。
ただし、デメリットとして環境によっては通信速度が遅くなることがあります。
また思ったよりも遠距離には届かないため、Wi-Fiルーターの近くで使う必要があるというデメリットもあるでしょう。

Wi-Fiの規格は最新のWi-Fi 6がおすすめ

自宅用Wi-Fiルーターを選ぶなら、現行でもっとも通信速度を速くできるWi-Fi(11ax)がおすすめです。
インターネットを使う場合、何をするにしてもネックとなってくるのが通信速度でしょう。
何も考えず選んだ場合、使っているうちに速度に不満を持つことが多くなってしまいます。
Wi-Fiは規格によって通信速度に差がでてくるため、最新を選んだ方がよいでしょう。
またWi-Fi6はIEEE規格の最新IEEE802.11axに準拠しています。

ストリーム数をチェック

ストリーム数とは、Wi-Fiルーターにおけるアンテナの数のことです。
同じ規格のWi-Fiルーターでも、製品によってそれぞれに付いているストリーム数は違います。
そのため同じ規格でもルーターの違いにより、通信速度や安定性に差が出る場合があります。
Wi-Fiルーターでより安定したインターネット環境を手に入れたいなら、通信速度だけでなくストリーム数も重要です。
ストリーム数が多い(アンテナ数が多い)Wi-Fiルーターを選ぶと通信環境、速度どちらも安定しやすいでしょう。

MU-MIMOとビームフォーミング

Wi-Fiルーターでは長距離に電波が飛ばないデメリットがありますが、それを解決するために「ビームフォーミング」機能つきのルーターを選ぶのもよいでしょう。
ビームフォーミング機能とは、子機の電波に指向性を持たせ、より長距離でも使えるように、電波を安定的に届やすくする機能です。
MU-MIMOは多数の子機でWi-Fiルーターに同時接続できるようにし、たくさんの子機を使っても速度を維持しやすくする機能です。
これらの機能はWi-Fiルーターだけでなく、スマホやタブレット、パソコンといった子機が対応していると機能が発揮されます。

アンテナの形にも着目しよう

Wi-Fiルーターはそれぞれにストリーム数(アンテナ数)が違うだけでなく、アンテナが外付けか内蔵かといった形の違いもあるので注意しましょう。
外付けか内蔵で何が違うかというと、Wi-Fiルーターを使った時の電波の届き方です。
内蔵タイプは見た目がコンパクトになり、電波の広がりはその周囲であるため家の中の中心で使う、部屋の中心に置いてその部屋だけで使うといった使い方が主流です。
外付けアンテナはアンテナの向きに気をつけることで、電波の広がりを変えられるという特徴があります。
内蔵よりも外付けの方が、変わった間取りでも対応しやすくなっています。

メッシュWi-Fiという選択肢も

メッシュとは網目のことを意味する言葉です。
メッシュWi-Fiはその名前の通り、家の中に網目を張り巡らせるように接続範囲を広げ、どこにいても安定かつ高速で通信できるようにするWi-Fiのことを指しています。
これはサテライトルーターを複数設置することで対応しています。
広い場所でどこからでもWi-Fiを使えるようにしたい場合、一軒家で使う場合、複数人が同居しているような場合に有効な選択肢でしょう。

使用人数や間取りを考慮して選ぼう


自宅で使うWi-Fiルーターを選ぶ場合、いくつか情報を整理して、その情報に基づいて選んだ方が後悔することがないでしょう。
まず調べておきたいのは、Wi-Fiルーターの接続範囲内で何人が使うのか、同時に使うことがあるのか、そして自宅の広さや間取りです。
複数人が同時接続する場合、それに対応できるWi-Fiルーターでなければ通信速度が遅くなったり安定しなくなったりします。
自宅の間取りが横や縦に広いなら、それを考慮して広い範囲に対応できるアンテナ付きのルーターを選ばなければならないでしょう。

最新規格Wi-Fi 6対応ルーター10選


最高の通信速度で使いたいなら、やはり最新規格であるWi-Fi6に対応したルーターを選んだ方がよいでしょう。
ここでは、おすすめのWi-Fi6対応ルーター10個を紹介します。
Wi-Fiルーターそれぞれに特徴があり、機能の有る無しや対応していること、していないことといった違いがあります。
自分がどんな風にWi-Fiで通信するのか、何人で使うのか、間取りはどうかといったことを調べてから、選んでみましょう。(参考価格は2021年3月時点のものになります)

1:ASUS「RT-AX88U」

ASUS「RT-AX88U」はWi-Fi6に対応したルーターで、オンラインゲームする方やセキュリティの高いルーターが欲しい方におすすめです。
通信速度は11ax/5GHz帯で4804Mbps、11ax/2.4GHz帯で1148Mbps、アンテナは外付け4本です。
セキュリティ機能付きで、ゲームをはじめとしたたくさんの子機を使う環境に向いています。
参考価格は¥42,800円(税別)となっています。

2:バッファロー 「WXR-5700AX7S」

バッファロー 「WXR-5700AX7S」は動画の試聴やオンラインゲームする方、広い自宅や一軒家などで使うのに向いているWi-Fiルーターです。
特徴的なのは、外付けされた4本のアンテナでしょう。
これらのアンテナは前後左右に回転可能で、その向きにより任意で特定の範囲の電波を強化できるというメリットがあります。
また10Gポートを搭載しているため、無線では回線が不安だという方は有線での接続も可能となっています。
参考価格は¥24,160~28,790円(税込)です。

3:NEC「Aterm WX6000HP」

NEC「Aterm WX6000HP」はアンテナ内蔵タイプで複数台での通信、ゲームや動画視聴といった目的でも使えるWi-Fiルーターです。
同時にたくさんの子機を使用しても、空いている周波数に自動移動する機能により、快適で安定的な通信環境を維持します。
10Gポートが付属しているため、ゲームを有線でしたい方にも対応します。
アンテナ本数は内蔵型で4本~8本、参考価格は¥25,800円(税込)です。

4:ASUS「ROG Rapture GT-AX11000」

ASUS「ROG Rapture GT-AX11000」はメッシュWi-Fi機能を搭載したルーターです。
何より特徴的なのが360℃をカバーする8本の外付けアンテナでしょう。
これらのアンテナにより電波の範囲を360℃に広げることが可能となっています。
無線ルーターですが、有線ポートもいくつも搭載されており対応可能でしょう。
セキュリティ機能も搭載されているため、安心して使えます。
参考価格は¥56,800円(税別)です。

5:TP-Link「Archer AX50」

TP-Link「Archer AX50」はスマートホーム構築に向いているWi-Fiルーターです。
接続可能台数は最大で48台、それだけの子機からの通信があっても遅延を少なく、安定した高速の環境を構築できます。
専用アプリ「Tether」によりスマホから設定や管理も可能となっています。
外付けアンテナが4本です。
参考価格は¥10,267円(税込)と、比較的に安価なルーターでもあります。

6:バッファロー「WSR-3200AX4S」

バッファロー「WSR-3200AX4S」はスッキリしたフォルムで、広い範囲で安定的かつ速い速度での通信環境が作りだせるWi-Fiルーターです。
スリムなボディにハイパワーアンテナ4本を内蔵しています。
外付けではありませんが、戸建てでも3階まで、マンションでは4LDKまで対応可能でしょう。
ビームフォーミングやMU-MIMO、セキリュティ機能を搭載しています。
参考価格は¥10,692円(税込)です。

7:エレコム「WRC-X3000GSA」

エレコム「WRC-X3000GSA」はインテルのHome Wi-Fiチップセットを搭載したWi-Fiルーターです。
内蔵アンテナ型で2.4GHz帯2本、5GHz帯2本の計4本です。
ビームフォーミングやMU-MIMO機能を搭載している他、こどもネットタイマーやセパレーター機能で友だちを呼んでも安全に、一緒にWi-Fiで遊べると多機能です。
参考価格は¥25,168円(税込)となっています。

8:TP-Link「Archer AX10」

TP-Linkの「Archer AX10」は、できるだけルーターにかける費用を節約したい方におすすめの、安価なWi-Fiルーターです。
安くてもWi-Fi6に対応しており、従来よりも広い範囲でより高速での通信を可能としていて、多くの端末を接続できます。
アンテナは4本あり、外付けしています。
参考価格は¥6,762円(税込)となっています。

9:ASUS「RT-AX3000」

ASUS「RT-AX3000」はテレワークする方にも向いている、ビジネスで使えるレベルのセキュリティを搭載したWi-Fiルーターです。
外付けで4本のアンテナがあります。
多数の子機を接続しても同時接続に問題がないよう、MU-MIMO機能の他にOFDMAにも対応しています。
またメッシュシステムにより、広い範囲の自宅であっても安定し快適な通信環境を構築できるでしょう。
参考価格は¥14,946円(税込)です。

10:アイ・オー・データ機器「WN-DAX1800GR」

比較的基本的なシステムを搭載し、かつ安価なルーターが欲しい方にはアイ・オー・データ機器「WN-DAX1800GR」がおすすめです。
アイ・オー・データ機器「WN-DAX1800GR」はセキュリティのためネットフィルタリング機能を搭載しており、5年間無料で使い続けられます。
通信時間を制限するペアレンタルコントロール機能で、例えばゲーム機のWi-Fi使用時間を何時から何時までと決めることもできます。
アンテナは2本の内臓タイプで、参考価格は¥9,800円(税込)です。

メッシュWi-FI対応ルーター7選


自宅で好きなようにネットを使いたいのに、電波が強いところと弱いところがあって好きな場所で、とはいかないとなったことはないでしょうか。
この電波が強い弱い、通信が安定する場所としない場所があるというのは、Wi-Fiの弱点の1つとも言えます。
そこで、この弱点を克服するのに効果的なメッシュシステムを搭載したWi-Fiルーターを紹介します。(参考価格は2021年3月時点のものになります)

1:NETGEAR「Orbi AX6000 RBK852」

NETGEAR「Orbi AX6000 RBK852」は2階建てや3階建てといった、広い自宅のどこでも快適な通信環境が得られます。
アンテナは内臓タイプの4本で、2台セットとなっています。
設定はスマートフォンのOrbiアプリから設定可能です。
この2台を家の中の遠い場所に設置することにより、広い範囲で通信環境を安定させ、速度を向上させられます。
参考価格は¥71,209円(税込)とけして安くはありませんが、その価値はあるでしょう。

2:LYNKSYS「VELOP WHW0302-JP」

LYNKSYS「VELOP WHW0302-JP」はシンプルな見た目で家具の中にも溶け込みます。
2個セットの最大受信可能範囲は約360平方メートルで、広い範囲をカバーします。
スマホアプリで設定可能な他、ペアレンタルコントロール機能搭載で子どもの使用を制限できるメリットがあります。
参考価格は1個で¥20,025円、2個で¥25,450円、3個で¥51,800円(税込)です。

3:TP-Link「Deco X20」

TP-Linkの「Deco X20」はシームレスなメッシュ機能搭載だけでなく、MU-MIMOやOFDMAといった機能も搭載しており、多数同時接続が可能なルーターです。
超低遅延により、オンラインゲームや動画視聴もストレスなく行えます。
2ユニット使用で参考価格¥24,700円(税込)最大約370平方メートルまで、3ユニット使用で参考価格¥30,800円(税込)、約538平方メートルまで対応可能となっています。

4:ASUS「ZenWiFi AX (XT8)」

安心のASUSブランドからは、簡単に家中のメッシュネットワーク設定ができる「ZenWiFi AX (XT8)」を紹介します。
1台で約255平方メートル、2台で約511平方メートル、6部屋までをしっかりとカバーできます。
アプリでのセットアップが可能で、「AiMesh」機能により高度なネットワーク構築も可能としています。
参考価格は1パックで¥31,800円(税別)です。

5:エレコム「WMC-2LX-B」

エレコム「WMC-2LX-B」はフレッツ光のIPv6回線に対応しています。
e-Meshというメッシュシステムを搭載している他、MU-MIMO機能とOFDMA機能搭載により、同時に多数を接続しても安定した通信環境が手に入るでしょう。
またセキュリティ機能としてトレンドマイクロスマートホームネットワーク機能も搭載しています。
ご家庭でも安心して使えるでしょう。
参考価格は¥29,414円(税込)です。

6:Google「Google Nest Wifi GA00822-JP」

Google「Google Nest Wifi GA00822-JP」はルーターと拡張ポイントをセット使用することで、最大約210平方メートルをカバーします。
ルーター1台でも約120平方メートル、ルーターと拡張ポイント2つのセットでは最大約300平方メートルという広さに対応できるでしょう。
丸みのあるフォルムが可愛く、部屋にマッチします。
7:バッファロー「WTR-M2133HS/E2S」

すでにWi-Fiルーターを使っていて、メッシュ機能つきに切り替えたい場合には、引っ越し機能に対応したバッファロー「WTR-M2133HS/E2S」を選択すると便利でしょう。
部屋の数、広さにより親機のみから親機と専用中継機の組み合わせで対応可能です。
スマホアプリで設定可能な他、接続状況の確認も簡単にできます。
参考価格は¥38,276円(税込)となっています。

最適なルーターを選んでWi-Fi環境を快適にしよう


テレワークの普及やネットの普及により、インターネットは今や私たちの生活とは切り離せないものとなってきました。
しかしそんなインターネットも、便利に使える場合とそうではない場合があります。
自宅で高速かつ安全な通信環境を構築するには、ネットワーク機器であるWi-Fi選びが大切です。
自分が欲しい機能を搭載し、自分が使いたい範囲に対応したWi-Fiルーターを選んで、自宅の通信環境を調えましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

Wi-Fiルーターとは?【種類別】Wi-Fiルーターのおすすめ理由14選... Wi-Fiルーターとは Wi-Fiルーターとは、パソコンやスマホなどのデバイスをインターネットに無線で接続するための通信機器のことです。Wi-FiルーターはLANケーブルでつなぐ必要がないため、工事をする手間がありません。 また固定回線を使用して通信を行うため、速度が安定しているのも特徴...
Wi-Fi中継機のおすすめ12選|中継機を選ぶ時のポイントも解説... Wi-Fi中継機とは? Wi-Fi中継機とはWi-Fiの電波を強化し、ネットワーク環境を維持できるようにするものです。Wi-Fiルーターとパソコンの距離が遠い場合や電波が弱い場合など、安定した通信が難しいケースがありますが、Wi-Fi中継器を利用することでネットワークを強化して通信速度をアップ...