アパレル業界に変革をもたらすファッションテックとは?主な種類や事例を紹介

アパレル業界に変革をもたらすファッションテックとは?主な種類や事例を紹介のアイキャッチイメージ

ファッションテックとは?


ファッションテックとは、「ファッション」と「テクノロジー」を組み合わせた造語です。
デジタル技術を活用して新しい商品やサービスを生み出すことで、ファッション業界の活性化を目的としています。
ファッションテックによってファッション分野に新しいテクノロジーを導入することで、生産性を向上させたり製品やサービスの付加価値を高めたりすることが可能になります。

ファッションテックの変遷

これまでアパレルは実際に店舗に行って購入するものでした。
しかしファッションテックによって、アパレル業界でテクノロジーが利用されるようになったことで、従来であればデザインや素材のみだったアパレルに「機能」という要素が加わり、インターネット上でも3D試着して購入する事が可能になりました。
ファッションテックはアパレル業界に大きな影響を与えたと言えるでしょう。

ファッションテックの事例15選


近年ではさまざまなファッションテックが生まれ、アパレル業界を進化させています。
実際に企業が展開しているファッションテックにはどのようなものがあるのでしょうか。
ここではファッションテックの事例15選を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:メチャカリ

メチャカリは月額制で新品の服を借りられるサブスクリプションサービスです。
届いた服はクリーニングせずに返却でき、借りた服を返すことで翌月も好きなだけ服を借りることができます。
メチャカリの登場により、服は買わずに借りるという新しいファッション形態が生まれました。

2:ユナイテッド・アローズ

セレクトショップのユナイテッド・アローズの通販サイトでは、自社が扱っているブランドのあらゆる商品をまとめて掲載しています。
カテゴリー別で絞り込みができるため、実店舗よりも目的の商品を探しやすく、新しい買い物体験ができます。

3:Project Jacquard(Google)

「Project Jacquard」とはLevi’sとGoogleの協業プロジェクトです。
ジャケットの袖部分にウェアラブル端末が装着されており、簡単にスマートフォンの操作ができます。

4:House or Innovation(Nike)

Nikeが提供している「House or Innovation」とは、店舗でもECサイトでも自分好みにカスタマイズしたスニーカーを購入できるファッションテックサービスです。
日本国内はECサイトのみですが、画面上に出てくるパーツを好きに選んでカスタマイズできます。

5:GUCCI DIY

GUCCIが提供している「GUCCI DIY」とは、GUCCIの製品をカスタマイズできるファッションテックサービスです。
これまでは完成品しか購入できませんでしたが、GUCCI DIYでは自分のイニシャルなどをアルファベットに組み込むなど自分好みにカスタマイズできます。
現在ECサイト上では、バッグや財布のみ対象となっています。

6:GAP:Dressing Room

GAPが提供していた「GAP:Dressing Room」というファッションテックとは、3D試着アプリです。
身体のサイズを入力すると自分の身体に合ったマネキンがアプリ上に表示され、マネキンに試着させることで購入を検討している服の丈やシルエットを確認できます。

7:Focals(North)

カナダのNorthが開発した「Focals」とは、テクノロジーを活用したオシャレなスマートグラスです。
高いデザイン性と機能性を両立しており、スマートフォンと連携することでレンズにニュースや通知、天気予報などを表示できます。
また、普通の眼鏡のように度が入ったレンズを入れられます。

8:スマートウォッチ(FOSSIL)

アメリカの時計ブランド「FOSSIL」ではさまざまなスマートウォッチの開発を行っています。
文字盤がタッチパネルになっているタイプや、アナログ時計の針や文字盤などはそのままに、心拍センサーなどの技術が組み込まれているタイプもあります。

9:sitateru CSTM

sitateru CSTMとはユニフォームのカスタムオーダーサービスです。
デザイナーが企画したユニフォームを、ホテルや飲食店、ショップなどのイメージやコンセプトに合わせて、最適なコーディネート&カスタマイズできます。

10:unisize

unisizeとはオンライン上でフィッティングできるサイズレコメンドシステムです。
身長や体重などの簡単な質問に回答するだけで自分のサイズがわかり、ECサイトで服を購入する際に役立つファッションテックとなっています。
また、ECサイトでの購入履歴や持っている洋服のサイズを採寸して比較することもできます。

11:airCloset

airClosetは月額制で洋服をレンタルできるファッションレンタルサービスです。
働く女性や子どものいる女性を対象に、手間をかけずにファッションを楽しめるタイムパフォーマンスを重視しています。
スタイリストが一人ひとりのためにコーディネートしたファッションが楽しめるサービスです。

12:Bodygram

Bodygramとは、スマートフォンのカメラで身体の写真を2枚撮影し、年齢や体重などの情報を入力するだけで身体のサイズを採寸できるサービスです。
現在さまざまなアパレル企業がBodygramのテクノロジーを利用し、自社アプリでも採寸結果にマッチした服を購入できるようなサービスを提供しています。

13:ZOZOSUIT(スタートトゥデイ)

ZOZOSUITは身体のサイズを測るセンサーを内蔵したボディスーツです。
採寸によって得られた体系のデータをマスカスタマイゼーションに活用し、個人個人のサイズに適したサイズや仕様の製品を、既成品と同等のリーズナブルな価格帯で提供することを目指しています。

14:PASHALY(サイジニア)

欲しいファッションの写真をアップするだけでAIが写真内のアイテムを分類し、類似アイテムを薦めてくれるアプリです。
画像解析技術によって実現された機能ですが、似たような趣味を持つコミュニティを導き出すことで潜在ニーズに適合するファッションを薦めてくれる機能もあり、画像解析以外の部分も充実しています。

15:みまもりタグ(ALSOK)

認知症患者が出歩いて行方不明にならないように、位置履歴データを把握できるサービスです。
ALSOKと介護靴メーカーの徳武産業が連携し、「みまもりタグ」を内蔵した「みまもりタグ専用靴」が開発されています。

ファッションテックの主な種類4つ


ファッションテックとひと口に言っても、大きく分けてBtoBとBtoC、さらにいくつかのカテゴリーに分けることができます。
ここではファッションテックの主な種類を紹介していきます。

1:バーチャルスタイリスト

バーチャルスタイリストとはBtoCのファッションテックで、ECサイトやSNSなどのオンライン上でプロのスタイリストからアドバイスやスタイリングの提案を受けられるというものです。
近年ではショップ店員やスタイリストなどのコーディネートがSNS上に多く掲載されており、スタイリングの参考にできます。

2:バーチャルフィッティング

バーチャルフィッティングとはBtoCのファッションテックで、これまでは実店舗でしかできなかった試着をバーチャル上で行うサービスです。
サービスによって細かい点は異なりますが、自分サイズのマネキンなどをアプリ上に作成し、購入を検討している服を試着してサイズ感を確かめることができます。

3:クロージングサブスクリプション

クロージングサブスクリプションとはBtoCのファッションテックで、毎月固定の金額を支払うことで好きな服やアクセサリーをレンタルできるサブスクリプションサービスです。
近年さまざまな業界で注目されているサービスで、「Laxus」や「メチャカリ」などがあります。

4:デジタルファブリケーション

デジタルファブリケーションとはBtoBのファッションテックで、生産ロットの制限を受けずにファブリックが生産できるデジタルプリントなどが代表的です。
デジタル技術を活用したデジタルファブリケーションによって、商品ロスの削減や企業負担の軽減にもつながります。

ファッションテックの課題と将来像


アパレル業界では規格品を大量に生産していましたが、見込みが外れた場合は在庫を抱えることになります。
在庫解消のために値引きセール等が行われることもありますが、それによって価格への信頼性が減少してしまうと「本来安いものを高く売ろうとしているのでは?」という消費者の疑念を生んでしまうかもしれません。
しかし、将来的にファッションテックが発展すれば、個人の体型や好みに対応した製品を適切な量だけ生産することが可能になると期待されています。
これが実現できれば廃棄や不良在庫が少なくなるため経営の効率化が図れます。
また、消費者にとってもまるで一点物のようなファッションを既成品と同様の価格で手に入れられるのは大きなメリットです。
そのような将来を実現するために、ファッションテック分野で解決しなければならない課題があります。
具体的には人材の育成やデータの利用・活用の方法、そして顧客へのソリューションの提供及びビジネスモデル化だと言われています。

ファッションテックについて理解を深めよう


ファッションテックによってファッション業界は従来のあり方から大きく変わるとされています。
ファッションテックに関わる場合は成功事例や今後の展望などをしっかりと押さえておくことをおすすめします。
※削除してください
とはとはとはとはとはとはとはとはとはとはとはとは
ファッションテックファッションテックファッションテックファッションテック

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。