【5Gのサービス開始はいつ?】携帯電話各社の今後の計画や投資額をご紹介

【5Gのサービス開始はいつ?】携帯電話各社の今後の計画や投資額をご紹介のアイキャッチイメージ

次世代の通信システムとしてさまざまな期待をされている5G。
今回は大手携帯電話各社の今後の計画や動向、投資額などについてご紹介します。

携帯各社の5Gサービス開始時期は?

5Gサービス開始の上で関心が高いのが、携帯電話各社のサービス開始時期ではないでしょうか。
大手携帯各社が発表している5Gのサービス開始時期は以下のようになっています。

NTTドコモ

2019年9月20日より5Gのプレサービスが開始します。
本格的なサービス開始時期は2020年春と発表されています。

周波数帯域幅
① 3.7GHz帯及び4.5GHz帯
200MHz(2枠)
② 28GHz帯
400MHz(1枠)

KDDI

2020年3月よりサービスが開始されます。

周波数帯域幅
① 3.7GHz帯及び4.5GHz帯
200MHz(2枠)
② 28GHz帯
400MHz(1枠)

ソフトバンク

2020年3月頃よりサービスが開始されます。

周波数帯域幅(希望枠数)
① 3.7GHz帯及び4.5GHz帯
100MHz(1枠)
② 28GHz帯
400MHz(1枠)

楽天モバイル

2020年6月頃よりサービスが開始されます。

希望周波数帯域幅
① 3.7GHz帯及び4.5GHz帯
200MHz(1枠)
② 28GHz帯
400MHz(1枠)

周波数の割り当てで何が変わる?

2019年4月10日に総務省は、5Gの周波数帯を各社に割り当てています。
現在使われている4Gでは3.6GHz帯以下なのに対し、28GHz帯が使われることによって高速で大容量な通信が可能になるのです。

出典元:総合通信基盤局「第5世代移動通信システム(5G)の導入のための特定基地局の開設計画の認定(概要)」平成31年4月

出典元:au「5Gの周波数の割り当て」で何ができるようになる?

5Gの各社の投資額や基盤展開率について

【5Gのサービス開始はいつ?】携帯電話各社の今後の計画や投資額をご紹介のイメージ

総合通信基盤局による「第5世代移動通信システム(5 G)の導入のための特定基地局の開設計画の認定(概要)」によると、設備投資額や基盤展開率は以下のようになっています。

NTTドコモ

特定基地局などの設備投資額 約7,950億円
5G基盤展開率 97.0%(全国)

KDDI

特定基地局などの設備投資額 約4,667憶円
5G基盤展開率 93.2%(全国)

ソフトバンク

特定基地局などの設備投資額 約2,061憶円
5G基盤展開率 64.0%(全国)

楽天モバイル

特定基地局などの設備投資額 約1,946憶円
5G基盤展開率 56.1%(全国)

5Gの基盤展開率とは?

5Gの電波を出すには、「5G高度特定基地局」と「特定基地局」の2つが必要とされています。
10Gビット/秒程度の回線を持つエリアの基盤となるのがこの5G高度特定基地局で、ここから特定基地局をどんどんつなげていくことでエリアが広がっていきます。
総務省では今回、5Gのエリア展開をこの「基盤展開率」で評価しており、各社の計画が周波数の割り当てにも影響しています。

出典元:総合通信基盤局「第5世代移動通信システム(5G)の導入のための特定基地局の開設計画の認定(概要)」平成31年4月

まとめ

2020年に本格的にサービスを開始する5Gにより、現在では難しい新しいサービスが実現するとされています。
今後も5Gの動向から目が離せない展開になりそうです。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。