「電源設計」はインフラエンジニアの重要な業務の1つ。その基本とは

「電源設計」はインフラエンジニアの重要な業務の1つ。その基本とはのアイキャッチイメージ

電源設計とはその名の取り、電源システムを設計する業務のことを指します。電源設計は、進歩し続ける電子機器の開発の上でとても重要な業務となっています。
本記事では電源設計の基本について紹介します。

電源設計に求められるもの

近年電子機器は進化し続けています。
そのため電気機器を開発する上で、電源設計はますます重要な面を占めるとされます。
特に課題となっているのが、開発中の電源システムの仕様変更です。
仕様を変更すると、予定通りにプロジェクトを進めるのが難しくなります。
そのためインフラエンジニアにとっての課題は技術的な問題でなく、変更に対応することともいえます。
仕様変更はほとんどのエンジニアが避けがたいものとされています。
たとえばプロジェクトを始める際に正確な電源仕様が分かっていないと、スペース制限や負荷の変更で放熱設計などに制限があることも多いです。
しかしあとから外部市場や競争勢力などが入ってくることにより、仕様が変更される場合もあります。
このように仕様の変更が避けられない場合、エンジニアは変更に伴う影響を軽減する戦略を練らなくてはいけません。
そのため電源設計には技術はもちろん、柔軟な思考も求められているといえます。

電源設計の概要

電子機器の進化とともに、小型化・高密度化も進んでいます。
それに伴い消費電力も増えるため、電源音量設計はますます重要性が高まっているといえます。
まず自社の製品がどのくらいの電源を必要としているかを正確に知らなければ、正しい設計はできません。
またデータセンターやサーバールームなどの安全性も確保できなくなります。
足りないのはもちろん、多く見積もっても過剰な電源設備が増え、コストも増大してしまいます。
そのためまずは適切な電力消費量を知る必要があります。
一般的な住宅なオフィスの設備は、使用頻度や電力のピーク値をある程度創造できます。
しかし工場などはさまざまな生産機器が稼働しており、時間が状況によって刻一刻と状態が変化しています。
また移設や増設なども行われるため、最初に設計した電源回路と異なることも多いです。
その場合はカタログ値から電力を計算するだけでなく、実際の稼働状況を考慮して設備容量を決めなくてはいけません。
さらに末端の分岐回路のことも考え、バランスを整えることが大切です。

電源設計を極めよう

電子機器が進化するとともに、電源設計の重要性も増しています。
それはすなわち、インフラエンジニアの重要性も増しているということです。
電源設計はさまざまな課題に直面することの多い業務ですが、それを柔軟に受け止める思考力も重要といえます。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

ネットワークエンジニアに役立つソフトツール18選!使うべきアイテムとは... ネットワークエンジニアの仕事に役立つツールとは ネットワークエンジニアの仕事としては、ネットワークコマンドの実行やサーバ接続などが挙げられますが、これらはツールを使用することで効率化することが可能です。 ここでは、ネットワークエンジニアの仕事に役立つツール18個を紹介します。ネットワーク...
サーバ構築をマスターする!ラッキングと配線のコツとは?... サーバエンジニアとして仕事をするのであれば、サーバ構築をマスターしなければいけません。 ここでは、サーバ構築の流れおよびラッキングと配線のポイントについてまとめました。 効率よくスムーズに作業を行うためにも、サーバ構築を行う際にはぜひ確認してください。 エンジニアが知っておくべきサーバ構築の流...
インフラ保守・運用の仕事内容とは?必要な知識とスキル5選を紹介... インフラ保守・運用業務とは? 「インフラエンジニア」は、情報の受け渡しや保管を行うサーバーや、情報をやりとりするネットワークなど、情報技術を成立させるための基礎・基盤であるインフラを支えるエンジニアのことです。 インフラエンジニアの仕事内容には、ITインフラの設計構築とインフラの保守・運...
インフラエンジニアが知っておきたい、電源設計で発生する「仕様変更」の課題と原因... 電源設計は、電子機器を開発する上で重要な工程です。しかし電源設計には「仕様変更」という課題がつきものです。 ここでは電源設計時に発生する仕様変更の原因と課題についてご紹介します。 仕様変更の原因とは 電源設計は電子機器の開発において必要不可欠な工程です。 しかしたびたび仕様変更に見舞われ...