エンジニアの転職を支援するFEnetインフラのテックブログ。ネットワークなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. FEnetインフラ
  2. FEnetテックマガジン
  3. エンジニア
  4. Webの技術をIoTに応用!?IoTの普及はWoT(Web of Things)がカギを握る?

Webの技術をIoTに応用!?IoTの普及はWoT(Web of Things)がカギを握る?

  • エンジニア
  • テクノロジー
  • ニュース
公開日時:   更新日時:
Webの技術をIoTに応用!?IoTの普及はWoT(Web of Things)がカギを握る?
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    IoTはInternet of Thingsの略で、様々なモノとインターネットを接続してお互いに情報交換・制御する仕組みのことをいいます。
    そして、IoTの普及のために現在注目されているのがWoT(Web of Things)です。
    ここでは、IoTの問題点およびWebの技術を使ったIoTについてみていきましょう。

    IoTは企業ごとに仕様がバラバラ

    IoTのメリットは、モノとインターネットをつなぐことでより便利な生活を実現できるということです。
    家の鍵を遠隔操作できる、空調の電源を家にいなくても設定できるなどはIoTの一例です。
    しかし、IoTの仕様は各企業によってバラバラなため、情報が共有できないことが問題となっています。
    例えば、各企業が使用しているHome Automation向けプラットフォームは以下の通りです。

    OpenHAB 18%
    Custom framework/platform 16%
    Eclipse SmartHome 13%
    Google Nest 9%

    また、使用されているIoT向けプログラミング言語にも多くの種類があります。

    Java 51.9%
    C 47.7%
    Java Script 41.8%
    Python 37.9%
    C++ 33.6%
    Node.js 31.5%

    このように仕様が異なると、データ共有することができません。
    さらにIoTが進めば進むほど開発人員を増やさなければいけないため、開発コストがかかるのもデメリットです。
    開発費用が高すぎると製品の値段も必然的に高くなるため、結果的に一般人には普及しないという結果になってしまいかねません。
    IoT普及のためには、これらの問題点を一つずつクリアしていく必要があるといえるでしょう。

    Webの技術を使ったIoT

    IoTのデメリットを解消して普及を進めるために必要だと考えられているのが、WoTです。
    WoTとはWeb of Thingsのことで、Webのオープン標準技術をIoT製品に応用させることをいいます。
    これによって、異なるプラットフォーム間でもデータ共有が可能になるといえるでしょう。
    それに伴い、複数の企業による大きなエコシステムを作ることも可能になります。
    さらにWebの技術を駆使すれば一からプログラミングや開発をする必要がなくなり、開発のための技術者の確保も容易になります。
    そのため、IoTの開発コストを大幅に削減できる可能性があるといえるでしょう。
    低コストかつスピーディーな開発が可能になればIoT製品の値段も下がり、結果として企業はもちろんのこと、一般人への普及も進みやすくなるといえるのではないでしょうか。

    WoT(Web of Things)でさらに進化するIoT

    私たちの生活を豊かにしてくれるIoTですが、普及を進めるためにはいくつかの問題点があります。
    そして、それを解決してくれるのがWoT(Web of Things)です。
    Webを利用したIoT開発が進み日々の生活がIoT製品で溢れる将来が来るのは、実はそう遠くはないかもしれません。

    ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

    FEnet経験者優遇! 最短10秒!

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job

    人気記事Popular Posts