【無線を扱うエンジニアは要注意】日本の無線機器の認証「技適マーク」とは何か

【無線を扱うエンジニアは要注意】日本の無線機器の認証「技適マーク」とは何かのアイキャッチイメージ

日本の無線機器には「技適マーク」が定められていることはご存知でしょうか。普段からガジェットなどにアンテナを張っている人にとっては常識かもしれませんが、一般的にはあまり耳なじみがない言葉ではないでしょうか。今回は、そのような技適マークの基礎知識についてご紹介します。

技適マークは日本で電波が使えるお墨付き

技適マークは、電波や周波数の不正な利用を防ぐために総務省が定めている「特定無線設備の技術基準適合証明等」のことです。電波は周波数帯ごとに使う用途が決められており、日本においてはその管理を総務省がしています。
無線機器にはスマートフォン、ラジオ、携帯電話のほか、タクシー用の業務用無線やラジコンの操縦機なども当てはまります。
そのほか、通信用のSIMがないパソコンであっても、Wi-FiやBluetooth機能がついていれば無線設備に該当するので注意が必要です。

とはいえ、日本で製造・販売されている無線機器のほとんどに技適マークがついているので普段の買い物で意識する必要性はそこまで高くありません。
注意すべきなのは、海外で製造・販売されている無線機器を日本国内で使用するときです。次で詳細に説明します。

違反した場合の罰則はあるのか?

【無線を扱うエンジニアは要注意】日本の無線機器の認証「技適マーク」とは何かのイメージ

海外製のスマホやパソコンなどを購入する際は、事前に「製品名+技適」と検索して技適マークを取得しているかを確認しておくことをおすすめします。
時に日本であまり流通していない機種の場合、認証の申請を出していないケースも想定されます。

技適マークがない無線設備を使用していると「電波法違反」になる可能性があります。その場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金の対象になりますので注意が必要です。
手元にある無線機の技適マークを確認する際は、まずは無線機の裏側などを確認しましょう。据え置き型の機器は底面、携帯電話やスマホは内臓のバッテリーを取り外した裏側などに示されていることが多いです。

無線機器はルールに従って使用しましょう

技適マークが付いていない機器を使うことで他の電波利用者の迷惑になるばかりではなく、時には大きな社会的混乱を招いてしまうリスクが伴います。海外で購入したスマホなどを国内で使う場合は、必ず事前に「技適マーク」の有無を確認するように気を付けましょう。

合わせて読みたい

来る5G時代にネットワークエンジニアが身に付けるべき技術とは【無線LAN】... 新しい通信方式である5Gのサービス開始が目前に迫っています。 今後普及が予測される5Gを前に、ネットワークエンジニアはどんな技術を身に付ければ良いのでしょうか。 この記事では5G時代にネットワークエンジニアが身に付けておくべき技術を紹介します。 ローカル5Gの普及で無線シフトが起きる!? ...
Wireless(無線) Wireless(無線)とは? Wireless(無線)とは、線(LANケーブル)を使わずに、電波や赤外線、可視光線などの電磁波を用いて行う通信・放送のことです。対義語は有線(Wired)。 従来のインターネット通信 従来インターネットを使うためには、ルーターとパソコンをLANケーブルで接続す...
無線の高速化技術OFDMとは何か?特徴と欠点をご紹介... OFDMとは変調方式のひとつで、無線LANやADSLなどさまざまな分野で利用されています。 どんな特徴があるのか、欠点は何かなどOFDMについてご紹介します。 OFDMの特徴 OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)とは、直訳すると直交 ...
今主流のWi-Fiセキュリティ。WPAとWPA2とは何か?... 近年、フリーWi-Fiのセキュリティが問題になるなど、Wi-Fiにおいてもセキュリティの注目度が上がっています。 今回はWPAとWPA2の違いや無線LANセキュリティのモードなどについてご紹介します。 Wi-Fiにも使われるWPAとWPA2 2019年現在、Wi-Fiのセキュリティで主に使...
【Wi-Fiのセキュリティに必須のWPA】最新のWPA3の機能や脆弱性について... 2018年6月にそれまで10年以上、IT業界を始めとする各企業に採用されていたセキュリティ規格「WPA2」の後継であるWPA3がリリースされました。それから約1年(2019年7月時点)経ち、WPA3の利便性と弱点、それに対するアップデートなど様々な動向が現れています。今回はそれらの動きをまとめてご紹...