Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

Javaの勉強会へ参加するメリット6選|Java学習のメリット

2020年07月20日

SE
Javaの勉強会に誘われているんですよ。

PM
他にJavaを使っている人と話すことで、新たな気づきがあるかもしれませんね。

Javaとは


インターネットが日常的に普及している現代において、誰もが一度は目にしたことがあるであろう単語『Java』について今回は紹介していきます。
1990年代前半にアメリカの企業、サン・マイクロシステムズ社によって開発され、今日に至るまで様々な進化を遂げ、世界規模で人気を博しています。
2000年に入り、本格的に業務システムの開発に使われるようになりました。今もなお、多くのエンジニアに支持され続けているプログラミング言語です。
さて、皆さんがこれからプログラミングを学ぼうとする中で、一体このJavaとは学習することでどのようなメリットがあるのかご説明していきます。
また実際にどのようなソフトウェアやシステムで使用されているのかといった活用方法など、そもそもよくわからないといった方も少なくないのではないでしょうか。
Javaで開発されたものは、現代社会や私達の身の周りの生活において、幅広く浸透しています。そんなJavaについて基礎から学ぶために有効な手段とは一体なんでしょうか。

Javaの勉強会とは


現在Javaの勉強をされている方の中で、独学をされている方は少なくないのではないでしょうか。一人で勉強をしていると、時には解決できない問題が生じ、勉強の手が止まってしまうといったこともあるのではないでしょうか。
Java勉強会は、勉強で行き詰った時にプロや同じ志を持った仲間と一緒に学ぶことができる集いです。勉強会に参加することで得られる様々なメリットがあります。

Javaの勉強会に参加するメリット6選

ここではJavaの勉強会に参加するメリットについてご紹介していきます。今後Javaを学んでいきたいと考えているかたは、ぜひ参考にしてください。

Java勉強会メリット1:プロにアドバイスがもらえる

Javaの勉強会は参加することで、自分の疑問点をプロに教えてもらえるため、独学よりもダイレクトに多くの学びを得ることができます。
勉強会で直接話すことや質問をすることで、参加者との交流を深めたり、様々な意見交換をすることもできます。

Java勉強会メリット2:人脈が広がる

Java勉強会に参加することで、多くの人々と出会い、仲間を作ることができます。勉強を通して実際に交流することで、一人で勉強をして解決できなかった問題も、仲間と一緒に解決することで、問題の早期解決に繋がりますし、楽しく学習することも覚えます。
このように勉強会の参加を機に人脈を広げておくことで、将来の就職や転職などに有利に働く事も考えられます。

Java勉強会のメリット3:プログラミングへのモチベーションが維持できる

Java勉強会は、プログラミングという同じ分野の学習に興味のある仲間が集まり、質問や相談といった会話を交わしながら学習することができます。勉強会に参加することで日々の勉強疲れの息抜きにもなり、楽しみながら知識を得ることができます。
プログラミング学習へのモチベーションを維持するためにも、勉強会を活用することは大いにおすすめです。
また、仲間同士で切磋琢磨することにより、独学では培えなかった学びに対する向上心を持つ事も期待できます。

Java勉強会メリット4:初心者や学生向け・子供向けのイベントも開催されている

Javaの勉強会の中には、初心者や学生向け、あるいは子供向けと、習得レベルや年齢などを問わず、興味を持ったあらゆる方々が参加できる、様々なイベントが開催されています。
勉強会は全く初めての方でも気軽に参加できるといったメリットがあります。

Java勉強会メリット5:無料や低価格のイベントが多い

Javaを習得したいという方の中に、Java勉強会の参加費用のご心配をされている方もいらっしゃると思います。
しかしJava勉強会は、無料や低価格のイベントも全国各地で多数開催されているので、プログラミング初心者でも、全く触れたことがない方でも、興味を持った時点でどなたでも気軽に参加することが可能です。

Java勉強会メリット6:全国のイベントが告知されている勉強会も多数ある

Java勉強会は、東京を中心に連日全国各地で多数イベントを実施しています。
その他大阪、名古屋、福岡など全国の主要都市で特に週末には多くの勉強会が開催されています。

【初心者】Javaを学習するメリット6選

IT開発システムは、様々な分野に分類されています。
そのあらゆる分野でJavaは多く活用されています。Javaを活用すると、活躍できる範囲が広がることに繋がっていきます。この観点から見た、Javaを学習することによって得られるメリットをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

Javaを学習するメリット1:多くの開発現場で使われている

Javaは、汎用性の高さと柔軟性から、非常に多くの分野で活用されています。製造業や小売業、金融・保険業、情報通信業、建設業、教育や学習支援などにおいても採用され、業種を問わず、数多くの開発事例があります。
またWebシステムからスマートフォンのアプリまで様々なものを作ることができます。
Web開発を行う人にとっては習得不可欠と言われています。

Javaを学習するメリット2:プロジェクト開発に向いている

Javaは、オブジェクト指向型により、大規模な開発をすることに非常に適したプログラミング言語です。
大人数での開発では、役割分担を細分化してオブジェクト指向で部品を組み立てるようにシステム構築していくことが可能です。
大規模なシステムであればなお、javaの利用頻度が高くなるため、将来的に見ても大規模開発には主にJavaが用いられ続けていくことが予想されます。

Javaを学習するメリット3:プラットフォームに依存することなく動作する

Javaは汎用性が高く、コンピュータのOSに依存しないという特徴があります。どんなプラットホームでも動くので、Webシステムからスマートフォンのアプリまで様々なものを作ることができます。

Javaを学習するメリット4:Javaを習得することは就職にも有利

Javaは、私たちの生活の中で、様々な業界のいろいろな製品に使われています。幅広い需要があるため、Javaプログラマーは常に必要な人材であり、仕事の募集も大変多いです。
つまりJavaを習得することで、就職や転職に非常に有利に働きます。もちろんフリーランスを目指している方にも同様にJavaの習得はおすすめです。

Javaを学習するメリット5:プログラミングの基礎が学べる言語

Javaはプログラミングにおいて、非常に汎用性が高い言語であるため、Javaは習得するのに比較的困難なプログラミング言語であるといいますが、一度覚えてしまえば、様々なプログラミング言語に応用できるような基礎も学ぶことができます。

Javaを学習するメリット6:他言語の学習にも活用できる

Javaは習得するのに難しい言語だといわれる一方で、一度Javaを習得すれば他のプログラミング言語の理解が容易に感じられるかもしれません。その点で基礎理解に役立つと言うことは、非常に魅力的な点でもあります。

SE
特に独学している人にとっては、仲間やライバルに会うことで刺激になる気がします。

PM
会社では聞けないことも、Javaを勉強している同列の人には相談しやすいでしょうね。

Java勉強会に参加してみよう

いかがでしたでしょうか。Java勉強会は意外と気軽に参加できることや、同じ志を持った仲間とともに勉強することで、独学では決して成し得ない、多くのメリットが得られることがお分かり頂けたのではないかと思います。
オンライン学習が普及しつつある昨今においても、人と人とが直接会って交流するといった機会はとても大切です。パーソナルスペースを飛び出して、皆さんもいざJava勉強会参加へと一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags