Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

Javaの案件の相場はいくら?稼ぐために必要なポイント3つ

 
Javaの案件の相場はいくら?稼ぐために必要なポイント3つ
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnet メールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

SE
Java案件の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

PM
相場は50万円〜70万円ほどなので、他言語と比べると比較的高単価です。

Javaとは

Javaとは、さまざまな分野で人気の高いオブジェクト指向プログラミング言語の1つです。強力な安全保障を機構しており、ネットワーク関連の豊富な機能が標準機能として用意されています。ネットワーク環境で利用されることを目的とした仕様になっています。C言語に似た表記法を採用していますが、過去の言語の仕様を受け継がず新たに設計されており、言語仕様が整理されている点がJavaの特徴です。減少傾向にはありますが、副業を始めた方の中にはJavaを勉強し始めたという方もいるでしょう。

Javaを扱う仕事内容

Javaを使う機会がとても多いのはWEBアプリケーションの開発です。Javaを扱う仕事内容は、スマホアプリやネットショッピングサイト、SNSなどのインターネット上で使えるシステム、つまりWEBアプリケーションなどがあります。求人情報も豊富でJavaプログラマーは需要がとても高いです。Javaを使うことができればWEB業界にもスマホ業界にも行ける可能性があります。

Javaの案件の相場は?

Javaの案件の相場は50万円〜70万円です。経験年数にもよりますが、Javaの案件の相場は、他言語と比べると比較的高単価です。また、Javaの中でも、基幹系、android系でそれぞれ単価相場は異なります。当たり前ですが、経験年数が上がるにつれて案件の単価も相当上昇しています。Webフロントサイドの開発言語であるJavaScriptやHTML5などのインタプリタ言語はプログラム言語としては難易度が高くないことと、活躍の場が特定されてしまうためJavaに比べると安価となっています。

在宅(リモート)案件の平均単価は

在宅(リモート)案件の平均単価は55万円です。企業から直請けで高単価な案件を受注しているレバテックフリーランスのような働き方を考えている方は、フルリモートで働ける案件を探すようにしましょう。この場合、平均年収は一般的に800万円前後といわれています。また、中には月収100万円前後、年収1000万円以上という案件もあります。

常駐の案件の平均単価は

常駐の案件の平均単価は70万円です。在宅ワークの主なメリットは職場まで出勤せずに済むことです。自分で仕事の管理を行わなければなりませんが、プライベートを重視したいという方には最適な働き方です。しかし常駐型の案件は少ないのが実情です。常駐の案件の平均単価は70万円と安くはありませんが、レバテックフリーランスを利用するのなら、まずは常駐案件でエージェントや常駐先企業との信頼関係を構築していくことからはじめましょう。

Java案件は稼ぐことができるのか?

Java案件は実績のある方や高いスキルを持っている方ほど高い報酬を稼げます。フリーランスで働く場合、即戦力を必要とされるのが一般的です。そのためエンジニア未経験の方がフリーランスとしていきなり高額な報酬を稼ぎ出すのは厳しいと言わざるを得ません。確実にエンジニアとしてのスキルを身につけて実績を積みあげて、それからフリーランスを目指すように準備することをおすすめします。

Java案件で稼ぐために必要なポイント

Java案件で稼ぐために必要なポイントは、自分自身の価値を高めることです。自分自身を高めるには、高い評価を得るプログラマーになること、選ばれるプログラマーになることがとても大切になります。そのためには、業界のニーズをつかむことが最低条件で、そのニーズに対してどう応えていくかをまずは考えましょう。Javaという言語自体が業界の標準的な技術として浸透したことにより、「ただJavaが使えるだけのエンジニア」は価値が無いとみなされているといっても過言ではありません。

ポイント1:「Oracle認定Java資格」を取得する

Java案件で稼ぐために必要なポイント1は、「Oracle認定Java資格」を取得することです。リニューアルが行われたOracle認定Java資格は、知識が問われることに加えて、実践的な応用力が問われるようになっています。それにより、実務経験豊富なプログラマーでも合格することが難しいです。試験内容はコードを見て解くものばかりですので、普段からたくさんのコードを読み慣れていないと実際の試験でも正確に読み解くことは難しいです。

ポイント2:「ITエンジニアが独立して成功する本」を読み込む

Java案件で稼ぐために必要なポイント2は、「ITエンジニアが独立して成功する本」を読み込むことです。「ITエンジニアが独立して成功する本」は、この先独立して、フリーランスエンジニアとしての生活を継続させるために必要な知識が詰め込まれている1冊です。近年、独立する人は増えている傾向にありますが、途中で失敗して挫折する人も多いのが現実です。自分のキャリアに疑問や不安を感じている方は、今を見つめなおすきっかけとなることでしょう。

ポイント3:「J2EEE/オブジェクト指向の知識」を磨く

Java案件で稼ぐために必要なポイント3は、「J2EEE/オブジェクト指向の知識」を磨くことです。業界全体が必要としているJavaエンジニアは、「全体設計ができるアーキテクト」「プロジェクトを統括するプロジェクトマネージャー」「実装するプログラマー」の3つを兼ね備えている人です。3つのポジション全てに共通して求められるのは「J2EEE/オブジェクト指向の知識」があることと、各ポジションにおける豊富な実務経験があることです。業務や業界知識に精通したノウハウがあるプログラマーは引く手あまたの最強の稼ぎ頭となるでしょう。

Javaの将来性と今後

Javaは人気のある言語ですが、Javaエンジニアの年収はそこまで高くはありません。しかし、コーディングスキルを磨けば報酬は高くなります。まずは、クライアントや募集企業が何を求めているのかを正しく把握し、そのニーズに対して自分の経験やスキルはどう活きるのかを考えましょう。そして、「自分自身のスキルと経験のレベル」「求める方向性」「募集企業が求めるもの」この3つが合致するところを狙っていきましょう。

SE
Java案件で稼ぐためにはスキルアップが求められるのですね。

PM
そうですね。経験年数によって年収にも差が出るので、高収入を目指すならスキルアップは必須です。

Javaの案件を探すならFEnet Javaに相談

Java案件を探すなら、開発求人・案件に特化した求人や案件を紹介しているフリーランスエージェントFEnet Javaに相談することをおすすめします。FEnet.NET Naviのおすすめポイントは、「プログラマー、システムエンジニアなどの開発エンジニアに特化した求人・案件数を取り扱っている」「9割以上が大手企業の直案件へ参画している」「高単価、直請け求人・案件を豊富に保有している」「案件提案から案件紹介後まで徹底したサポートを受けることが出来る」などです。まずは、FEnet Javaに無料登録しましょう。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags