Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

Javaエンジニアに転職する際のポイント5つ!役立つスキルや資格まとめ

 
Javaエンジニアに転職する際のポイント5つ!役立つスキルや資格まとめ
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnet メールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

SE
Javaで転職するために必要なスキルはどのようなものなのでしょうか?

PM
スキルとしては、技術面だけでなくコミュニケーション能力も求められます。

Javaとは

Javaとはプログラム言語のひとつであり、業務システムやWebアプリケーション、Web開発に使われるので多くの人に使用されています。特に人気が高い理由は、さまざまなデバイスで使用できることが大きく関係しています。特にプログラムを作成するプログラマーにとっては、使えるデバイスが決められていることだけでも作業量が多くなってしまうため、作業効率をあげることができることもJavaの特徴の一つです。また、Web上で起動するアプリも作成でき、非常にWebと相性が良いプログラミング言語です。

Javaエンジニアの仕事内容と年収

Javaを扱う人材のことをJavaエンジニアと呼び、Javaのプログラミング言語を使用してさまざまなプログラムを作成します。しかし、Javaエンジニアになろうとしている人は仕事内容や平均年収を把握できていないことも多く、そのような状態で転職することは、転職に失敗するリスクが高く危険といえます。次に、Javaエンジニアの仕事内容や平均年収を紹介します。Javaエンジニアになりたい人は参考にしてください。

Javaエンジニアの仕事内容

Javaエンジニアの主な仕事内容はプログラミングすることですが、状況によりプログラムを活用する目的が異なるため、開発するプログラムの種類もいくつかに分けられます。Webアプリの開発・業務系のシステム・スマホのアプリ開発などさまざまな仕事内容に分けられているため、どれかの業務に特化したスキルがあれば転職しやすくなります。転職する企業によって仕事内容も異なるため、転職する前によく確認しておきましょう。

Javaエンジニアの平均年収

Javaエンジニアの平均年収は500~700万円といわれています。Javaは大手企業でも使用されているプログラム言語でありながら習得が難しいため、一般的なエンジニアと比べてもやや年収が高いといわれています。さらにエンジニアは、個人のスキルや経験によっても年収が大きくかわるため、日々スキルを磨くことが年収に反映される職種と考えられます。

お役立ち情報を配信中!メルマガ登録はこちら

Javaエンジニアに転職する準備5つ

Javaエンジニアは他のエンジニアと比べて年収が高く、需要もあることから、転職先として人気があります。しかし、Javaエンジニアは、さまざまなスキルが求められるため、未経験から転職しようと考えている人は入念な準備が必要となるでしょう。次に、Javaエンジニアに効率よく転職するために準備しておくといいものを5つ紹介します。Javaエンジニアに転職しようと考えている人や採用される可能性を少しでも高くしたいと考えている人は参考にしてください。

Javaエンジニアに転職する準備1:Javaを学ぶ

初心者の方は、Javaを学ぶことから始めなければならないでしょう。Javaは世界的にも活用されているプログラミング言語であるため、他のプログラミング言語と比べると参考書の種類も豊富です。しかし、初心者では参考書だけで勉強することが難しいため、勉強会に参加したり、学習サイトを利用することもおすすめします。

Javaエンジニアに転職する準備2:資格を取得する

Javaエンジニアとして転職したいのであれば、資格取得をおすすめします。資格を取得していれば、Javaを扱える人材だということが一目でわかり、面接などでアピールすることができます。Javaエンジニアになるために取得しておくとよい資格はたくさんありますが、高度IT人材になるための知識と技能を身につける「基本情報処理技術者の資格」は未経験でも取得できるのでおすすめです。「Javaプログラミング能力認定試験」は、サーティファイ株式会社が運営している国内の民間資格でJava初心者を対象とした3級から仕様書の作成や実技を行う1級まであります。

Javaエンジニアに転職する準備3:コミュニケーション能力を身につける

Javaエンジニアにとってコミュニケーション能力は必要ないと思われがちですが、コミュニケーション能力は必須と考えられます。エンジニアは打ち合わせなどを行うため、社内の人だけでなくクライアントとコミュニケーションをとることも多いです。打ち合わせでは、クライアントのニーズや要望を読み取って提案や設計を行うことが求められるため、コミュニケーション能力は重要といえます。また、社内のチームでシステムの開発などを行う場合にも、コミュニケーション能力が高ければ効率よく作業を行うことができるでしょう。コミュニケーション能力はセミナーなどに参加することで身につけることが可能です。

Javaエンジニアに転職する準備4:転職サイトを活用する

Javaエンジニアに転職する場合、転職サイトを活用することをおすすめします。転職サイトはさまざまなサービスを提供していますが、スカウト形式で転職できるサービスや相談を受けてくれるサービスもあるため、利用する転職サイト選びも重要になります。エンジニア系に特化した転職サイトを利用することで効率よく転職先を見つけることができるでしょう。

Javaエンジニアに転職する準備5:職業訓練校に通う

Javaエンジニアに転職する際に基礎知識を学ぶことができる、職業訓練学校に通うことも一つの方法です。通うためにはいくつかの条件がありますが、勉強しながら給付金をもらえるというメリットがあります。Javaエンジニアとしてのスキルが身についていない人が通うことで、さまざまな知識やスキルを身につけることができます。ゼロからJavaエンジニアを目指している人は、まず職業訓練校に通うことをおすすめします。

Javaエンジニアに転職するときに役立つスキル

Javaエンジニアに求められているスキルは技術面だけではなく、コミュニケーション能力や英語力も必要とされます。必要ないと考えられてしまうスキルではありますが、英語はプログラミングを行う際や海外の会社との取引の際、技術系の新しい情報をみる際には必須といえます。また、TOEICの得点が高い場合には、転職の際に十分なアピールポイントになるでしょう。さらに外資系の企業は国内の企業に比べ、年収が高いといわれているので転職により年収アップにつながると考えられます。学生時代の英語の教科書などで復習から始めてみましょう。

SE
Javaでの転職のポイントはたくさんあるのですね。

PM
人気のあるJavaの勉強や資格取得をして、転職につなげていきましょう。

お役立ち情報を配信中!メルマガ登録はこちら


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags