フリーエンジニアネットワーク > 年収・報酬データ

フリーエンジニアネットワークの年収・報酬データ

年収ばかりに囚われても良いエンジニア人生が送れるものではないですが、当方では一般的にイメージされるよりも高い年収、報酬を得ている方が多く、それらは実際に現場で働いている各個人のエンジニアの方自身の努力の結果でもあることから、データを公表させていただきます。

・1.年収1900万円(派遣/ネットワークエンジニア)2.年収1650万円(個人事業主/開発系エンジニア)3.年収1320万円(派遣/ネットワークエンジニア) 他、年収1,000万円以上多数

※派遣の方は運営会社(ネプラス株式会社)または子会社(ISC株式会社) 所属です。個人事業主の方は当社および当社グループからの支払い金額合計です。

傾向と対策

  • 高収入、高報酬の方の特徴として、複数の高いスキル、マネジメントスキル、顧客との良好な関係、精神的肉体的な強靭さ、を持っていることを強く感じます。また、高収入、高報酬の方の業務として、現場における新規ビジネス開拓、顧客獲得案件など売り上げに直結する案件で活躍をされている方がほとんどです。現場企業としても手放せない存在となっていることは確かです。
  • 個人事業主契約はコンプライアンスによる制限により契約できない現場が増えており、派遣契約縛りの現場が増えています。
  • 派遣エンジニアの場合、残業代支給により報酬が増えるため、繁忙期の月給が100万円を越えている例もフリーエンジニアネットワークではよくあることです。
  • よく言われるような指示待ちタイプの方や、残業が少ないほうが良いというスタンスのエンジニアは経験年数を積んでも年収が上がることは少ないことは確かです。(ただ、中には稼げなくても残業が少ないほうがよい、できる限り楽な仕事のほうがよいという方もいらっしゃいますし、そういった現場のほうが合っているという方もいらっしゃいますので一概に何が正しいかを決め付けることはできません。エンジニアの価値観も多様化しているようです。)
  • いかに高い技術力があっても、新規提案、新規顧客開拓、顧客満足度向上など、売り上げや利益につながる現実的なポイントを考慮し実践ができないとエンジニアとしての成長も頭打ちとなってしまいます。その意味では、他業種と同じく、年齢と共に技術力よりも営業力が問われるようになってきます。そこを理解して実践できるエンジニアは非常に強いと言えます。
  • 平均すれば個人事業主のほうが若干報酬は高いですが、個人事業主契約の案件は比較的短期が多いため、トータルするとどちらが有利とも言えないようです。
  • 1,000万円を超える報酬の場合、最初から1,000万円を超えるような金額で契約されていることはほぼ無く、現場での実績とともに数年かけて徐々に増えています。最初から高い金額で契約することはエンド企業から見てもリスクが高いため、当然と言えるでしょう。

フリーエンジニアネットワークを利用した就職先、転職先、派遣先の活躍先一覧

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 株式会社サイバーエージェント シスコシステムズ合同会社 ソフトバンクテクノロジー株式会社 株式会社ドワンゴ 日本オラクル株式会社 日本電気株式会社 ネットワンシステムズ株式会社 野村證券株式会社 株式会社野村総合研究所 富士通ネットワークソリューションズ株式会社 富士電機システムズ株式会社 三井情報株式会社 株式会社三菱総合研究所 楽天株式会社 KDDI株式会社 NECソフト株式会社 NECネッツエスアイ株式会社 NTTコミュニケーションズ株式会社 NTTコムソリューションズ株式会社 株式会社NTTデータ NTTドコモシステムズ株式会社 その他多数

(過去実績含 五十音順)

企業採用担当者様へ