.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. 開発環境(IDE)
  4. Visual Studio
  5. 【不具合が起きたときに】Visual Studioをアンインストールする方法

【不具合が起きたときに】Visual Studioをアンインストールする方法

  • Visual Studio
  • 開発環境(IDE)
公開日時:   更新日時:
【不具合が起きたときに】Visual Studioをアンインストールする方法
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    Visual Studioで不具合が発生したときは、一度アンインストールをすることで症状が改善されることがあります。
    ここでは、Visual Studioをアンインストールする方法と、通常の方法でアンインストールできない場合の方法を解説していきます。

    システム
    エンジニア
    Visual Studioに不具合が起きてしまったので一度アンインストールしたいのですが、どうしたら良いのでしょうか。
    プロジェクト
    マネージャー
    Visual Studioのインストーラからアンインストールすることができます。一緒にやってみましょう。

    Visual Studio のアンインストール

    1. Windowsのスタートメニューを開き、「Visual Studio Installer」を開きます
    2. ※ユーザアカウント制御の確認画面が出てきた場合は、「はい」を押してください。

      Visual Studio Installerを開く

      もしスタートメニューにインストーラが無かった場合は、以下のパスにもインストーラが存在するので確認してみましょう。

      インストーラパス:C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\vs_installer.exe

    3. 「詳細」をクリックし、「アンインストール」を選択してください
    4. アンインストール選択

    5. 確認画面が出るので、「OK」をクリックします
    6. OKをクリック

    7. アンインストールが始まるので待機します。Visual Studioのインストール画面が表示されれば、アンインストール完了です

    アンインストールできない場合

    何らかのエラーでアンインストールできない場合は、「InstallCleanup.exe」というツールを起動することで、強制的にVisual Studioを削除することができます。
    しかし、Visual Studioに関するファイルがすべて削除されてしまうため、設定内容や他のツールとの連携情報がすべてなくなります。
    そのため、前述の方法でエラーとなった場合のみ使用してください。

    InstallCleanup.exeでアンインストールする手順

    1. Visual StudioとVisual Studio Installを閉じます
    2. Windowsのスタートメニューから、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を押します
    3. ※ユーザアカウント制御の確認画面が出てきた場合は、「はい」を押してください。

      管理者として実行

    4. 管理者として実行したコマンドプロンプトで
    5. cd C:\ProgramFiles(x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\resources\app\layout
      と入力し、InstallCleanup.exeが存在するフォルダへ移動します。

      移動

    6. 「installCleanup.exe -f」と入力しましょう。するとアンインストールが開始するので、しばらく待機します
    7. アンインストール開始

    8. コマンドプロンプトが入力可能になったらアンインストールが完了です
    9. PCを再起動して、スタートメニューからVisual Studio本体がなくなっているか確認してみましょう。

    システム
    エンジニア
    InstallCleanup.exeで試してみたら、アンインストールできました!
    プロジェクト
    マネージャー
    Visual Studioの設定など、アンインストールすることでリセットされる内容があるので、その点は注意しましょう。

    Visual Studioを初期状態にしてやり直す

    Visual Studioにプラグインを導入したり、Visual Studioの何らかのファイルを編集したりした場合、エラーになることが多いようです。
    再インストールするだけで直ることもあるので、どうしても解決できないときは一度アンインストールしてみましょう。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job