.net column

.NET開発者のためのブログメディア
サーバーネットワーク

Azure SQL Databaseの自動バックアップと復旧の方法

2020年04月06日

Azure SQL Databaseには自動バックアップ機能が備わっており、設定によっては複数のリージョン(データセンターを設置している独立したエリア)から任意の時点でのデータを復旧させることができます。その際に注意しなければならないこともあるので、その点を踏まえてバックアップと復旧の方法を紹介します。

SE
Azure SQL Databaseのバックアップと復旧ってどのように行うんですか?
PL
いくつか設定や注意点があるので、そこを抑えながら概要を見ていきましょう。

Azure SQL Databaseの自動バックアップ方法

Azure SQL Databaseにおいては、デフォルトの設定で自動的なバックアップジョブが稼働しています。データベースが作成された時点で、初回のバックアップから定期バックアップまですべてスケジューリングされているので、バックアップに関しては保有期間の設定を行うのみになります。

バックアップが実行される間隔は完全バックアップが1週間、差分バックアップが12時間、トランザクションログのバックアップは5~10分間隔で実行されるようです。バックアップの実行時間は30分以内で終了すると されていますが、データベースのサイズによってはそれ以上かかることもあります。

バックアップにおける設定値の変更方法

自動バックアップに関する設定変更は、バックアップの保有期間の変更のみ明示されており、7日から35日の間で変更することができます(規定値は7日)。長期的な保持設定においては最長10年までバックアップが可能です。

変更方法は、Azure Portalを利用してサーバーの概要からナビゲーションメニューの [バックアップの管理] → [保有期間の構成]をクリックすることでサーバー単位でのバックアップの保有期間を変更できます。このほか、マネージドインスタンス(データベース全体)での変更や、PowerShell、Rest APIなどを利用して変更することも可能です。

バックアップにおける注意点

Azure SQL Databaseのバックアップを行うにあたり、データベースが利用するデータ容量はバックアップと合算したものになります。そのため、多くのバックアップを保有すると、その分データ容量も多く必要になってしまいます。バックアップを行う時点で契約しているデータ容量を超えてしまった場合は、その分の追加料金が発生してしまうことがあるので注意しなければなりません。

Azure のバックアップからSQL Databaseを復旧する方法

Azure SQL Databaseのデータを復旧するには、Azure PortalやPowerShellなどを利用する方法があります。Azure Portalで行う場合は、データベース概要のページを開いてツールバーの[復元]を選択すると、バックアップリソースから復元ポイントを選べるようになるので、任意のバックアップから復元を実行できます。また、削除されたデータベースの復元もバックアップが残っていれば実行することが可能です。

バックアップからの復元を実行する時間

バックアップからの復元には膨大な量のデータを読み書きするため、実行に時間がかかります。多くの場合は12時間以内に終了するとありますが、データ容量やネットワーク環境などの影響により、それ以上に時間がかかることもあるようです。

SE
これだけしっかり自動でバックアップしてくれるなら、管理はすごく楽ですね!
PL
注意点はありますが、GUIで簡単に操作できるので管理者の労力は確実に減るでしょう。

バックアップは利用できるデータ容量を考慮して設定

こまめにバックアップを取っておけば、障害が発生した時の復旧も楽になります。ただし、その分利用するデータ容量は増えてしまうので、無駄なコストを出したくないならば適切な間隔で設定することが重要です。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)