.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Azure DevOpsについて解説|機能や料金プランも紹介

 
PG
チームでAzure DevOpsを導入しようという話ですが、それっていったい何ですか?
PM
Azure DevOpsを使えば開発から運用までが簡単になります。チーム開発が重視されている昨今では、欠かせないサービスですね!

DevOpsとは?


DevOps(デブオプス)とは、開発手法やツールを使って開発者(Development)と運用者(Operations)が連携し協力することで、ソフトウェアの導入や更新を柔軟かつ迅速にする方法論です。

DevOpsによって開発者と運用者のコミュニケーションを円滑にし、顧客によりよいサービスを提供できるようになります。

DevOpsの導入にはソフトウェアの頻繁な更新が必要なため、アジャイル方式の反復型の開発手法が採用されます。

Azure DevOpsとは?


Azure(アジャイル) DevOpsとは、チームで開発やテスト、運用を行う上で必要となるサービスが集約されたMicrosoft社のプラットフォームです。

Azure DevOpsは、MicrosoftにあったサービスであるVSTSを使いやすくリニューアルしたものであり、広範な開発ライフサイクルにわたって開発者が高品質のソフトウェアを短期間でリリースするのに役立ちます。

Azure DevOpsでできることとは


Azure DevOpsについて気になるのが、「具体的に何ができるのか」ということです。この項では、Azure DevOpsでできることや使い方を紹介していきます。

Azure DevOpsには、今回挙げる項目以外にも様々な機能が含まれます。

Azure DevOpsの主な機能とできること

Azure DevOpsの機能には、Azure Pipelines·Azure Artifacts·Azure Repos·Azure Boards·Azure Test Plansなどがあります。また、Azure DevOpsはGit/GitHubとの連携もできるため、リポジトリ検索が容易になります。

ここでは、Azure DevOpsの主な機能とできることを6つ紹介します。

Azure DevOpsの機能1:Azure Pipelines

Azure DevOpsの機能1つ目は、Azure Pipelinesです。Azure Pipelinesとは、Azure DevOps上において、ビルドやデプロイのタスクを定義して自動化できるパイプラインを担う機能です。継続的インテグレーション&デリバリー(CI/CD)機能を提供し、ソースコードのビルド、テスト、デプロイを行います。

Azure PipelinesはNode.js、Python、Javaを始め多くの言語に対応し、AzureやAWSなどの任意のクラウドへのデプロイも可能です。

Azure DevOpsの機能2:Git/GitHubとの連携

Azure DevOpsの機能2つ目は、Git/GitHubとの連携です。オープンソースコード管理サービスとして知られるGit/GitHubはリポジトリを提供し、今では開発者にとってなくてはならないサービスと言えます。

Azure DevOpsでは、プロジェクトにGitHubを連携することが可能で、連携するだけでリポジトリを検索できるようになります。また、メンテナンスツールを利用すればセキュリティも整い、脆弱性の特定や修復がスムーズにできます。

Azure DevOpsの機能3:Azure Artifacts

Azure DevOpsの機能3つ目は、Azure Artifactsです。Azure Artifactsとは、自主作成したMaven、npm、NuGet、Pythonなど多様なパッケージを共有する機能です。チームの規模にかかわらず容易にコードを共有でき、パッケージ管理をCI/CDパイプラインへ追加可能です。

Azure Artifactsにおいて、成果物はUniversal Packagesを利用することで一元管理され、バイナリをGitに保管する必要がないためデータがバラバラになりません。

Azure DevOpsの機能4:Azure Repos

Azure Reposとは、Azure DevOpsにおけるリポジトリ機能です。

Azure ReposによってGitリポジトリに接続し、ソースコードについて保管とバージョン管理を行い、クラスや変数を認識するセマンティックコード検索を備えているため検索対象の発見が容易になります。

また、pull requestのマージ前にコードレビュー担当者のサインオフ、ビルドやテストの通過を求めることで、コードの品質を高く維持します。

Azure DevOpsの機能5:Azure Boards

Azure DevOpsの機能5つ目は、Azure Boardsです。Azure Boardsとは、チームタスクを可視化する機能です。

ドラッグアンドドロップによるスプリント計画と、幅広いトレーサビリティを備えた作業項目の追跡によりプロジェクト内の作業を一括で管理し、誰がどんな作業を行っているか把握しやすくなります。

Azure Boardsでは、プロジェクトの企画からリリースまでコードに対するすべての変更が作業項目に直接リンクされているため、チームで変更が見逃されることはありません。

Azure DevOpsの機能6:Azure Test Plans

Azure DevOpsの機能6つ目は、Azure Test Plansです。Azure Test Plansとは、エンドツーエンドの追跡が可能な、手動テスト項目の作成や共有、レポート出力を実行する機能です。

手動テストは、シナリオデータをキャプチャによって欠陥に対処でき、開発ライフサイクル全体を通してデスクトップアプリや Webアプリケーションの品質を評価することができます。

また、探索的テストのツールキットを使うと、テストの設計と実行を同時に実施し品質を最大限に高めることができます。

TFSからAzure DevOpsに移行


依然として、Azure DevOpsの前身であるTeam Foundation Server(TFS)を使っている人も多いでしょう。Azure DevOpsに移行することで、Azureへの直接デプロイが可能になるほか、最新の機能にアクセスしやすくなるなどメリットが発生します。

TFSからAzure DevOpsへはデータごと移行でき、Microsoft社が提供している移行ツールをインストールすればクラウドで移行できます。

Azure DevOpsの料金プラン


Azure DevOpsの料金プランは、Azure PipelinesまたはAzure Artifactsを利用できる個別プランと、ユーザーライセンスのBasicプランとBasic+Testプランがあります。使用する人数や規模から、どのプランがよいか検討してみましょう。

Azure Pipelinesは、MicrosoftホステッドCI/CDとセルフホステッドCI/CDが1個ずつ付き、追加分は並列ジョブごとにMicrosoftホステッドCI/CDは4,480円、セルフホステッドCI/CDは1,680円です。

また、Azure Artifactsは、2GiB無料で以降は1GiB224円で使えますが、価格カードによる割引もあります。

Basicプラン

Basicプランは5人までならば無料で開始でき、それ以上は1人あたり月額672円で利用できます。そのため、小規模の組織に向いていると言えます。

Basicプランでは、個別プランと同等のAzure PipelinesとAzure Artifacts、作業項目トラッキングとかんばんボードが可能なAzure Boards、無制限のプライベートGitリポジトリをもつAzure Reposが使用可能です。

Basic+Testプラン

Basic+Testプランの価格は、使用人数1人につき月5,824円であり、30日間の無料試用版もあるため気軽に試しやすいです。

Basic+Testプランでは、Basicプランの機能に加えてブラウザベースのテストやリッチクライアントのテスト実行、ユーザー受け入れテストなどが可能です。Azure DevOpsの様々な機能を使うことができるため、特に大規模プロジェクトに役立ちます。

PG
Azure DevOpsを活用することで、本来やるべき業務に集中できるんですね。
PM
そうですね。そして開発スピードが上がれば、新しいサービスがどんどん世に出やすくなりますよ。

Azure DevOpsはチーム開発に最適なサービス


Azure DevOpsでは、開発・テスト・運用にかかる無駄な手間を省くことができ、開発者が本来やるべき業務に集中できるというメリットがあります。また、プランによって料金や使用可能なサービスが異なるため、使用人数や必要なサービスでプランを使い分けることも可能です。

少しでも気になっている方は、ぜひこの機会にAzure DevOpsを導入してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags