.net column

.NET開発者のためのブログメディア
ソフトウェア開発

【Azure DevOpsの使い方講座1】プロジェクトの作成方法

2020年04月16日

開発と運用をひとつにまとめてソフトウェア開発をするDevOpsですが、「Azure DevOps」では、プロジェクトという単位で対象となるシステムやアプリケーションを管理できます。そのプロジェクトを作成しないことにはAzure DevOpsの機能は活用できないので、まずは作成方法から確認していきましょう。

PG
Azure DevOpsのプロジェクト作成って難しいのでしょうか?作成する前に力尽きそうです……。
PL
そんなことないですよ。Azureポータル画面にまず進みましょう。そこからの作成手順を一緒に確認していきましょうね。

Azure DevOpsプロジェクトの作成手順

  1. Azure ポータル画面から「DevOps Project」を選択しましょう。
  2. DevOps Project選択

  3. 画面上の追加または作成を選択して、作成するプロジェクトの開発言語を選択します。
  4. C#以外にもPHPやJava、Pythonなど多数の開発言語にも対応しています。なお、GitHubなどで管理している既存のソースコードを取り込んで開発することも可能です。その場合は「Bring your own code」を選択しましょう。

    .NET選択

  5. 使用するフレームワークを選択しましょう。
  6. 開発する言語によって利用できるフレームワークも変わってきます。.NETプロジェクトの場合はデータベースも選択することが可能です。

    使用するフレームワークを選択

  7. アプリケーションのデプロイ先となりますAzureのサービスを選択しましょう。
  8. Azureのサービスを選択

  9. プロジェクトを作成するために必要な情報を入力していきます。
  10. Azure DevOps Organizationは、複数のプロジェクトを組織に含めて管理できます。Web app nameは、公開されるWebアプリケーションの名称です。任意でつけましょう。Locationは、East Asiaを選択しましょう。必要な項目がすべて入力できたらDoneボタンを押下します。これでプロジェクトが作成されました。

    必要な情報を入力

Azure DevOpsプロジェクトを作成した後

プロジェクトの作成が完了したら、作成したプロジェクトのダッシュボードを確認しましょう。
CI/CD pipelineで最新のビルドやデプロイを確認することができます。Code(ソースコードコミット)、Build(ビルド)、Dev(デプロイ)の順に矢印でつながります。
Repository: Azure ReposのGitリポジトリが表示されます。

CI/CD pipeline

Azure DevOpsにはまだまだたくさんの機能が搭載されていますので、積極的に利用して使いこなしましょう。

PG
Azure DevOps プロジェクトの作成ができました!早速開発に着手していきたいと思います。
PL
C#以外にも開発言語を多数扱えるのが魅力のひとつです。AI開発で有名なPythonなどの勉強がしたい方にも有用なツールといえます。

モバイルアプリからも開発可能

Azure DevOps プロジェクトには、「Static Website」というWebアプリケーションを開発できるテンプレートも存在しています。また、モバイルアプリからも作成することも可能ですので、時間や場所にとらわれずにお手元のiPhoneなどからプロジェクトを編集して作業するのも良いでしょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)