.net column

.NET開発者のためのブログメディア
社内サーバー

Azure Stackは何に使える?活用のメリットをご紹介!

2020年09月25日

マイクロソフトの「Azure(アジュール)」といえば、アプリケーションやハードウェア環境をインターネット上で提供するクラウドサービスのことです。それでは、「Azure Stack」というサービスは耳にしたことがあるでしょうか。Azureとついているため関連したサービスのような気はしますが、初めて耳にした方もいるかもしれません。
この記事では、Azure Stackの特徴、使用できる機能やメリットについてご紹介しますので、是非とも今後の参考にしてみてください。

PG
先ほどの会議で「Azure Stack」という単語を初めて聞いたのですが、Azureとは別のサービスなのでしょうか?
PL
疑問をもつことは大切ですね。それでは、この機会にAzure Stackについて学んでいきましょう!

Azure Stackの特徴

Azure Stackとは、マイクロソフトが提供しているクラウドサービス「Azure」の拡張機能として位置づけられており、Azureをオンプレミス(自社運用)環境で利用できるようにしたイメージです。

具体的には、自社サーバー上でAzureのIaaS(Infrastructure as a Service)およびPaaS(Platform as a Service)の機能や各種サービス群を利用することが可能となります。そのため、クラウドとオンプレミスのメリットが組み合わさって、両者の強みを取り入れた製品といっても過言ではありません。

Azure Stackで使える機能

クラウドサービスのイメージ

Azureと同じく、Azure Stackでは様々なサービスが提供されていますが、今回は主な機能を紹介します。

仮想マシン

LinuxとWindowsの仮想マシンを素早く作成し、仮想マシン上で任意のアプリケーションを実行させることができます。

Appサービス

WebアプリやAPIを作成するための環境が整っており、素早く開発に着手できます。使用できるアプリケーションとしては.NET、Java、PHPなどが利用可能です。オンプレミスで構築したWebアプリをクラウドに移行したい場合は、Azureに用意されているツールを利用すればスムーズに移行できます。

その他のサービス

また、Azureサービスとして、最新のHCI(Hyper Converged Infrastructure)で仮想化アプリケーションを実行することができる「Azure Stack HCI」ソリューションも提供されています。Azureのパブリッククラウドに接続して、クラウドとオンプレミスのリソースを連携し、クラウドベースの監視やバックアップなどを行うことができます。

Azure Stackを使用するメリット

Azure Stackを使用すると、インターネットが繋がらないオフラインの環境でもプライベートクラウドとして、Azureを利用することが可能です。そのため、社外秘のデータを扱うシステムで社外にデータを置けないといった場合でも、社内環境のセキュリティを保ったまま構築できることはメリットの1つです。

また、案件ごとに開発環境が異なると環境構築にも手間がかかりやすいと思いますが、Azure Stackが提供する機能を利用すれば、低コストで開発に専念することができます。スキルアップや社内教育のために最新技術の環境を用意したい場面でも、気軽に環境を構築できそうです。

PG
なるほど、Azure StackはオンプレミスでAzureの機能を使える便利なサービスだったのですね!勉強になりました。
PL
新しい知識が身についたようで良かったです。Azure Stackには他にも様々な機能があるので、この機会に調べてみてくださいね。

オンプレミスでAzureのサービスを使用できる

今回は、Azure Stackの特徴、使用できる機能やメリットについて紹介しました。セキュリティの観点から、Azureの開発は少し慎重に考えてしまうという方も、Azure Stackについて一度検討されてみてはいかがでしょうか。ハードウェアも含めて自社内ですべて1から環境を構築すると、コストが膨れ上がる場合もあるので、選択肢の1つになればと思います。

>>>Azureの案件を探すならFEnet .NET Navi


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)