.net column
.NET開発者のためのブログメディア

プログラミング言語Rubyの型を紹介!|Rubyの型を使いこなせるようになろう

 
SE
Rubyではどのような型が扱えますか。
PM
Rubyは変数の型宣言が不要で、IntegerやFloat、Boolean、Stringなどの様々な型を扱えます。

Rubyの型について


今回は、Rubyの型について説明します。
RubyはC言語やJavaなどとは違い、変数の型宣言が不要です。
また、IntegerやFloat、Boolean、Stringなどの様々な型を扱えます。
変数の型チェックの方法についても紹介します。
Rubyの型に興味のある方はぜひご覧ください。

型の種類

Rubyには、以下のような型があります。

 

・整数(Integer)
正の整数、負の整数、ゼロを表します。
10進数、16進数、2進数、8進数も表現できます。
また、大きい数字はアンダーバーを付与することで読みやすくできます。実際に表示すると、アンダーバーは表示されません。

p num1 # 123
p num2 # -123
p num3 # 0
p “—————”

num4 = 0d123 # 10進数 (0dで始まる)
num5 = 0xfff # 16進数 (0xで始まる)
num6 = 0b110 # 2進数 (0bで始まる)
num7 = 0o777 # 8進数 (0oで始まる)

p num4 # 123
p num5 # 4095
p num6 # 6
p num7 # 511
p “—————”

num8 = 123_456_789 # 読みやすいように_を付与できる
p num8 # 123456789

実行結果は以下のようになります。

 

・浮動小数点数(Float)

p num1 # 1.2345
p num2 # -1.2345
p num3 # 120.0

実行結果は以下のようになります。

 

・論理型(Boolean)
true または false を表します。

p bool1 # true
p bool2 # false

実行結果は以下のようになります。

 

・文字列(String)
文字列(String)は、シングルクォート(‘)またはダブルクォート(“)で囲みます。

p str1
p str2

実行結果は以下のようになります。

 

・配列(Array)
一つの変数の中に複数の値を格納できます。
異なる型を格納することもできます。

p array1 # [1, 2, 3, 4, 5] p array2 # [“item1”, “item2”, “item3”, “item4”, “item5”] p array3 # [1, 2, 3, “item4”, “item5”]

実行結果は以下のようになります。

 

・ハッシュ(Hash)
キーと値のペアを格納するコレクションです。

p name[“first_name”] # “Yamada”
p name[“last_name”] # “Taro”

実行結果は以下のようになります。

 

・時刻(Time)
時刻を表すデータ型です。

実行結果は以下のようになります。
実行時のタイムスタンプになります。

 

Rubyは上記のような型を扱うことができます。

型を確認する

Rubyでは、Objectクラスのclassメソッドで型を確認できます。

 

実際のソースコードを見てみましょう。

num2 = 1.2345
p num2.class # Float

bool1 = true
bool2 = false

p bool1.class # TrueClass
p bool2.class # FalseClass

str1 = ‘This is a string in double quote.’
p str1.class # String

array1 = [1, 2, 3, 4, 5] p array1.class # Array

name = {“first_name” => “Yamada”, “last_name” => “Taro”}
p name.class # Hash

now = Time.now
p now.class # Time

p nil.class # NilClass

実行結果は以下のようになります。

 

このように、RubyではObjectクラスのclassメソッドで型を確認できます。

型のチェック

Rubyでは「===」で型のチェックができます。

 

実際のソースコードを見てみましょう。

num2 = 1.2345
p Float === num2 # true

bool1 = true
bool2 = false

p TrueClass === bool1 # true
p FalseClass === bool2 # true

str1 = ‘This is a string in double quote.’
p String === str1 # true

array1 = [1, 2, 3, 4, 5] p Array === array1 # true

name = {“first_name” => “Yamada”, “last_name” => “Taro”}
p Hash === name # true

now = Time.now
p Time === now # true

p NilClass === nil # true

実行結果はすべてtrueになります。

 

このように、Rubyでは「===」で型のチェックができます。

型の変換

Rubyでは to_i, to_f, to_s メソッドで型変換できます。

 

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

 

このように、Rubyでは to_i, to_f, to_s, to_a, to_h メソッドで型変換できます。

SE
型を使うと便利ですね。
PM
Rubyの型を使いこなせるようになるととても便利です。

Rubyの型を正しく使いこなそう

Rubyの型について紹介しました。
RubyはC言語やJavaなどとは違い、変数の型宣言が不要です。
また、IntegerやFloat、Boolean、Stringなどの様々な型を扱えます。

 

変数の型チェックの方法についても紹介しました。
ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags