.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Pythonのupdate方法とは?pipコマンドを使用したupdateやuninstallについて

公開日時:   更新日時:
Pythonのupdate方法とは?pipコマンドを使用したupdateやuninstallについて
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
SE
Pythonでのパッケージのupdateの方法を教えていただけますか。
PM
Pythonでのパッケージのupdateにはpipコマンドを使用して行います。

Pythonでのパッケージのupdateの方法とは?


今回は、Pythonでのパッケージのupdateの方法について説明します。
Pythonのパッケージ管理にはpipコマンドを使用します。パッケージのinstallやupdate、uninstallなどを行えます。

Pythonでのパッケージのupdateの方法に興味のある方はぜひご覧ください。

パッケージ一覧の表示

Pythonのライブラリ管理を行うpip自体をupdateしておきます。以下のコマンドを実行します。

以下のコマンドでinstall済みのパッケージリストを表示します。

requirements.txtで環境構築

pip freezeコマンドを使用すると、「パッケージ名==バージョン」の形式でinstall済みの一覧が表示されます。

これをrequirements.txtにリダイレクトすることで、Pythonの環境一式を別の場所で再現することができます。
requirements.txtという名前でなくても良いですが、requirements.txtが一般的です。

以下のコマンドで、Pythonの環境を再現できます。

updateが必要なパッケージ一覧

updateが必要なパッケージ一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

updateが必要なパッケージは以下のコマンドでupdateできます。

Pythonの環境はできるだけ最新にしておいてください。

updateが不要なパッケージ一覧

updateが不要な(最新状態の)パッケージ一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

SE
pipコマンドを使用すると、パッケージのinstallやupdate、uninstallなどを行えるのですね。
PM
そうです。ご紹介した方法でPythonのupdateをしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Pythonでのパッケージのupdateの方法について説明しました。また、requirements.txtを使用したPythonの環境構築方法についても紹介しました。古いバージョンを使い続けることはあまり良くないので、こまめにupdateしてください。

ぜひご自身でPythonのpipコマンドを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags