VB.NETでのUsing句の使い方とは?Using句の使い方と例外処理

公開日時:   更新日時:
VB.NETでのUsing句の使い方とは?Using句の使い方と例外処理
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
VB.NETでの句の使い方について教えてください。

PM
Using句の基本的な使い方、例外処理、複数オブジェクトの指定方法について紹介します。

VB.NETでのUsing句の使い方とは?


今回は、VB.NETでのUsing句の使い方について説明します。Using句を使用すると、明示的にDisposeを記述せずにリソースを解放できます。

解放漏れがなくなりますし、ソースコードがシンプルになります。Using句の基本的な使い方、例外処理、複数オブジェクトの指定方法について紹介します。

VB.NETでのUsing句の使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

Using句を使わない場合

まずは、VB.NETでUsing句を使わない場合の記述方法を紹介します。Try-Finally句を使用します。

ここで使用する「C:\test\test.txt」は以下の内容とします。

それでは実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。Finally句で確実にDisposeします。

Catch句には例外処理を記述します。「C:\test\test.txt」が存在しない場合、実行結果は以下のようになります。

Using句の使い方

VB.NETでのUsing句の使い方を紹介します。明示的にDisposeを記述する必要がありません。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにVB.NETでは、Using句を使うことで明示的にDisposeを記述せずにリソースを解放できます。

「C:\test\test.txt」が存在しない場合、実行時例外が発生します。

Using句+例外処理

VB.NETでUsing句に例外処理を加える場合は、Try-Catch句でUsing句を囲みます。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

「C:\test\test.txt」が存在しない場合、実行結果は以下のようになります。

Using句に複数オブジェクトを指定

VB.NETでUsing句に複数オブジェクトを指定する方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。読み込みのストリームと書き込みのストリームを単一のUsing句で指定しています。

このようにVB.NETでは、Using句に複数オブジェクトを指定できます。

SE
VB.NETでのUsing句の使い方についてよくわかりました。

PM
Using句を使用すると明示的にDisposeを記述せずにソース解放ができ、解放漏れがなくなりソースコードがシンプルになりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。VB.NETでのUsing句の使い方について説明しました。Using句を使用すると、明示的にDisposeを記述せずにリソースを解放できます。

解放漏れがなくなりますし、ソースコードがシンプルになります。Using句の基本的な使い方、例外処理、複数オブジェクトの指定方法について紹介しました。

ぜひご自身でVB.NETのソースコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags